フリーターの就職成功!企業が教える書類のポイント

フリーターの就職成功!企業が教える書類のポイント

フリーターの就職は、その経験があるからこそのポイントがあります。忘れてはならないのは、アルバイトとして採用していたとしても、企業側から見れば、仕事が良くできる人は、非常に大切な従業員に変わりはない、ということ。

誰かが病欠で休むと、代わりの応援に出勤してくれたり、忙しい時に少し残業してもらって助けてくれたり…。長年の勤務している場合、正社員のフォローができたり、時には社員以上の働きが認められる人もいます。

ただ、フリーターの就職をおすすめするのは、ご自身の立場に立った時。「正社員の○○さんより、自分の方が仕事ができるのに…。」とか、「なんでこんなに給料が違うんだよ…」などと感じたことはありませんか?

その不満や環境を抱えて「どうせなら今、フリーターの就職活動を成功させてさらに飛躍し、自分自身を試してみよう!」そこから始めるフリーターの就職活動は非常に多いです。

そこで今回は、企業への採用試験の大きなポイント、『書類選考』に焦点を絞って、それぞれに合う書き方のコツを解説します。



 

フリーターの就職成功!
企業が教える書類のポイント

 

フリーターの就職活動前に


自分の心の中を整理することは、実は大切なポイント。まずはどんどん書き出すことから、フリーターの就職活動は始まります。多くが何となく…、や待遇面から感情が始まっているので、これを整理して、より前向きな姿勢へと導くだけでも、フリーターの就職成功率は格段に上がるのです。

【 まず自分自身は何に向いてて、どんな仕事をしたいのか 】

★ 準備をする上で行なわないといけない整理があります。

・ 自分の経験してきた勉強やアルバイト歴
・ 将来どのような夢があるのか
・ どんな仕事が向いてる
・ どんな仕事がしたいのか
・ どんな人になりたいのか…

その後に自分に合いそうな企業を探してみます。フリーターからの就職活動は新卒や再就職組と比較すると、確かにハンデはあります。そのハンデを埋めるのは、自分を知ることが第一歩なのです。

 

フリーターの就職を実現する企業とは


フリーターの就職活動において、採用する側の企業にとって、フリーター組はプロ野球で例えると、即戦力です。高卒ルーキーで3,4年目で1軍レギュラーに出てきてほしい選手扱いではなく、むしろ即戦力的で、ある程度社会に携わっている社会人クラスとして扱われる選手側。

★ フリーターを採用したい企業、つまり「グローバル感覚な嗅覚を持っている企業」探しはフリーターの就職成功のポイントです。

 

自己PRをどう書くか


フリーターの就職活動に限らず、応募をしたい企業が決まったら、まずはその希望会社のリサーチです。できるだけ会社概要を調べておきます。それから履歴書作成のスタートです。

・自己PR;

別冊ノートなどに自己分析をしっかりと記しておき、それを文章にまとめます。

『面接』達するための『書類選考』です。これが大きな第一関門。特にフリーターの就職活動では、企業の採用担当者を惹きつけることを書かなくてはいけない大切な書類です。基本的なルールに沿った書き方をした上で、他に無い魅力的な履歴書作りを意識します。

 

志望動機をどう書くか


この志望動機の欄も、フリーターの就職活動で大いに力になってくれる部分です。ブランクがある人ほど、今までの経験を生かしつつ、前項で整理した夢や目的を伝えて、理にかなった志望動機を伝えて下さい。

・志望動機;

志望企業と自分自身に、なにかご縁を感じた部分があるはず。フリーターの就職ではハンデがあるので、よりしっかりと自分の夢や将来やる気など伝わるように織り交ぜながら書きます。

 

履歴書の写真の第一印象


実は、履歴書でまず最初に目が行くのが写真です。ここであなたの第一印象が決まります。特に自由なイメージの強いフリーターの就職活動で、第一印象での好感度は欠かせません

そのため、清潔感あるスーツを着て、相応しい写真を準備することが大変重要です。

【 フリーターの就職で成功!写真の撮り方 】

・ 髪は撮影前には黒髪にしておきます。

・ 証明写真は機械式の駅前などにあるセルフ仕様はNG!

きっちりと撮影してくれる専門店を選びます。お店によっては撮り直しもしてくれますので、気に入るまでこだわって撮ってもらいます。

 

履歴書で気を付けたい、文字


写真の次に目が行く場所は、実は「氏名欄」です。と言うのも文字からも印象は大きく作用するからです。文字には真面目さ、誠実さが見受けられるため、フリーターの就職だからこそ、丁寧に意識して書くと好印象です。

【 企業に好印象を与える文字 】

小さな字で薄く書いている名前からは、やる気が伝わりませんので、自信をもって大きく丁寧、はっきりと書きます。

 

履歴書で企業がチェックする意外なこと


企業の採用担当者はもちろん履歴書で、学歴や職歴をチェックします。さらに、職務経歴書でどの程度の仕事ができそうか人柄なども見ています。自社で働くだけの能力や経験があるかどうか、またその人のアピールしている度合いが、職場では良い方向に発揮されそうかを気にします。

★ 職歴や学歴が少ない人は、やる気や人柄を加えることより『書類選考』を通過しやすくなります。

 

いかがでしたでしょうか。フリーターからの就職事情において、今までの経歴を語るのに、その正直な理由は様ざまです。「漠然とした夢を追い、いつしか時間が経ち、正社員になり損ねた」「特別やりたい仕事がなかったから、正社員として今まで働かなかった」そんな答えもあります。

さらに正直に答えれば、フリーターで就職活動をしている人々には、「人と接することが嫌いでもなく、コミュニケーションを取ることは全く平気なんだけど、責任を背負うことが非常に億劫なので、正社員になれなかったんです」と言うものもあります。

様々な理由で正社員にならなかった、フリーターの就職はそれぞれのパターンがあります。ただ、続ければ続けるほどフリーターは損得で考えるといろんな面で…。特に待遇面は絶対損なのです。

雇い側にしたら、会社の経費で一番人件費が掛かりますから。フリーターで働いている優秀な方はたくさんいらっしゃいます。ならば今までの働きを認めてくれる企業で、フリーターからの就職活動で成功を収めるに越したことはありません!

チャンスはたくさんありますので、新たな夢を見つけてください!

 

まとめ

企業から見た就職活動書類の、通過ポイントとは

・まず自分自身は何に向いてて、どんな仕事をしたいのかを整理
・グローバル感覚な嗅覚を持っている企業を探してアピールを
・事前に自分のアピールポイントを整理して効果的な自己紹介を
・志望動機にはよりしっかりとした、夢や方向性を打ち出す
・写真を通して見た印象は、採用担当者の第一印象として残る
・丁寧な字はその人の人柄や誠実さを伝える、意外な重要ポイント
・履歴書は学歴チェックだけではない。人柄や仕事力を見極める方法