敬老の日に祖父母に贈りたいプレゼント3選

敬老の日に祖父母に贈りたいプレゼント3選
秋の休日である敬老の日には、おじいちゃんやおばあちゃんを大いに喜ばせてあげたいものですよね。

しかし、喜ばせると言っても具体的に何をしてあげればよいのか悩んでしまうこともあります。敬老の日は9月の連休にあたるので、顔を見せに行くことができれば一番なのですが、おじいちゃんたちが遠くに住んでいたりすると、なかなかそれもできません。

そんなときに頼りになるのは、やはりプレゼントです。敬老の日に、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントを贈ってあげたらきっと喜んでくれることでしょう。けれど、その贈るべきものがなかなか決まらないものです。

そこで、今回は敬老の日に贈って喜ばれるプレゼントについて気を付けるべきことと、おすすめのプレゼントを3つお伝えします。



 

敬老の日に祖父母に贈りたい
プレゼント3選

 

敬老の日の始まり


そもそも、敬老の日はいつからあるのでしょうか。敬老の日は、1966年に法律で制定された祝日です。最近では、ハッピーマンデー制度により、9月の第三月曜日が敬老の日になります。

敬老の日の由来には諸説ありますが、俗説の一つには聖徳太子が身寄りのない老人たちを救済したことが由来といわれているものがあります。真実は定かではありませんが、約1400年前に由来が求められるほどに、日本では年長者を敬う文化が続いてきたということでしょう。

 

プレゼントを選ぶ前に


敬老の日に限ったことではありませんが、多数の人が特定の人にプレゼントを贈るときには、家族や親戚間でプレゼントが重なってしまうというハプニングが起こりうるものです。

敬老の日に親戚とプレゼントが重なってしまい、渡すわけにもいかずに仕方なく持ち帰った…という悲しいエピソードもあります。また、同じお菓子を家族で選んでしまい、受け取ってくれたおじいちゃんやおばあちゃんがが食べるのに苦労していて申し訳なくなったという事例も見受けられます。こうなってしまうと、敬老の日にと用意したのに、渡すに渡せなかったり、逆に気を使わせてしまったりと残念な結果になってしまいますね。

そんなことにならないよう、可能な限りお互いに確認しあうようにしましょう。そうすれば、贈って嬉しい、貰って嬉しい素敵な敬老の日にすることができるのではないでしょうか。

では、そんな素敵な敬老の日を迎えられるように、おすすめのプレゼントをお伝えします。

 

おすすめのプレゼントその1.花


王道でもありますが、やはりをプレゼントするのは喜ばれます。最近では、手入れの必要がないブリザーブドフラワーもたくさんありますし、花を贈っても手間がかからなくなってきています。

また、和風の家屋だったり、和室があるお宅ならば、苔玉を贈れば部屋の素敵なアクセントになります。少し手入れが必要になりますが、家の中でも小さな木や花を通して季節を感じることができますので、一考してみるのもよいでしょう。

 

おすすめのプレゼントその2.お菓子


やはり、お菓子はいつ貰っても嬉しいものです。孫が敬老の日に贈ってくれたとなれば、おじいちゃんおばあちゃんにとってはおいしさも倍増するのではないでしょうか。

和菓子と洋菓子がありますが、こちらはおじいちゃんたちの好みで選んであげましょう。洋菓子のほうが日持ちはするので急いで食べる必要がないというメリットがありますが、和菓子も目で楽しんで口でも楽しめる素敵なお菓子ですよね。どちらも、大きいものよりも、小分けになっているものの方が食べやすいのでおすすめです。

敬老の日でお菓子を贈るとなると、お煎餅も候補にあがるかもしれませんが、おじいちゃんたちの年齢によっては歯が弱くなっている人もいますので、硬いお煎餅は避けるようにしてあげましょう

 

おすすめのプレゼントその3.手紙


プレゼントとなると、どうしても品物を考えてしまいがちですが、手紙でもおじいちゃんやおばあちゃんにとっては敬老の日の素敵なプレゼントになります。手紙は孫の手書きの文字で綴られていて手元に残りますし、読みたいときに読み返すこともできます

手紙となると、送る側としては最も難しいものかもしれませんが、家族や親戚と文章が重なることはほぼないでしょうし、完全にオリジナルのプレゼントになりますよ。近況報告や、敬老の日がある9月の半ばは、まだ暑い日が続いている状況ですので、おじいちゃんとおばあちゃんの体調などを気遣う手紙を書いてみるのはいかがでしょうか。経験豊富な人生の先輩でもありますから、悩み事などがあったら思い切って相談してみるのもよいかもしれません。

 

いかがでしたか。今回紹介したものの他にも、おじいちゃんおばあちゃんが欲しいと言っていたものや、これなら役に立つ、喜んでもらえると思うものがあったら、是非それを敬老の日に贈ってみてください。

ただ、やはり同じものが重なってしまうのは避けたいので、家族や親戚間での確認は可能な限りしておきましょう。重なってしまうと、おじいちゃんやおばあちゃんにも気を遣わせてしまうことになりかねないので、注意してください。

普段はなかなか伝えられないことや、長生きをしてほしいという気持ちを込めて、おじいちゃんとおばあちゃんにプレゼントを贈るよい機会の敬老の日。是非、おじいちゃんとおばあちゃんに素敵なプレゼントを贈って、素敵な笑顔でいられる一日にしてあげましょう。

まとめ

敬老の日にプレゼントを贈るなら

・敬老の日は9月の第3月曜日
・家族や親戚とプレゼントが重ならないように確認をする
・花を贈るなら手のかからないブリザーブドフラワー、和風のしつらえなら苔玉などがおすすめ
・お菓子を贈るときは硬いお煎餅など、食べにくいものは避けるようにする
・普段はなかなか送ることのない手紙もプレゼントになる