葬儀参列時の服装・小物、普段から揃えておきたい7点!

葬儀参列時の服装・小物、普段から揃えておきたい7点!

結婚式などのおめでたいこととは違って、葬儀やお通夜などの訃報は突然耳に入ってくるものですね。

突然の連絡であっても、葬儀やお通夜に参列する際に、いったいどんな服装を用意したらいいの?何を持っていけばいいの?と連絡が来てから慌ててしまっては、本当に突然参列しなくてはならない時の場合には間に合いません。

遠方での葬儀参列では、現地に行ってからでは、必要なものが揃わないこともあるかもしれません。そんなことになってしまっては、葬儀に参列する自分だけでなく、遺族の方にも恥ずかしい思いをさせてしまうことも。

予めある程度の服装や小物などは準備をしておけば、突然の訃報であっても大慌てをしたり、忘れ物をして恥ずかしい思いをしたりしないですみますね。突然の葬儀参列時に慌てずに済む、服装や小物など最低限用意しておくべきものを7つお教えします!



 

葬儀参列時の服装・小物、
普段から揃えておきたい7点!

 

黒いストッキングや靴下は予備も用意して


葬儀の際には、男性は黒い靴下、女性はあまり厚手ではない黒いストッキングを履きます。

靴下やストッキングはコンビニエンス等でも購入することが出来ますが、いざというときにないと慌ててしまうので、いくつか予備も含めて用意しておくようにしましょう。

特に男性は無意識に他の色の靴下を履いてしまって、葬儀の際に恥ずかしい思いをすることがあるので、葬儀用のスーツや白いシャツと一緒にまとめて1セットにして保管しておきましょう。

 

ハンドバッグや靴は葬儀用があれば安心


女性のハンドバッグや靴は、革は殺生を連想させるものなので避け、布製のものを葬儀では身に付けるべきとされています。

最近では、黒のシンプルな革製のものならば問題ないようですが、やはり普段使っているヒールの高い靴や飾りのあるバッグ等では、葬儀には向かず代用は出来ません。

いざというときのために、葬儀用にシンプルな黒いバッグと低いヒールの靴は用意しておけば安心です。

普段使いのおしゃれなものとは別に、葬儀用として別に購入して準備しておくようにしましょう。

 

ベルトは意外に目立つので葬儀用を用意


男性が意外に忘れてしまいがちなのが、ベルトです。

普段使っている茶色のものなどはカジュアルな印象になり、また型押しなども殺生を連想させるので、葬儀には不向きなので、黒いシンプルなものを用意しておけば安心です。

スーツの下になって目立たないから・・・と思われるかもしれませんが、葬儀の際にお手伝いされたり、何かの拍子にチラリと見えた時には必ず目立ってしまうポイントなので、葬儀用にシンプルなものを用意しておくようにしましょう。

 

白のワイシャツはアイロンをかけて保管を


普段の仕事用とは別に、模様などのないシンプルな白いワイシャツを1枚用意しておきましょう。たとえ白いワイシャツであっても、いつも着ているヨレヨレのものでは、葬儀に着る服としてはNGです。

普段仕事などで白いワイシャツを使っていても、葬儀やお祝い事のため用に別に1枚用意して、常にクリーニングに出すかアイロンをきちんとかけて保管しておくようにしておくと安心です。

葬儀用の黒いネクタイもきちんとアイロンを掛けてワイシャツと一緒に保管しておくようにしましょう。

 

白いハンカチはスーツのポケットに入れて


白いハンカチは、1枚葬儀用に用意しておくと安心なアイテムです。

葬儀の際、どうしても涙を拭くような場面があると思いますが、その時にハンカチが柄物であったり、派手な色のものであるとどうしても目立ってしまいます。

ましてハンカチを持っていなくて、スーツの袖でゴシゴシなどということがあっては故人に失礼ですので、葬儀用に1枚用意して置くようにしましょう。使い終わったらきちんと洗ってアイロンを掛けて、他の葬儀用の小物と一緒に保管しておくようにしましょう。

 

薄墨と黒墨どちらも書ける筆ペンを用意


葬儀の際には、ご霊前等の不祝儀を持参するものですが、その際の表書きは本来薄墨で書くものです。

黒墨でハッキリ書くのは、結婚式などのおめでたい行事やお礼などをお渡しする際で、不祝儀は薄墨で書くのが基本です。

黒墨の筆ペンは、すぐにコンビニエンスストアなどでも用意できますが、薄墨まで書ける筆ペンは売ってない場合もあります。

いつかは使うものですし、使いたい時にないと慌てることになるので、薄墨と黒墨の両方が書ける筆ペンを1本用意しておきましょう。

 

ハンドバッグの中に小物はまとめておいて


葬儀に参列する時に着る黒いスーツやワンピースを用意し忘れることはないと思いますが、それ以外の小物を忘れてしまった!なんていうことは本当によくあることです。

黒いストッキングや白いハンカチ、数珠などは、訃報を聞いてから用意するのではなく、常に用意しておけば安心です。

また、葬儀用に用意したハンドバッグの中に入れて保管したり、他の小物などとまとめて用意しておけば、いざという時に探しものをせずに済むのでオススメの方法です。

 

いかがでしょうか。葬儀の際に普段から揃えておきたいものはそんなに難しいものではありませんでしたよね。

それよりも、葬儀の際に持っていくのを忘れてしまったり、どこへ仕舞いこんでしまったかわからなくなってしまって慌てることの方が問題なのではないでしょうか。

必要なものを用意したら、いざという訃報の際にあわててしまわないようにひとまとめにしておくということが一番大切なことなのかもしれません。

ぜひ、今から必要なものを揃えて用意して、いざという時に備えてひとまとめにして準備しておいてください。

 

まとめ

葬儀参列時の服装・小物、普段から揃えておきたい7点!

・黒いストッキングや靴下は予備も用意して
・ハンドバッグや靴は葬儀用があれば安心
・ベルトは意外に目立つので葬儀用を用意
・白のワイシャツはアイロンをかけて保管を
・白いハンカチはスーツのポケットに入れて
・薄墨と黒墨どちらも書ける筆ペンを用意
・ハンドバッグの中に小物はまとめておいて