法事の挨拶

法事でのマナー

初めての法事を滞りなく進めるための施主挨拶5つの要点

突然の不幸で施主を務め、慌ただしい中で葬儀や葬式を終えると、息つく間もなく法事の日がやってくるので、挨拶をする機会が多く忙しいですよね。 法事中は何度か挨拶を求められる場面がありますが、準備をしていないと、どんなことを話せばよいのかその度に悩んでしまいます。 しかし、法事は葬儀に続いて準備期間の少ない中...
法事でのマナー

法事挨拶に盛り込むべき5つの要素。回忌別のポイントとは

法事での挨拶は一般的には施主が行うことになります。この法事は初七日にはじまり、それ以降四十九日、一周忌(四十九日と一周忌の間に百箇日が入ることもあります)、三回忌、七回忌…と続きますが、はじめは故人を亡くした悲しみが強くても、月日が経つにつれて誰の心も癒やされていくものです。当然施主が法事で行う挨拶についても時の流...
法事でのマナー

法事の挨拶。施主になった貴方へ失敗しない話し方のコツ

法事の施主になると、必ず挨拶をしなくてはなりません。改まった場所で、大勢の方を前に挨拶をするのは緊張しますよね。何をどんな風に話せば良いかも、悩みます。でも、法事は故人の冥福を祈り偲ぶ場ですから、挨拶も故人と一番近い立場にある施主の貴方が、ご自身の言葉で心を込めて伝えるように心がければ、大丈夫です。 挨拶の内...
法事でのマナー

法事の挨拶!献杯の音頭をとるときの5つの注意点

法事の後の宴席。お葬式の場合は火葬場から戻って行われる初七日の後に精進落としとして会食が設けられることが多いようです。ご遺族にすればこれまでの葬儀の緊張感から少しだけ開放されホッとしたような気分になりますし、参列された方々もおそらく同じお気持ちでしょう。 宴の主役はもちろん故人でありますが、主賓の席には葬儀の...
タイトルとURLをコピーしました