お悔みの言葉

弔電マナーについて

お悔やみの手紙の書き方。遺族を思いやる5つの心遣いとは

通夜にも葬儀にも参列できず、お悔やみの手紙を出そうと考えたものの、文面やマナーに困ってしまったこと、ありますよね。だからといって香典だけを何も書かずに送るのも失礼なので困ってしまいます。 また最近では「家族葬」も増えています。家族葬とは、葬儀を行う家族が参列者の範囲を決め、また故人の意向により声をかける範囲を...
葬式マナーについて

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで

人が死ぬときは予想がつかないものですから、突然弔辞の依頼を受けることもありますよね。そのような時に、自分がどのような立場でどうして選ばれたかなどを良く理解して、話をまとめるのことが大切となりますが、重要なのは自分の中にある故人への思いを素直に言葉にすることです。 ただ、それ以前の問題で、突然の訃報で頭が真っ白...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉の伝え方。相手の心を思いやる7つの配慮

お悔やみの言葉を伝える場面は様々です。電話で訃報を知らされる場面や葬儀でご遺族に挨拶をする場面、また、葬儀が終わって人伝いに聞いてご遺族の自宅に弔問する場面など、お悔やみの言葉をご遺族に伝える時は相手の気持ちに配慮したいですよね。 お悔やみの言葉をご遺族に伝えるのは、相手との関係性がどのようなものでも緊張する...
社会人としてのマナー

お悔みの言葉の基本を押さえ、相手への気遣いを伝える方法

お悔やみの言葉に言葉が詰まった経験はありませんか?突然の訃報は、とても悲しくショックを受けるものです。故人の遺族や親しい人々にとって、故人の死は辛く悲しい気持ちが覆いかぶさってくるでしょう。そんな時に掛ける悔やみの言葉は慎重に選びたいものです。 形式的な言葉で、そっと参列する方法も良いでしょう。また、辛い時だ...
タイトルとURLをコピーしました