忌明け

法事でのマナー

忌明け法要の迎え方。準備から当日の流れまで

「忌明け」とは喪に服す期間が終わるという意味ですが、忌明けを迎えてからの流れはどのように進めればよいのか迷いますよね。忌明けの準備を進めていく機会というのも、そう何度もあることではありません。どちらかというと、忌明け法要に招かれるケースの方が多いことでしょう。 忌明けというのはとても大切な葬儀の一環です。この...
葬式マナーについて

「忌明け」とは?喪主が準備しなくてはならない5つの事柄

忌明けとは、喪に服す期間が終わる日の事を指します。故人の魂は無くなってから七日ごとに現世での行いについて裁きをうけ、四十九日目にようやく成仏すると考えられています。四十九日を満中陰といい、この満中陰をおえてようやく、故人は極楽浄土へと旅立つのです。この満中陰を終えると忌明けとなり、遺族は普段の生活にもどるのです。 ...
法事でのマナー

忌明け法要の基礎知識。施主が行う7つの手順とマナー

忌明けの知識や基本のマナーは、案外広く知られていません。大切な人が亡くなってから、四十九日までの間は忌中と言われ、仏教では亡くなった方の冥福を祈って喪に服す期間。そして喪に服す忌中の期間が終わったその日を忌明けです。 この忌明けの際に法要を行い、葬儀でお世話になった僧侶や親族、また故人の友人などを招いて法要を...
法事でのマナー

忌明けとは?法要の手順と、その後に施主が行うべきこと

忌明けという言葉を聞いたことがない人は多くいます。配偶者や親が亡くなった場合に自分が喪主になったら、葬儀の手配をしますよね。喪主が通夜や告別式の準備や当日の取り仕切りなどもすべて担当するのです。しかし、葬儀が終わったからといって役割は終わりではありません。 今度は法要の施主として忌明けまでの期間に、中陰法要と...
タイトルとURLをコピーしました