入学祝いの記念品☆贈りたい一生ものの上質ギフト

入学祝いの記念品☆贈りたい一生ものの上質ギフト

入学祝いや入園祝いは、基本的に身内だけでのお祝いです。祖父母や両親の兄弟姉妹といった間柄の人が、孫や甥・姪に贈るギフトと考えるのが一般的。身内のお子さんの成長を喜び、社会に踏み出す第一歩を祝福してあげてくださいね。

入学祝いの贈り物は、学校に入学してから必要な学用品が選ばれることが多いものです。小学校の入学であれば文房具や図書カードなどが多いかもしれません。祖父母から孫へのお祝いには、ランドセルや学習机といった高価なギフトが選ばれることもあります。

中学、高校、大学と成長するにつれて本人の好みがはっきりしてくることもあり、何を贈るか困る場合が多いです。品物をプレゼントする際には、本人の希望を聞いてから贈ることをおすすめします。

そこで今回は、入学祝いとして贈りたい一生ものの上質ギフトをお伝えします。せっかくのお祝いですから、長く愛用することのできる記念品をプレゼントしてみませんか?年齢に応じた良質なギフトを選んで、身内のお子さんの新生活を応援してください。



 

入学祝いの記念品☆
贈りたい一生ものの上質ギフト

 

祖父母が贈る入学祝いの定番!ランドセル


祖父母が孫の小学校への入学祝いとして贈ることが多いのが、ランドセルです。昔と違って今はランドセルの色やデザインも豊富になりました。素材も様々なものが出ていますが、せっかくの入学祝いの品ですから、なるべく質のよいものを選んであげたいですよね。

【 今人気のランドセル 】

★ ランドセルの中が広く、A4サイズが余裕を持って入れられるもの

★ 「天使の羽」シリーズなど、軽量設計のランドセル

★ ピンクやブルー、グリーンなど、赤や黒以外のカラフルなもの

★ カラフルなランドセルのなかにも、キラキラと光るラメ入りのもの

★ オリジナルデザインの、個性的なランドセル

などなど、現代のランドセルは実に抱負です。

ランドセルを贈る際には、いくつか気をつけたいポイントがあります。

【 入学祝いにランドセルを贈る 】

★ 学校によっては指定のランドセルがある場合があります。

★ 双方の祖父母からランドセルが届いた、と言う事例も多いです。

これらの行き違いは、事前に確認することで充分に回避できます。両家で確認することも必要かもしれません。

 

小学校一年生で用意する学習机


小学校への入学祝いなら、学習机が選ばれることもあるでしょう。学習机は勉強をするのに欠かすことのできないアイテムであるとともに、これから中学、高校と進学しても使っていくものです。ぜひお店に一緒に見に行って、気に入ったものを選んであげてくださいね。

【 学習机の特徴と価格帯 】

★ 入学祝いの学習机は、6万円~10万円が平均的

・ コイズミやイトーキの学習机

多機能性デスクが特徴的な学習机が揃っています。価格帯を下げて5万円以下で揃えるならば、ニトリの学習机も人気です。

・ カリモクや飛騨産業の学習机

価格帯が15万円~20万円と比較的高いものの、オークやブナ、ナラや杉などを使用した、無垢材が基本の学習机でデザイン的にもシンプルでおしゃれなタイプが多く人気です。

学習机のメーカーで悩む場合には、贈る家庭の雰囲気で決めると喜ばれます。マンションなどコンパクトな室内ならば多機能性デスクが。広い空間で木造などこだわりがあるならば、無垢材など、材質にこだわりある、デザイン性の高い学習机を入学祝いに選んでください。

学習机もたいへん高価な贈り物ですので、重複しないように相談の上で購入する必要があります。また高価なギフトをする場合に気をつけたいのは、子どもたちを平等にお祝いするという点です。

★ 第一子、第二子で差がないようにするとともに、内孫と外孫でも差をつけないように気をつけると尚良いです。

 

式典用の服の入学祝い


入学式をはじめ、式典などで着るフォーマルな服も入学祝いのギフトとして喜ばれます。小さなお子さんは高価な服を買ってもすぐに成長してしまうので、成長するたびに式典用の服が必要になりなかなか大変です。

お祝いとして立派な式典用の服を贈ってもらうと、入学するお子さんにとっても親にとっても嬉しいものです。

【 子ども達にも人気の入学祝いの式服 】

★ 上品なコーディネートなら、ファミリア・MIKI HOUSE

・ ファミリアやミキハウスは式服の定番!紺やグレーの上品ながらセンスが光る式典用のワンピースやスーツが揃います。半そでワンピースの一例ではファミリアで3万円前後。それに1万円前後のボレロを合わせても、可愛いお嬢様風コーディネートが仕上がります。

★ 可愛らしさを引き出すなら、HUSHUSH・Tartine et Chocolat

・ もともとがカジュアルアイテムに強いHUSHUSH(ハッシュアッシュ)の式典用の服は、元気いっぱいの可愛らしさが引き立つ式服。Tartine et Chocolat(タルティーヌ エ ショコラ)はフリルやリボンなどのガーリー風デザインが得意なので、女の子におすすめです。

小学校の入学を控えたお子さんでも、自分の身につけるものは自分で選びたいと思っているかもしれません。また選ぶ時には、親の意見も尊重することが大切です。できればご家族そろって買いに行くことをおすすめします。

 

時計を入学祝いに贈ろう


学校への入学はお子さんにとって、社会へと踏み出す第一歩です。時間を見ながら自己管理していく能力も、徐々に身につけていきたいものです。そんな意味合いを込めて、素敵な時計をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

