法事のお供えに迷ったら☆心遣いが行き届いた品々とは

法事のお供えに迷ったら☆心遣いが行き届いた品々とは
法事のお供え物を贈る場合もあれば、「御供物料」として現金を包んで渡す方法もある供養への参列。地域やその土地に根付いている慣習によって違うのが、判断に迷うところですよね。

まずは法事のお供えが必要かどうか、しっかりと確認してください。もし、親戚の法事にお供え物を持参する必要があるなら、マナーに倣った準備をして、出席のみなさんに喜んでもらえるような品々を準備していきたいもの。

法事のお供え物は、最後に出席者全員で分け合うことがほとんど。そのことを考慮して選んでいくことが大切ですが、いろいろとマナーや作法がある法事だけに、お供えも身構えてしまいますよね。

そこで今回は、法事のお供え物を選ぶときのポイントを押さえながら、オススメの品をピックアップします。法事に参列する機会がある方は、ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

法事のお供えマナー☆準備前に知りたい7つの基礎知識

法事のお供えマナー☆準備前に知りたい7つの基礎知識
法事のお供えを準備する機会は少ないので、多くの方々がその経験がほとんどないですよね。だからこそ、法事のお供えには何が一番向いていて、何がマナー違反となるのかもよくわからず、迷いやすい項目です。

特に四十九日法要や一回忌・三回忌など、規模の大きい法事にお供えを準備することになったら、それなりの知識は必要です。とは言え実は、法事のお供えについての考え方は地方や地域によって、かなり違いがある点が難しいところ。

周囲にも確認が必要ではありますが、それだけでは不安な部分は否めません。せめてマナー違反になる法事のお供えを準備して、恥ずかしい思いをすることは避けたいですよね。

そこで今回は、法事のお供えを準備する前に知っておきたいマナーや、お供えの相場・お供えに最適なものなどの、基本を伝えします。

[ →続きを読む… ]

一周忌のお供え物に迷ったら。押さえたい7つのマナー

一周忌のお供え物に迷ったら。押さえたい7つのマナー
一周忌にはお供え物や香典などを持参して、参列者は法要に参加します。一周忌法要は、四十九日の次に大切な法要。故人が亡くなった丁度一年目の祥月命日(同月同日のことをいいます。この日をもって喪があけるという節目になるからです。

同月同日に一周忌法要をおこなうのが理想ですが、出席者の都合を考えて近い土日に法要をおこなうことも多くあります。この一周忌までは、招かれた場合には必ず出席するように、心がけたいものでもあります。

出席する時、一周忌はお供え物や香典等を持参しますが、この一周忌のお供え物、「一体、どんなものを用意したらいいのか。」はたまた、「金額はどれくらいを目安にしたらいいのか。」と、普段その機会がないだけに、いざとなると、何かと考えてしまう人も多いですよね。

そこで今回は、一周忌のお供え物に困った時に役立つ、選び方のポイントをお伝えします。ではご覧ください。

[ →続きを読む… ]