出産祝い☆友人に贈る場合はどの程度?金額と基本マナー

出産祝い☆友人に贈る場合はどの程度?金額と基本マナー
近しい人の出産は大変おめでたく喜ばしいことですが、出産祝いを贈るとなると、どのくらいの金額を包めばよいのか悩んでしまいますよね。仲の良い友人ならなおさらのことでしょう。友人からの待ちに待った朗報にこちらも心が躍りますし、赤ちゃん誕生のお祝いと、大変な出産を乗り越えた友人にねぎらいの気持ちを込めて、ぜひお祝いを贈りたいものです。

しかし、一方で出産祝いに包む金額は悩みどころでもあります。出産祝いは、金額を多く包めば気を遣わせますし、少なければ祝福していないと思われるのも困りますよね。相場というものもありますが、出産祝いの金額はその友人との関係の度合いによっても違ってきます。そこで今回は、出産祝いを友人に贈る場合の金額と基本マナーをお伝えいたします。



 

出産祝い☆友人に贈る場合はどの程度?
金額と基本マナー

 

出産祝いに贈る金額相場


そもそも出産祝いの金額に決まりはありません。なので、まずは相場を知っておくとよいでしょう。地域性もありますが、一般的な相場としては、両親からの場合3万円から5万円、兄弟・姉妹からの場合2万円から3万円、親戚の場合は5千円から1万円、会社の同僚の場合3千円から5千円となっています。では気になる友人の場合、出産祝いの金額相場は5千円から1万円となっています。

このように出産祝いの金額には一般的な相場がありますが、友人との親密度によって金額はもちろん変わってくることでしょう。親しい度合いが深いほど多く包む傾向があります。赤ちゃんの誕生を心から祝福する気持ちを込めて出産祝いの金額を決めるとよいですね。

 

出産祝いの金額にプレゼントを添える場合


友人への出産祝いの相場は5千円から1万円ということですが、親しさの度合いで多く用意することもあるでしょう。また出産祝いの金額に加えてプレゼントを添えたくなることもありますよね。しかし出産祝いの金額合計が高額になると受け取った友人は少々困惑されるかもしれません

出産祝いの金額により、受け取った方はお祝い返しをするのが一般的です。このお祝い返しの相場も地域によって違いありますが、半額、もしくは3分の1くらいとなっています。例えば、出産祝いの金額を1万円、プラス2万円のお祝いの品となると、受け取った側はお返しとして1万円くらいの内祝いを用意することになります。

つまり友人はせっかく受け取った出産祝いの金額をお返しの内祝いとして消えることになります。現金で出産祝いをいただいた場合はそのお金からお返しに回せることができますので、出産祝いの金額は多少多めにしたとしても、贈るお品は友人の経済的負担も考慮してあまりお金をかけないことをお勧めします。

 

友人の出産祝いを渡す時期


友人の出産を知り我が事のように喜び、この気持ちを早く伝えたい!出産祝いを用意しすぐにでも駆け付けたい!そう思うのは友情の深さを物語っていますね。赤ちゃんの誕生は本当に素晴らしいことですし、母になった友人にいち早く「おめでとう、お疲れ様」と声をかけてあげたいものです。また生れてきた赤ちゃんにも会いたいことでしょう。

しかし、出産祝いの金額を持参しすぐに駆け付けるのは、出産という大変な経験をされた友人にとっては負担になることもあります。母子の体調は出産後不安定なこともあり、出産祝いをいただいても普段のように明るく接する事が出来ないかもしれないからです。身内以外の訪問は遠慮した方がよいでしょう。出産祝いを渡すのは体調が落ち着く1週間後から1カ月後くらいが目安です。

 

友人の出産で第二子・第三子の場合


友人への出産祝いの金額で、出産が二人目、三人目の場合はどのくらい贈ればよいか迷いますよね。最近はニ人目以降は出産祝いを省く、もしくは一人目より簡単にするという方もいらっしゃるそうですが、お知らせを受けとったら基本的に第一子と同じ出産祝い金額を用意しましょう。第ニ子、第三子だからと言って出産祝いの金額を減らすと赤ちゃんに差をつけている印象を与える場合があります。新しい命の誕生は順番に関係なく健やかな成長を祈り祝福してあげたいものです。プレゼントを添える場合は、赤ちゃんに必要なものは揃っていることでしょうから、ベビーソックスやスタイ、やわらかなタオルなど消耗品を贈ると喜ばれます。

 

友人の出産祝いの金額は祝儀袋に入れる


友人の出産祝いの金額が決まったら、祝儀袋に入れて渡しましょう。最近は出産のお祝いにちなんだ可愛いデザインの祝儀袋も多数揃っていますが、表書きや水引の選び方にも正式なマナーがありますので覚えておくと役に立ちます。

まず出産祝いの金額を入れる祝儀袋は紅白の水引で蝶結びのものを選びます。何度あっても「おめでたい・喜ばしい」という意味合いから何度も結び直せる蝶結びが正式です。友人に出産祝いの金額を贈る場合は、友人の気持ちを考えて、喜ばれるデザインを選ぶとよいですね。

表には「御祝」「御出産御祝」と筆や筆ペン、サインペンで書きましょう。慶事ですので決して薄墨にならないように気をつけてください。下段には自分の姓または氏名を上段よりやや小さめに書きます。ご夫婦で出産祝いの金額を包む場合は中心に夫の氏名、左側に妻の名前を書きます。中袋が付いている祝儀袋では表面に金額を漢数字で縦書きにします。頭文字は「金」とするのがマナーです。例として一万円を包む場合、「金壱万円」となります。

 

いかがでしたか。友人の出産祝いの金額やマナーについてお伝えしました。マナーというのは相手のことを思いやり、気持ちの良いお付き合いをすることです。仲の良い友人への出産祝いの金額を決めるのも悩むかもしれませんが、悩むのは友人を大切に思う心の表れでもありますね。

出産というのは大変な経験であると同時にデリケートな部分もあります。なので、慶事とはいえ、急ぐことはありません。友人の体調や赤ちゃんの様子を察して出産祝いの金額をお渡ししましょう。大仕事を成した友人の出産を共に喜び、ねぎらい、そしてお子様の健やかな成長を祈る気持ちを込めての出産祝いの金額です。大切な友人に出産祝いの金額をお包みし、喜びを手渡すあなたの思いやりは、きっと赤ちゃんにも伝わりますよ。

まとめ

友人へ贈る出産祝いは

・一般的な相場は5千円から一万円です。
・渡す時期は、早くても体調の落ち着く1週間後以降がよいでしょう。
・金額は第一子でも第ニ子でも同じ金額を用意しましょう。
・蝶結びの祝儀袋にいれましょう。