結婚式の席次メッセージ、関係に合わせて使える7つの例文集☆

結婚式の席次メッセージ、関係に合わせて使える7つの例文集☆

結婚式にお招きした方の座席に置いておく席次メッセージ。感謝の気持ちを伝えるメッセージが用意されていれば、ゲストの皆さんにも喜ばれるものです。そこで「結婚式の席次メッセージ、関係に合わせて使える7つの例文集☆」を紹介します。

二人のために時間をとって結婚式に参列して下さる方に、短い言葉でも感謝の気持ちを伝えられる例文や、「こんな相手には、何を書いたら良いの?」と迷った時に参考にして欲しい例文を集めました。

分かりやすい丁寧な文字で書かなければいけませんし、一人ずつ違う内容のメッセージを書くには思いのほか時間がかかります。関係に合わせておおまかな内容が分かれば、準備の時間をぐっと短くできるはずです。

「僕は、何を書いたら良いか分からないから・・・」と、渋る新郎の声も聞きますが、この例文集を参考にすれば安心です。ゲストの顔を思い浮かべながら、楽しい準備時間にしましょうね。



 

結婚式の席次メッセージ、
関係に合わせて使える7つの例文集☆

 

共通して使える例文


メッセージの書き出しに使ったり、個人的なメッセージが思いつかない時などに書くことができる内容です。

<本日はご多忙のところご出席頂きありがとうございます。未熟な二人ですが、これからも末永くお付き合いをお願い致します>

<本日はお忙しい中お越し頂きありがとうございます限られた時間ではありますが私たちと一緒に楽しい時間をお過ごし頂ければ幸いです>

<○○に新居を構えました。近くまでお越しの際はお気軽にお立ち寄りください>

個人的な内容を思いつかない人にも、分量が他の人と同じようになるように気をつけましょう。隣の人にたくさん書いてあるのを見れば、気分が悪いものです。

 

仕事関連の人への例文


仕事でお世話になっている上司や同僚へは、お世話になってきたお礼や、これからの指導をお願いするフレーズを入れましょう。

<入社して~年になりますが○○さんには本当にお世話になりました。これからもご指導ご鞭撻をお願い致します>

<結婚の報告をした時の励ましの言葉を忘れないように二人で努力します。変わらぬご指導をお願い致します>

<入社して以来いつも助けてくれてありがとう。今日は忙しい中出席してくれて嬉しいです>

<結婚式に出席してくれてありがとう。いつも気にかけてくれて本当に心強いです。これからもよろしくね>

 

頼み事をした人への例文


二人の結婚式に受付や二次会の幹事、祝辞や余興などのお手伝いをお願いする人たちには、そのことへの感謝の気持ちを素直に書くと良いですね。短いフレーズで構いませんので、気持ちが伝わる内容を心がけましょう。

<本日はご列席頂いたうえに祝辞までお願いして恐縮しております。○○様のお言葉を楽しみにしています>

<忙しい中受付のために早い時間からお越し頂きありがとうございました。あとはゆっくり食事を楽しんでくださいね>

<今日は自慢の歌声をご披露くださり感謝しています。私たちのために選んでくれた曲は何でしょう?>

 

親の友人・近所の人への例文


家族がお世話になっていることへのお礼を書きましょう。また結婚を機に家を離れる場合やしばらく会わなくなる人には、これまでの感謝の気持ちを添えると良いですね。

<いつも母がお世話になりありがとうございます本日はどうぞごゆっくりお過ごしください>

<両親の結婚式に参列してくださった○○さんが私の結婚式にも参列して下さるなんて本当に感激しています>

<小さな頃から家族揃ってお世話になりました。○○さんのことを両親も頼りにしていますので今後ともよろしくお願い致します>

 

親戚への例文


親戚ならではの幼少の頃のエピソードや、祖父母には体を労わる言葉を入れましょう。身内ですから、形式ばらず語りかけるような言葉で大丈夫です。恥ずかしがらずに、感謝の気持ちを伝えましょう。

<小さな時から夏休みのたびにお世話になりましたこれからも二人を見守ってください>

<これからも仲良しの兄弟でいようねお父さんとお母さんのことをよろしくお願いします>

<いつも優しいおじいちゃんとおばあちゃん体に気をつけてうんと長生きしてね>

両親へは伝えたいことも多いかと思いますが、席次メッセージではポイントを絞りましょう。(書ききれない思いは別に手紙を書いて渡しましょう)義父母に書く場合は「これからよろしくお願いします」という、短いフレーズで収めます。

 

両親・義父母への例文


<今まで本当にありがとうございました。これからは○○さんと二人で親孝行するからね>

<いつも心配ばかりかけてきたね。お父さんとお母さんのおかげでこれまで無事に過ごせたと感謝しています>

<色々と至りませんが末永くよろしくお願いします>

<お父様お母様を見習いながら○○さんと幸せな家庭を築いていきます>

 

友人への例文


結婚式にまで参列してもらうほどの親しい友人です、くだけた表現でのメッセージも温かみが出ますよ。お互いに気ごころの知れた関係ならではの言葉を選びましょう。

<~歳の時から○○さんとはいつも一緒にいたよね。今日も一緒に泣いたり笑ったりしてもらえたらとても嬉しいです>

<これから○○さんと家族ぐるみのお付き合いができると楽しみにしています>

<今日は忙しい中駆けつけてくれてありがとう。この次は○○さんの結婚式にかけつけます!>

 

いかがでしたか。

結婚式の席次メッセージ、関係に合わせて使える7つの例文集☆」をご紹介いたしました。

ゲスト全員に1枚1枚準備するというのは、想像すると大変そうですよね。でもこの例文集を参考にすれば、ゼロから書き始める必要が無いので「○○さんとは、あんなことがあったんだよな」と、当時を懐かしみながら書くこともきっとできますよ。

結婚式では、二人の思いを一人一人に伝える時間は限られています。会場の席に案内された時、まず感謝の気持ちを伝えられる席次メッセージを上手に活用しましょうね。

 

まとめ

結婚式の席次メッセージ、関係に合わせて使える7つの例文集☆

・共通して使える例文
・仕事関連の人への例文
・頼み事をした人への例文
・親の友人・近所の人への例文
・親戚への例文
・両親・義父母への例文
・友人への例文