喪服のマナーでいまさら聞けない7つの超常識

喪服のマナーでいまさら聞けない7つの超常識

急な出来事に焦ってしまう葬儀。普段とは違い、色々と気を使わなければいけないのが法事時の服装です。日常では滅多に出会う事のない機会ですから、慌てる事も多いですし、忘れてしまっている事も多いかも知れません。

今日はいざという時の為に備えておきたい「超常識、喪服のマナー」を7つ紹介します。ご存じの方は、おさらいとして、また人に聞けなくて悩んでいた方は、今日学んで下さい。

社会人として、大人として、知らなかったでは恥ずかしい超常識のマナーですから、しっかりと覚え、きちんとした喪服のマナーを知っておきましょう。

今回は、ご家族全員で参列される場合も考え、お子さんの喪服マナーも記載していますから、ぜひ参考にして下さいね。故人やご遺族への配慮が感じられる喪服の着用で、気持ち穏やかに参列しましょう。



 

喪服のマナーで
いまさら聞けない7つの超常識

 

服装【男性編】


お通夜の場合、とりあえず駆け付ける際の服装です。地味な色合いの平服、又は黒色に近いスーツ(シングル・ダブル、スリーピース、いずれもOK)、紺やダークグレーも大丈夫です。

黒に近い色合いのスーツなら、目立たないストライプ柄でも宜しいでしょう。可能ならば、ネクタイは黒無地、靴下は黒色の物を準備して下さい。

準備が出来ない場合は、ノーネクタイでも構いません。黒色であっても柄物のネクタイより、ノーネクタイの方が失礼に当たりません。

最近は、事前にお通夜の日時が分かる場合が多くなっていますので、その際は、喪服で参列された方が相応しい装いになります。

事前に分かっている場合のお通夜、また葬儀の際は、フォーマル(喪服の黒無地)スーツに白無地シャツ、黒無地のネクタイ、黒色の靴下。タイピンはつけません。ベルトも黒。

金色等の目立つバックル、爬虫類のベルトは避けましょう。

 

服装【女性編】


急なお通夜の場合、派手な装いでなければ、平服で構いません。と言っても、カジュアルな物、TシャツやジーパンはNGです。出来る限り黒色に近い服装を心がけて下さい。

トップスは、黒無地のブラウスやシャツ、カーディガンやジャケット。紺やダークグレーでも宜しいです。長袖で襟元が開き過ぎていない物、夏場でも5分袖まである物が望ましい装いです。

白のブラウスはNGですから、注意しておきましょう。ボトムスは、ひざ下丈のスカートやワンピース、パンツスタイルでもOKです。丈の短いスカートは避け、出来る限り肌の露出は控えて下さい。

ストッキングは黒無地(柄物はNG)が基本マナーですが、準備出来ない場合は、肌色のストッキングでも大丈夫です。

事前に分かっているお通夜、葬儀の場合は、ブラックフォーマル、スーツやアンサンブル、スカートが正装ですので、ワンピースやスカートを選び、黒のストッキングを着用。

全身真っ黒と覚えておくと良いでしょう。

 

服装【子供編】


ご家族全員がお世話になった方、親族の葬儀の際は、お子さんも連れて参列します。学校指定の制服がある場合には、制服着用が基本です。

制服がない場合、男の子は、ブレザーとズボン。色は黒・紺・ダークグレー等の黒に近い色合いを選び、白シャツを着用します。黒のネクタイをするのが最も相応しい装いになりますが、なくても大丈夫です。

女の子は、黒のワンピース、黒色に近い色のブレザーにスカート、白いブラウスを着用します。カジュアルな服装や派手な色合いの服装は避けておきましょう。

男女共に、靴下は必須です。裸足は失礼に当たりますから、白・黒のソックスを履かせて下さい。

乳幼児の場合、黒の洋服やおくるみがあれば良いですが、ない場合は白やグレー等のモノトーンの色合い、もしくはベージュや薄い水色等のナチュラルな色合いでも構いません。

夏場等の暑い時期は、白、又は黒色に近い色目のポロシャツにズボンやスカートでも宜しいです。なるべく露出の少ない装いを心がけましょう。

 

時計・アクセサリー


光る素材や、派手な色彩の物は相応しくありません。【時計】金色の時計はタブーです。

黒や銀色のベルトの時計は宜しいですが、稀に時計をしているのもマナー違反と思われる方もいらっしゃいますから、気になる際は外してポケットにしまっておいた方が良いでしょう。

