結婚式の乾杯挨拶でゲストを盛り上げるユニーク文例5選

結婚式の乾杯挨拶でゲストを盛り上げるユニーク文例5選
結婚式に招待されると、乾杯の挨拶を頼まれることがありますが、そのような時にどんな結婚式の乾杯挨拶をするのが良いのか悩みますよね。挨拶の時間はどのくらいでまとめれば良いのか、どんな内容にしたら良いのか、考えると眠れなくなる人もいるのではありませんか?

ポイントは、乾杯のタイミングを明確にすることが大切です。結婚式の乾杯挨拶は、司会者が乾杯の挨拶をする方を紹介すると同時に、列席者に起立を促します。起立いただいている状態で長々と結婚式で乾杯の挨拶をしてしまうと、皆さん、まだかまだかと間延びしてしまうものです。起立いただいている状態では、なるべく簡潔にリズムよく結婚式での乾杯挨拶をしましょう

乾杯の前に「それでは、ご唱和ください」と言うようにするとわかりやすいですね。そこで今回は、結婚式の乾杯の挨拶でゲストを盛り上げるユニークな文例5選をお伝えします。



 

結婚式の乾杯挨拶で
ゲストを盛り上げるユニーク文例5選

 

結婚式の乾杯挨拶の基本型


勤務先の上司や同僚が乾杯のご発声をする場合

「私、新郎〇〇さんと同じ職場の〇〇です。新郎〇〇さん、新婦〇〇さん、そしてご両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らせていただきます。皆様ご唱和願います。お二人の末永いお幸せとご両家、そしてご臨席の皆様のご健勝ご多幸をお祈りいたしまして、乾杯!」

まずは、司会者からの紹介を受けての自己紹介、お祝いの言葉、そして列席者が起立してグラスの用意がなされていることを確認しての乾杯の発声。という順番で乾杯の音頭を取ります。通常、ケーキ入刀→乾杯の順番ですが、結婚式の場合、乾杯の挨拶まではお食事も運ばれていないので、おごそかな空気が流れています。

そこで、少し空気を変える意味で以下の文例をご紹介します。

 

1.乾杯の挨拶は短く


「私、新郎〇〇さんと同じ職場の〇〇です。新郎〇〇さん、新婦〇〇さん、そしてご両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。乾杯の挨拶は短ければ短いほど、お二人の幸せは長ければ長いほど喜ばれますので、早速乾杯に進みましょう。(列席者が着席の場合司会者に目で合図をする MC「それでは皆様御起立の上グラスのご用意をお願いいたします」)お二人の末長いお幸せとご両家、そしてご臨席の皆様のご多幸ご健勝をお祈りいたしまして、乾杯!」

そうです。これから挨拶する内容は、短いですよ、ということを強調した内容です。「結婚式の乾杯挨拶は短く、結婚生活は長く」が基本形になっています。

 

2.天気ネタで


当日あいにく雨が降ってしまったら、

「私、新郎〇〇さんと同じ職場の〇〇です。新郎〇〇さん、新婦〇〇さん、そしてご両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。雨降って地固まるという言葉があります。お二人の気持ちもこれでグッと結びついたと思います。それでは、ご唱和ください。(列席者が起立してお手元にグラスの用意がなされていることを確認してから)お二人の末長いお幸せとご両家のますますのご発展をお祈りして、乾杯!」

雨の日の結婚式はできれば晴れていてほしいなぁと皆さん思いますが、あえて雨が降った時などは、このような諺を使って気分を一新いたしましょう。

 

3.外国語で


「私、新郎〇〇さんとは大学時代からの友人の◯◯です。新郎〇〇さん、新婦〇〇さん、そしてご両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。(少し間をおいて)結婚式の乾杯の挨拶は初めてなものですから、(少し間をおいて)何を話したらよいのか忘れてしまいました。つきましては、早速、新郎が得意なイタリア語で乾杯の音頭を取らせて頂きます。Cin(チン)… あっ CinではなくAlla salute(アッラサルーテ)でご唱和ください。それでは、皆さんご準備はよろしいでしょうか。アッラサルーテ!」

色々な国の言葉で乾杯の発声を考えてみるのも面白いですよね。アルゼンチンやスペインでは「サルー」スウェーデンは「スコール」と言うようです。

 

4.自己紹介で心をつかむ


「私が、一方的に新郎の親友だと思っております◯◯です。◯◯君◯◯さん本日は誠におめでとうございます。僭越ではございますが、一方的に新郎の親友だと思っております私◯◯が、乾杯の音頭を取らせていただきます。それでは、ご準備よろしいでしょうか。(少し間をおく)乾杯!」

「一方的に」を強調して、新郎は自分のことをどう思っているかわからないけれど、自分は新郎のことを親友と思って心からこの結婚をお祝いするよ、という気持ちを込めて挨拶してみましょう。

 

5.「おめでとう」の一言で


司会者から、ご紹介されたら、前に進み、

「(マイクの前で新郎新婦を見つめ、しばらく沈黙)…おめでとう!(少し間をおいて)皆さんご準備はよろしいでしょうか。それではご唱和ください。乾杯!」

「おめでとう」の一言に全ての気持ちを投入しましょう。短い言葉だからこそ心に残るのです。

 

いかがでしたか。基本的には、結婚式の乾杯の挨拶はスピーチではないと考えていただいた方が列席者も安心します。乾杯の後は歓談となり料理が運ばれてくる、という流れになるからです。乾杯までのスピーチは料理が運ばれていない状態で皆さん緊張しているものです。ですから早く歓談へと進み、美味しい料理を楽しみたいというのが実際のところでしょう。

乾杯が終われば、料理のスタートです。まずは自己紹介をし、新郎新婦そして親族の皆様に対してお祝いの言葉を述べ、乾杯!とリズムよく進めていきましょう

今回は、ゲストを盛り上げるユニークな文例ということでしたが、結婚式の乾杯の挨拶は最低限失礼のないようにしたいものです。結婚式の乾杯挨拶を頼まれるということは、新郎新婦から信頼を得ている証拠です。笑いを取ることばかり考えないで、会場が和やかになるような結婚式の乾杯の挨拶を考えたいですね

まとめ

結婚式の乾杯挨拶でゲストを盛り上げるには

1.乾杯の挨拶は短く結婚生活は長く、を強調しましょう。
2.天気の話題を取り入れましょう。
3.外国語で乾杯!と元気よくグラスを傾けましょう。
4.自己紹介で心をつかみましょう。
5.おめでとう!の一言に全ての気持ちを入れましょう。