間違えると恥ずかしい!残暑見舞いの書き方と送る時期

間違えると恥ずかしい!残暑見舞いの書き方と送る時期
大人になると、暑中見舞いや残暑見舞いなど、季節の挨拶状を送る、もしくは受け取る機会が増えますよね。出す時期によって呼び名が変わるお手紙のため、正式な書き方はどういったものなのか、など迷ってしまうことも多いはずです。

暑中見舞いや残暑見舞いは送る相手の安否を気遣うだけではなく、送り主の引っ越しや結婚などの近況報告もできるため、使い方によってはとても便利なものです。ですが、年賀状に比べると習慣にしている人が少ないため、正しい書き方や送る時期についてはよく知られていないのが実際のところです。

せっかく礼儀正しくしようとして送ったものが、相手の気分を損ねるものであってはいけないはずです。そこで今回は、夏の後半に送るべき残暑見舞いについてのマナーを中心にお伝えします

[ 続きを読む… ]

暑中見舞いの書き方。季節の挨拶で気を付けるべきこと

暑中見舞いの書き方。季節の挨拶で気を付けるべきこと
暑中見舞いの季節がくると今年はどんなご挨拶にしようかとあれやこれや考えますよね。そんな季節のご挨拶に一番大事なのはお相手を思いやる心です。逆に言えば、それさえあれば余計なものはいらない、とまで言っても過言ではないでしょう。

どの様な立場、どの様な関係の方に暑中見舞いを送るのか、それによっても気を付けなければいけないことは多少変わっては来るものですが、基本は暑さ厳しい季節にお相手の安否伺いと自らの近況報告と言う意味合いがあります

一般的な季節のご挨拶にタブーはあるのか、また、忘れてはいけない言葉はあるのか。そんな基本中の基本。案外今まで深く考える機会ありそうでなかった暑中見舞いのマナー。

そこで今回は暑中見舞いの書き方、季節の挨拶で気を付けるべきことについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]