【結婚祝い】御祝儀袋の選び方と書き方のマナー

【結婚祝い】御祝儀袋の選び方と書き方のマナー
結婚の報告を受けると「結婚祝い」を贈ることがありますが、そのご祝儀袋の書き方には実は様々な約束があります。不祝儀袋については間違えると不謹慎な意味を持つこともありますので、皆さんきちんと調べて書かれますよね。しかし、結婚祝いではどちらかというとプレゼント選びの方に注目されがちで、現金を送る場合、結婚祝いの御祝儀袋の書き方を間違えてしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結婚祝いのプレゼントはすぐ使うという物が多いですが、結婚祝いの御祝儀袋は、結婚祝いのお返しの為に1人1人の名前をきちんとチェックし、すぐには捨てずに取っておく方が多いです。ですから、書き方にも十分注意を払いたいところです。また、結婚祝いの御祝儀袋を正しく書く事で、お金だけでなく、心から新郎新婦をお祝いしたいという気持ちを伝える事もできます。そこで今回は結婚祝いを送る時の御祝儀袋の選び方と結婚祝いの書き方のマナーについてお伝えします。



 

【結婚祝い】
御祝儀袋の選び方と書き方のマナー

 

結婚祝いとは


結婚祝いとは結婚を祝う為に現金、プレゼントまたは両方を新たに結婚される夫婦に送るものです。今後の夫婦生活ではなにかと出費が重なるので、その手助けと、今後の夫婦生活の門出をお祝いする意味で送られます。プレゼントの定番は日用品やインテリア、食器等がメインですが、ただ今の時代、物の種類が豊富にあり、本当に必要な物を自分たちで選んで買って頂きたいという事で現金を渡す方が増えています。その際に大切なのが現金を入れる「御祝儀袋」になります。

 

御祝儀袋の選び方と書き方のマナー


御祝儀袋は種類が豊富で、結婚祝いにはどれを選べばよいかわからない人も多いでしょう。まず、購入する際にはどのような物をどのような事に注意して購入すればよいか、そして、具体的に結婚祝いの御祝儀袋の書き方についてご説明します。

・水引き

水引きとは御祝儀袋の紐の部分の事です。結婚祝いの御祝儀袋は水引きが10本あり、「二度と繰り返さない」ようにという願い込めた「結び切り」という二重結びになっている物を必ず使うようにしましょう。水引きの色は紅白、白と金が一般的です。

・御祝儀袋を買う際の金額とその種類

御祝儀袋自体にもいくつか種類があり、価格帯は100円程の水引きが印刷されている物から、500円程の水引きの結びがきちんとしていて、豪華に装飾されたものまで種類は様々です。目安としては金額の100分の1程度の御祝儀袋を購入しましょう。ですので、1万円を包む際は100円の物を、3万円包む際は300円の物といった形で選ぶとよいです。

・御祝儀袋の書き方

結婚祝いの書き方ですが、御祝儀袋は必ず筆ペンで階書体で書きましょう水引きの下の余白に名前を書くのですが、短冊のあるものは短冊内に収めるように書きます。名前は連名で3人まで家族だと家長から、会社ですと役職が上順に右から名前を書きますので、気をつけましょう。

また、結婚祝いの中袋の書き方として、無地の封筒に、漢数字ではなく壱、弐の大字で書きましょう。それを結婚祝いの御祝儀袋で包みます。

 

結婚祝いを送る際の約束


結婚祝の書き方同様送り方にも実は様々なマナーがあります。

・御祝儀袋の包み方

結婚祝いの書き方だけでなく、お金の入れ方にも約束があります。ピン札を使用し、御祝儀袋を閉じる際は現金の入った中袋を熨斗の上に合わせて包みましょう。そうすると下に余白ができます。その余白部分を後ろ向きに折り、水引きで閉じましょう。そうすると熨斗袋の余白が上向きに閉じられます。これは慶びを受ける意味を持つ為、結婚祝いではこのように包みます。

・結婚祝いの金額相場

仕事の関係者なら1万円、友人なら1から3万円、親族であれば3万円程が相場とされています。あくまで目安ですので、ご自身でこの相場を参考に金額を決めてください。

・結婚祝いを送る時期

プレゼントを送る際は結婚の知らせを聞いてから挙式の2か月~1週間前までに送るようにしましょう。結婚式当日にプレゼントを渡さないようにしましょう。

・数字に気を付ける

結婚祝いはプレゼントにしても現金を送るにしても数字に気をつけましょう。現金の場合は2万円、4万円等の偶数の数字は割り切れる=別れを意味するので、避けましょう。プレゼントも同様で、4個セットのような偶数個のセットのプレゼントは避けてください。ただ、1ダース12個入りのような物は大丈夫です。

・プレゼントのタブー

数字に気を付けるという所と合わせて、縁が切れるという印象を与える包丁やハサミのプレゼントは避けましょう

 

いかがでしたか。今回は結婚祝いの書き方の約束についてご説明しました。結婚祝いの御祝儀袋の種類はとても多く、コンビニでは全ての種類が限られてしまいますので、量販店で購入される事をお勧めします。御祝儀袋の書き方については、筆ペンで書く必要がありますので、字が汚くならないか不安な方は紙に練習してから書くようにしましょう。

現在の結婚式という文化は戦後に始まったものであり、現金を包むという文化もそれほど古くはありませんが、嫁入り道具等、結婚祝いという形はかなり以前からありました。それだけ歴史が深いものですし、結婚祝いを正しい御祝儀袋の書き方を踏まえて贈ったり、適切な時期にプレゼントを送るといったことを実践することで、今薄れている人と人とのつながりを更に大切にする事が出来ると言えます。たとえそれが親しい間柄だったとしても、結婚祝いは書き方などを疎かにすることなく贈るようにしたいものですね。

まとめ

結婚祝いの御祝儀袋の選び方と書き方のマナーとは

・御祝儀袋は包む金額の100分の1の金額の種類の物を選びましょう。
・結婚祝いの書き方は筆ペンで、楷書体で書きましょう。また、連名は3人まで
・御祝儀袋は水引きが10本ついている結びきりの物を選びましょう。