【アクセサリー】男性・女性共、指につける物は結婚指輪のみとされています。女性の場合、パールや黒曜石やオニキス等の黒い石のネックレスやピアスが相応しいです。

但し、一連のネックレスのみ。二連以上の物は不幸が重なるという意味になりますから、絶対に避けておきましょう。

黒い髪飾りもOKですが、派手でない物に限ります。髪の長い方は、黒いゴムやピンなどで一つにまとめ、清潔感のある身だしなみにしておくのが礼儀です。

葬儀は自己主張の場ではありませんから、1つ1つ控えめな物を選び、ご遺族への配慮が感じられる装いにして下さい。

 

バッグ


男性は基本、手ぶらが望ましいです。持ち物は、ふくさに包んだ香典、お数珠とハンカチ、携帯と財布位でしょうから、スーツのポケットに入れて下さい。

持ち物が多い場合は、「葬儀の際に本当に必要か」一度見直して下さい。それでも必要ならば、黒のセカンドバッグ(出来れば本革製でなく、金具も金色でない物)を持つと良いでしょう。

但し、男性のブラックフォーマル時のマナーは「手ぶら」が基本ですから、マナーを知った上で持参して下さいね。

女性の場合、黒の布製バッグが正式です。派手な金具が使われた物やエナメル素材の物はNG。また、毛皮やクロコダイルの型押しなど動物ものもタブーとされていますから、気を付けましょう。

通常、フォーマル用のバッグは外側に金具がなく、装飾も華美でない布製の黒色で統一されています。

お持ちでない方は、購入される事をお勧めします。持っておいて損はないフォーマルバッグですから、ご自身の予算に合う物を見つけて下さいね。

 

小物・冬場の防寒具


用意しておくと安心な小物です。ふくさ…香典を包むマナーとして持っておきたい物。紫は慶弔両用できますから、一番お勧めです。

他に青、緑、灰色などの地味な色合いの物が弔事で相応しい色になります。数珠…社会人のマナーとして揃えて置きたい数珠。宗派によっても使用される材質は異なりますが、各宗派兼用出来る数珠もあります。

男性ならオニキスや青虎目石の数珠、女性なら水晶やローズクォーツの数珠がお勧めです。お子さんの場合は持たせても持たせなくても良いです。

ただ、周りの子供さんが持っていると「欲しい」と言いかねない場合もあるでしょうから、手作りの数珠でも宜しいです。高価な物である必要はありません。

ハンカチ…黒・白・グレー等、華美でない、またあまり装飾のされてない物を選んで下さい。

コート…毛皮や本革・皮製品のジャケットやコートは避けます。黒や紺、ダークグレーの色合いのコートを着用して下さい。会場に入る前に脱いでおくのがマナーです。

手袋・ストール・マフラー…黒、紺、グレーなど、シックな色合いの物を身につけましょう。

 


【男性】黒のビジネスシューズ。金具のないもの、また型押しは避けます。革製でも大丈夫です。【女性】シンプルな黒のパンプス。

布製が正式ですが、革製でも大丈夫でしょう。エナメル素材や派手な金具がついた物、装飾が施されたものは避けて下さい。ミュールやサンダル、ブーツやスニーカーもNGです。

ヒールは3~5cm程度まで。ピンヒールは避け、安定感のある太めのヒールを選びましょう。コツコツと言うヒールの音は響きますから、歩き方にも気を付けて下さいね。

【子供】黒のローファー。小学校入学前なら、マジックテープのスニーカーや、ストラップシューズでも宜しいでしょう。

白やグレー、紺や黒等のモノトーンな色合いの物を選び、派手な色彩のシューズは避けて下さい。サンダルはお子さんでもNGですから、覚えておきましょう。

故人やご遺族に失礼に当たらないよう、靴をきちんと磨いておくと礼儀正しく映ります。

 

いかがでしたか。

超常識の喪服マナー。全てご存じの方もいらっしゃったでしょう。また知らなかった方、参考になったでしょうか。

服装に限らず、メイクやネイルも派手さは不要です。ナチュラルなメイクを心がけ、目立つネイルは落として下さい。簡単に落とせないネイルをされている場合は、黒いレースの手袋などで隠すのも一つの手です。香水も不要ですから控えて下さいね。

お悔やみのシーンで着用する喪服は、故人やご遺族に対して思いやりや弔意を表す服装ですから、出来る限り質素で清潔に、また配慮の感じられる装いを心がけて下さい。

社会人として礼儀正しく、マナーを心得た身だしなみで参列しましょう。

 

まとめ

喪服のマナーでいまさら聞けない7つの超常識

・服装 【男性編】
・服装 【女性編】
・服装 【子供編】
・時計・アクセサリー
・バッグ
・小物・冬の防寒具
・靴