家の中でも大丈夫☆大型でも飼いやすい犬の種類、おすすめの7選

家の中でも大丈夫☆大型でも飼いやすい犬の種類、おすすめの7選

犬好きなら、一度は一緒に暮らしてみたいのが大型犬ですよね。抱き着いたり、枕にしてみたりと、小型犬では味わえない「犬」の感触を満喫できるのが、大型犬の魅力のひとつです。

そこで「家の中でも大丈夫☆大型でも飼いやすい犬の種類、おすすめの7選」を紹介します。屋内で犬を飼う、というと持家のイメージがあるかも知れません。

しかし昔とは違い、賃貸の物件でも大型犬が飼える所は増えています。また、小さなお子さんやお年寄りのいるお家でも、犬の種類によって飼いやすい大型犬もいます。

お馴染の犬種や日本ではまだ珍しい犬種を紹介して、その犬種ならではの性格や特徴も説明しています。「うちでも飼える?」と、迷っている皆さんに喜んでもらえる犬ばかりですので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。



 

家の中でも大丈夫☆大型でも飼いやすい犬の種類、
おすすめの7選

 

1、ゴールデン・レトリーバー


イギリスにあるイングランド出身です。猟犬として、水辺に落ちた獲物を回収して活躍していました。泳ぎが得意なのです。

大型犬の割におとなしい性格です。温和で忍耐強く、よほどの事がない限り攻撃的になりませんので、小さな子供のいる家庭でも安心して屋内飼いできます。環境への適応能力に優れている点も、家庭での飼育に向いているところですね。

飼い主の心の機微を感じることができ、気配りのできる犬種で、日本でも人気です。

 

2、ラブラドール・レトリーバー


16世紀頃に北アメリカ大陸に出漁した、北欧やイギリスの船に同乗していた犬の末裔(まつえい)と考えられています。

イギリスで優秀な鳥猟犬として認められ、現在は警察犬や盲導犬として活躍しています。好奇心旺盛で活動的、さらに社交性の高い犬種です。

また大変利口で、飼い主の言う事をよく聞きます。献身的な精神を持っていますので、家族の一員として深い愛情を示してくれます。

このような性格ですので、サイズから見て屋外での飼育向きと思われがちですが、屋内で家族と一緒に過ごすのが良い犬種です。

 

3、ボクサー


猟犬として活躍していました。飼い主に従順で賢い点が高く評価されて、軍でも重宝される程でした。見た目は強面(こわもて)ですが、非常に甘えん坊で人懐っこく、社交性も十分です。

ほとんど吠えませんので子供の遊び相手に最適です。家族以外の人や犬とも仲良くできるので、屋内飼いでも安心です。

からだは骨と筋肉しかない、と思えるほどずっしりした体格で、とても力が強いです。人懐っこさから、愛情表現として人に飛びつくことがよくあります。

散歩の時に、子供にリードを持たせるのは注意しましょう。

 

4、シェパード


強力なあごと大きな歯を持ちながら、心優しい犬種です。数多くの種類の中でも、特に高い知性と訓練にもついてくる忍耐性を兼ね備えています。飼い主に忠誠と服従の精神で寄り添ってくれますので、屋内で飼育しても決められた事を守れます。

というのも、シェパードは本来家族と一緒にいたいという欲望が強い犬なのです。屋内でも甘やかさずに、大切に可愛がれば本当に喜びます。

命令に従うように訓練できる知能の高い犬なのです。逆に、正しい知識のもとに飼育することが、飼い主にも犬にも幸せな犬種と言えます。

 

5、ドーベルマン


19世紀末頃、ドイツでガードマンの仕事をしていたルイス・ドーベルマンが、自分のパートナーとして強い犬種を作出しようとして誕生しました。とても賢く厳しい訓練にも耐えられるので、警察犬や盲導犬、麻薬捜査犬としても活躍しています。

勇敢な見た目とは裏腹に、温厚で優しい性格です。短毛ということで寒さに強くなく、好奇心旺盛な面も含めて屋内で家族と一緒の飼育が向いています。

忠誠心にも厚いため、家族には従順です。学習能力が非常に高いので、正しい知識を持つ専門家にトレーニングしてもらう事を勧めします。

 

6、ボルゾイ


何百年もの長い間、ロシアの貴族によりブリーディングされた犬種です。ロシア帝国が他国の王族達に献上したように、貴族を象徴する犬でした。

見た目の美しさと優雅な立ち振る舞いで、日本でも根強い人気があります。行儀が良く落ち着いている大人しい性格ですので、体高はありますが屋内飼いに向いています。自我をしっかりと持っていますが、基本的に飼い主には従順です。

猟犬の本能から、屋外でのびのびと走り回る事を好みます。屋外で自由に遊べる環境が整っているかが、ボルゾイの飼育のチェックポイントンになります。

 

7、コリー


正式名は「ラフ・コリー」です。イギリスのスコットランド原産の牧羊犬種です。1860年代に兄弟種のスムースコリーがヴィクトリア女王に飼われていた影響で注目されました。1940年代に小説『名犬ラッシー』で、世界的な知名度が上がった犬ですね。

性格が社交的で優しく忍耐強いので、小さな子供やお年寄りとも気長に上手に付き合うことができます。攻撃的な面が無く、友好的な犬種ですので犬を飼うのが初めてでも飼育がしやすいです。

とても賢いので、小さなうちにしっかりしつけをしておくと、成長してからも楽ですね。

 

いかがでしたでしょうか。

「家の中でも大丈夫☆大型でも飼いやすい犬の種類、おすすめの7選」をご紹介いたしました。

この7種は特に知能が高く、人間と触れ合えることに喜びを感じる犬種です。自分のしたことが、飼い主に喜ばれるのか怒られるのかを判断できると言えます。

ですから、正しい知識に基づいた訓練を行えば、屋内でも問題なく飼うことができます。

小型犬に比べると、必要なスペースやお金は多くなります。しかし、見た目と違い人懐っこく、無駄吠えが少ないのは大型犬の方が多いようです。皆さんの生活環境にピッタリのワンちゃんに出会えると良いですね。

 

まとめ

家の中でも大丈夫☆大型でも飼いやすい犬の種類、おすすめの7選

1、ゴールデン・レトリーバー
2、ラブラドール・レトリーバー
3、ボクサー
4、シェパード
5、ドーベルマン
6、ボルゾイ
7、コリー