結婚式の乾杯の挨拶で使える7つの文例集

結婚式の乾杯の挨拶で使える7つの文例集

結婚式はとても喜ばしい、新郎新婦の結婚のスタートとなるものです。中でも乾杯のスピーチは、結婚式のスタートとなる大切なものです。乾杯のスピーチの内容や雰囲気で、その後の結婚式の雰囲気作りにも影響するものなのです。

結婚式をすばらしいものにしたいと思うあまりに、無理に盛り上げようとしてすべったり、会場をしらけさせてしまっては新郎新婦の新たな人生のスタートも台無しにしてしまうかもしれません。そんなことになってしまっては、せっかくの乾杯の挨拶も大失敗に終わってしまいますね。そんなことになったら、新郎新婦との今後の関係もうまく行かなくなってしまうかも・・・。

みんなに「いい結婚式だったね」といってもらえるステキな結婚式のスタートにするために、いいスピーチをしたいものですよね。

結婚式の乾杯の挨拶で使える例文を7つお教えしましょう!



 

結婚式の乾杯の挨拶で使える
7つの文例集

 

大きな声で乾杯の挨拶をしよう


乾杯の挨拶は、ハキハキとハッキリした声で話すようにしましょう。

せっかくの結婚式のスタートとなる乾杯の挨拶なのに、じめじめっとした雰囲気や、元気がない声では、これから始まる結婚式自体の雰囲気を暗いものにしてしまいます。

例文:「○○くん、△△さん、ご結婚おめでとうございます!お2人の門出をお祝いして、僭越ではございますが、ご指名いただきましたので乾杯のご挨拶をさせていただきます!」と、えーっとや、あの・・・と口ごもらず挨拶しましょう。

 

スピーチの内容は簡潔にしよう


結婚式の挨拶は、簡潔にまとめられるように内容を考えておきましょう。

結婚式のゲストも長々とした乾杯の挨拶をされては飽きてしまったり、集中して聞いてもらえなくなってしまいます。ゲストのみなさんが集中してもらえる時間を意識して乾杯の挨拶は簡潔にまとめるようにしましょう。

例文:「○○さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。またご両家の皆さまにも合わせてお祝いを申し上げます。それでは乾杯の音頭をとらせていただきます。」

 

新郎新婦に関係ない話はご法度


乾杯のスピーチでよくあることですが、新郎新婦と関係のない話をするのはご法度です。

あくまでも乾杯のスピーチは新郎新婦のためにあるもの。会社の自慢や、会社の業績について話すのはNGです。新郎新婦を引き立てる内容のスピーチを考えるように心がけましょう。

よくない例文:「わが社は業界で一番のシェアを誇る会社です。○○という製品は、みなさんもご覧になったことがあると思います。ぜひ皆さまにもこの商品を見つけたら手にとっていただきたいと思います。」

 

乾杯の前に「きっかけ」を作ろう


乾杯の挨拶は、結婚式のゲストみんなで新郎新婦の門出を祝うものです。

乾杯の挨拶をする時にゲストみなさんで声を合わせて「乾杯!」と声高々に唱和するためにも乾杯には「きっかけ」となる言葉やタイミングが必要です。ゲストのみなさんに乾杯の準備をしっかりしてもらってもらいましょう。

例文:「それでは新郎新婦の華やかな門出をお祝いしてみなさんで乾杯をしたいと思います。みなさん、お手元のグラスをお持ちになり、私の乾杯の後にご唱和下さい。それでは、乾杯!」

 

小さなエピソードを添えよう


結婚式の乾杯の挨拶では、長くならないように気をつけつつも小さなエピソードを用意したいものです。

新郎や新婦を知らない人も多いのが結婚式なので、その人柄が伝わるような小さなエピソードを添えると、新郎新婦の紹介にもなり、より結婚式のゲストにも新郎新婦を知ってもらえることになりますね。

例文:「私は、○○くんの会社の上司の△と申します。○○くんは、新入社員の頃からどんなことがあっても会社には一番に来て仕事の準備をしてる誠実な人間です。」

 

モノマネでお祝いの気持ちを伝えよう


結婚式のゲストや結婚式場の雰囲気にもよりますが、新郎新婦の好きな芸能人のモノマネで乾杯をすると、始まったばかりで固かった結婚式の雰囲気を一気にほぐすことが出来ます。

ただ、年配の人が多い結婚式や、格式の高い結婚式場では受け入れてもらえないこともあるので十分配慮するようにしましょう。

例文:「新郎新婦が大ファンの○○さんのモノマネで乾杯のご挨拶をさせていただきたいと思います。それではみなさん、私の1、2、3の言葉の後に乾杯をご唱和下さい!みなさん、元気ですかー!1、2、3、乾杯!!」

 

私だけのエピソードを見つけよう


結婚式の乾杯の挨拶では、自分しか知らないエピソードを少しだけ盛り込むようにしましょう。

よくある内容やエピソードでは、自分の後に続く挨拶で誰かが同じコトを話してしまう可能性もあります。自分だけしか知らない、他の人が話すことがないエピソードを考えましょう。

例文:「新婦の○○さんは、子供の時から花嫁さんになるのが夢で、ずっと料理を作っていました。○○さんが学生の時から大切にしているぬか床もきっと○○さんと一緒に嫁入りすることでしょう。」

 

いかがでしょうか。結婚式の乾杯の挨拶で大切なことは、元気よく乾杯を唱和することでしたね。

そのためにも、新郎新婦を引き立てるエピソードを話したり、ゲストの人をひきつけるスピーチが必要になるのです。結婚式の乾杯の挨拶でゲストの雰囲気を盛り上げて、元気にゲストのみなさんと一緒に乾杯の唱和をすることで、結婚式の雰囲気は一気によくなりますね。

そんな結婚式のスタートにふさわしい内容の乾杯の挨拶が考えられたら一安心です。後は気持ちを込めて、元気よくハキハキと新郎新婦を盛り上げる挨拶をしてあげて、結婚式も盛り上げていきましょう!

 

まとめ

結婚式の乾杯の挨拶で使える7つの文例集

・大きな声で乾杯の挨拶をしよう
・スピーチの内容は簡潔にしよう
・新郎新婦に関係ない話はご法度
・乾杯の前に「きっかけ」を作ろう
・小さなエピソードを添えよう
・モノマネでお祝いの気持ちを伝えよう
・私だけのエピソードを見つけよう