【 入学祝いに贈る時計選び 】

★ 小学校の入学祝いであれば、子ども部屋の壁掛け時計や目覚まし時計がおすすめです。私立の小学校で電車に乗る機会が増えるなど、必要に応じてキッズ用の腕時計も重宝します。

・ 時間や分単位だけではなく、秒まで数字が書かれた「学習時計」などもピッタリです。

中学生以上であれば、長く使える高価な腕時計を贈ると喜ばれます。良質な腕時計を身につけると、一歩大人へと近づいた感じがすると好評です。

 

革製の定期入れの入学祝い


バスや電車を使って通学するお子さんにおすすめなのが、革製の定期入れです。普段使いのものでキャラクターなどの付いたパスケースは持っているかもしれませんが、入学祝いとして贈るなら上質な革製のものがおすすめです。

【 革製の定期入れの入学祝い選び 】

★ 今では鞄の持ち手に紐の先を引っ掛けて、すぐに取り出せるようなデザインのパスケースも見受けられます。使い勝手の良い定期入れも喜ばれます。

★ パスケースの人気ブランド

・ 今も昔も女性に人気のブランドは、agnes b.(アニエス・ベー)。リボンモチーフの付いたタイプがガーリーで人気(5,400円)。元気いっぱいのデザインなら、tsumori chisato CARRY(ツモリチサト キャリー)や、シンプル・クールなUNITED ARROWS(ユナイテッド アローズ)も人気です。

受験を乗り越えて進学した場合などは特に、本人の努力をねぎらって記念になるような上質のものをプレゼントしたいですね。定期入れは毎日使うものでもありますが、質のよい革製のものなら長く大切に使ってもらうことができます。

 

財布の入学祝いを贈るなら


大学の入学祝いには財布を贈るのも素敵です。社会に出る機会がより多くなってくる大学生には、きちんとした身なりをすることも求められます。一人前の大人へと踏み出す意味を込めて、上質な財布をプレゼントしましょう。入学祝いには長財布が喜ばれます

【 入学祝いに贈りたい財布 】

★ MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)やSAZABY(サザビー)

・ 「まだ学生だからあまり効果なブランド財布はちょっと…。」と言うならば、平均的な価格帯が1万5千円~2万円前後で購入できる、MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)SAZABY(サザビー)がおすすめ。両方とも、シンプルでおしゃれなカラーが豊富です。

★ CHLOE(クロエ)やKateSpade(ケイト・スペード)

・ 3万円台~5万円と価格帯は高くなるものの、20代女性に人気のブランドは貰って嬉しい入学祝いです。ケイトスペードはデザインも豊富バイカラーの長財布などがおすすめです。

ちょっと高価なブランドの財布を持つのは、独特の緊張感があるものです。しかし社会に出るための準備として、本物を身につける経験も必要とお考えの方も多くいます。長く愛用する財布は本人が気に入ったデザインやブランドのものが一番。購入前に本人の好みを確認したり、一緒に買いに行っても楽しいですね。

 

電子辞書やタブレットの入学祝い


近年、学習の際に電子辞書やタブレットを使用する人が増えてきました。入学祝いとしてこれらの電子機器をプレゼントするのもおすすめです。重い辞書を何冊も持ち歩くよりもずっと持ち運びやすく、いつでも調べたい情報を調べることができるので重宝します。

【 電子辞書やタブレットの入学祝い 】

★ 電子辞書は中高生向けのお祝いの品として人気がありますが、最近は小学生向けのモデルも注目されています。

・ 電子辞書やタブレットの入学祝いの良いところは、機能が喜ばれるために、その他の贈り物と違いデザインに悩まない点です。好みを聞けない時にはおすすめ!

国語辞典や漢和辞典、英和・和英辞典のほか、百科事典や動植物の図鑑が搭載されているものが人気です。お子さんの知的好奇心をくすぐります

 

入学祝いに贈りたい上質なギフトの数々はいかがでしたか。一口に入学祝いと言っても、贈る年齢によってふさわしいギフトの内容は違ってきます。また予算によっても、どのようなお祝いの品を選ぶかが絞られてきます。それぞれの立場に合わせて、贈り物を絞り込んでみてくださいね。

入学祝いは遅くとも、入学の1週間前には届くように贈ると良いです。特にランドセルや式典用の服など、入学してすぐに使うものであれば、余裕をもって届けたいもの。

本人の好みがわからなかったり、必要とするものが特定できない時には、商品券や図書カードを贈るという方法もあります。もし、入学祝いをご祝儀として手渡すのであれば、5千円から1万円くらいを目安にするのが一般的です。

入学祝いを品物として贈るメリットは、想いを込めた記念の品として記憶され、大切に使ってもらえること。相手の好みも考慮して、長く愛用してもらえる特別な贈り物を選んであげてください。

 

まとめ

入学祝いに贈りたい、長く愛用できる上質な記念品

・ランドセルは色も豊富で軽量、広々!カラフルなランドセルが人気
・学習机は6万円~10万円が平均的。子ども達に平等に贈ることが大切
・式典用の服の入学祝の定番は、上品なミキハウスやファミリア
・時計を贈るなら、小学生では壁掛け時計。中学生以上なら腕時計を
・革製の定期入れ、女子に人気なアニエス・ベーやツモリチサト
・大学のお祝いなら財布もおすすめ!クロエやケイトスペードの長財布
・電子辞書やタブレットのお祝いは、好みが聞けない相手に選びやすい