結婚式の二次会は幹事次第!成功させるための6つのコツ

結婚式の二次会は幹事次第!成功させるための6つのコツ
友人や職場の人から結婚式の招待を受けて喜ばしい気持ちのところ、二次会の幹事まで頼まれたら正直、戸惑いますよね。結婚式の二次会で幹事をお願いされるということは、新郎新婦にとって話しが上手、まとめ上手なイメージがあるということです。とても嬉しいことですが、いざ結婚式の二次会を取りまとめるとなると不安が多いことでしょう。

結婚式の二次会に参加することは多々あっても、幹事を引き受けることはそう何度もあることではありません。また、二次会は色々な人が出席します。どのようにして出席してくれた人たちを盛り上げ、そして新郎新婦にとって良い思い出となるようにするのか・・・二次会の幹事を引き受けたからには、是非とも成功させたいですよね

そこで今回は、結婚式の二次会の幹事を成功させるためのコツについてお伝えします。



 

結婚式の二次会は幹事次第!
成功させるための6つのコツ

 

幹事の役割と心得のコツを知ろう


幹事というのは司会進行などすべてにおいてまとめる役割を果たします。もちろん当日だけではなく前日からの入念な打ち合わせや、終わる最後の最後まで気が抜けません。まず結婚式の二次会の幹事として選ばれたからには、きちんと心得を抑えておきましょう。

①自分の殻を更に破ってみよう

知っている人の前だけではなく、知らない人の前にも立つことになりますが、恥ずかしいという気持ちを捨て、明るくハキハキと対応しましょう。何かハプニングが起きても、それを逆手に取れるくらい殻を破れるとよいですね。

②時間配分・ペースに気を付けよう

結婚式の二次会は別の場所を貸し切って行うわけですが、お店の人と前もって始まる時刻と終わる時刻を打合せします。時間内に収まるように、ペース配分を均一にして取り組みましょう。最後の方が駆け足になってしまった・・・ということがないように気を付けたいところです。ある程度、言葉を台本化しておくとよいでしょう。

③内輪だけで盛り上がらないようにしよう

つい知っている仲間に声をかけがちになりますが、参加してくれたゲストみなさんが平等に盛り上がれるようにすることが大切です。一部の人にだけ分かるネタは禁止です。

 

結婚式の二次会を成功させるためにまずやるべきこと


結婚式の二次会の幹事を任せられて、まずやるべきことは、新郎新婦との打ち合わせです。新郎新婦がどんな雰囲気の二次会にしたいかなど希望を聞きます。

また費用についてもここで打ち合わせをしておきましょう。会費は会場によって違いますが、赤字になった場合も想定して、費用の分担を決めておきます。

 

結婚式の二次会会場選びのコツを知ろう


結婚式の二次会の会場選びは、特に幹事の大事な仕事です。会場費が高くつくと出席率は下がることもあります。料理のおいしさや、お酒の種類の豊富さも要チェックです。必ず下見をして、料理を一度食べてみましょう

また、お店側がどの程度をサービスで協力してくれるのかも大きなカギです。スタッフの対応にも目を光らせておきましょう。

二次会の会場は結婚式の披露宴会場からあまり離れすぎないようにし、そして二次会が終わった後のことも考えて、交通の便がなるべくよいところにしましょう。

 

結婚式の二次会で盛り上がるゲームにするためのコツを知ろう


結婚式の二次会では幹事のトーク力も楽しみの一つですが、やはりみんなで楽しめるゲームがあると盛り上がりますよね。新郎新婦も参加できるようなゲームを準備すると、よい思い出になること間違いなしです。

グループ対抗のゲームにする場合は、前もって二次会に参加するゲストの中でノリのよい人を新郎新婦に教えてもらっておくと、それぞれのグループにまんべんなく配置ができ、偏りなく盛り上がることができます。

特に二次会のゲームで盛り上がるのは賞品がある場合です。新郎新婦からのプレゼントとして賞品を出していただけることもありますので、打ち合わせをしっかりしておきましょう。

 

幹事としてのサプライズを贈ってみよう


幹事だからこそできる特権として、自分にも時間を割いてみましょう。恩師のビデオレターや両親からの手紙など、サプライズで新郎新婦に向けてメッセージを届けることができるのも幹事ならではの素敵な役目です。

新郎新婦の出会いから結婚までをドラマのようにまとめたDVDを流すのも盛り上がります。新郎新婦に出演してもらうとサプライズにならないので、幹事やその他協力してもらえる人で出演する必要があります。

 

二次会に出席してくれた人に小さな記念を贈ろう


結婚式の二次会に出席してくれたゲストへちょっとしたプレゼントを贈りましょう。高価なものでなくても構いません。500円程の小さなお菓子のギフトなど、ちょっとした贈り物で二次会をよい形で締めくくりましょう。

もちろん、このプレゼントは新郎新婦から渡してもらうようにするとよいですね。

 

いかがでしたか。結婚式の二次会の幹事を引き受けるとなると、始まる前から綿密な打ち合わせが必要になってくることが分かりました。二次会の雰囲気は披露宴と違いフランクになりますが、会をまとめる側は披露宴並みに気を遣うものです。

実際に結婚式の二次会で幹事をされた人の体験談を聞くと、自分一人ではとても大変で、周りのサポートがあってこその成功だったと語っています。結婚式の二次会の幹事を引き受けたからと1人で背負い込まずに、他の友人にもヘルプを頼んでみるとよいでしょう。

当日、無事に二次会を終了できた時の達成感は、なんとも表しがたい素晴らしい経験となっているはずです。幹事はとても大きな役割を担っていますが、結婚式の二次会の幹事をお願いされるということ自体すごいことです。数多い人の中から選ばれたということを誇りに思って、新郎新婦やゲストの人はもちろんですが、幹事であるあなた自身も楽しめるような二次会にしていきましょう。

まとめ

結婚式の二次会で幹事をすることになったら抑えておきたいこと

・幹事としての立場で見渡せるようになろう
・新郎新婦と直接打ち合わせをしてみよう
・お店のスタッフや他の友人にも協力してもらおう
・前もって出席者リストをチェックしておこう
・幹事からのサプライズを準備してみよう