母の日にハンカチをプレゼントしよう☆選び方の7つのコツ

母の日にハンカチをプレゼントしよう☆選び方の7つのコツ

今年も母の日の季節がやってきましたね。母の日といえばカーネーションですが、それ以外だと何をプレゼントしていますか?母の好きなお菓子だったりパジャマ、エプロンなど何にしようか迷ってしまいます。

毎年あげるものが決まってる人もいるかもしれませんが、まだ決めていない人は今年の母の日はハンカチをプレゼントしてみませんか?ハンカチはデザインも豊富ですし、何より女性にとっては必需品ですよね。今年は肌身離さず使ってもらえるハンカチをプレゼントしてみましょう。

そこで今回は母の日にハンカチをプレゼントしよう☆選び方の7つのコツをご紹介していきます。ハンカチひとつでもイニシャル刺繍をあしらったり、素材を選んだりして、スペシャルになりますよ。



 

母の日にハンカチをプレゼントしよう☆
選び方の7つのコツ

 

お手頃価格のハンカチ


ハンカチは価格が安いのがうれしいですよね。社会人の方もそうですが、小学生や中学生のおこづかいで買えるハンカチもあります。好きな色や柄などがわかると選びやすいですね。

ハンカチにも種類があり、タオル地のものやハンカチの大きさなど違いがあります。普段から使ってもらいたいなら綿のハンカチやタオル素材のハンカチがおすすめです。大判のハンカチはいざという時に何かに使えそうですが気軽に持ち歩けないと思うので、大判のハンカチは避けた方がよさそうです。

 

ハンカチとカーネーション


ハンカチだけじゃ物足りないなーと思う方はハンカチと定番のカーネーションを贈ってみてはいかがですか?母の日といえばカーネーションと思っているお母さんも多いと思います。ハンカチ1枚だけだと寂しいですがカーネーションがつくだけでとても華やかになりますよね。

カーネーションも1輪だけだったり、鉢植えになったカーネーションもあるのでもしお花を育てるのが好きなお母さんだったら鉢植えにすると喜んでもらえますよ。

 

ハンカチと手料理をプレゼント


ハンカチをプレゼントして夜ご飯は手作り料理をプレゼントするのもいいですね。小さい子の場合はお父さんと一緒に作りましょう。

母の日だからといって「フレンチ料理をフルコース」なんて無理をしなくても大丈夫です。料理が苦手だったらお米をとぐだけ、カレーを作っておく。それだけでもお母さんは嬉しいのです。

ただ、手料理を作るまでは皆さん考えて実行するのですが、料理を作った後の後片付けを忘れないでください。豪華な料理じゃなくても後片付けまでできればばっちりです。

 

飾っても可愛いケーキタオル


最近ハンドタオルをいろいろなケーキの形にしてプレゼントできるものが出てきました。価格は本物のケーキより少し安いです。普段使わなくても飾っておけるのでとてもかわいいですよ。

いくつか買ってケーキの箱に入れて渡したり、1つだけ本物のケーキを混ぜても面白いですね。ケーキ以外にも犬になってたり、アイスのコーンに入ってたり、おもんじゅうもあるのでいろいろ選べます。

 

ブランドハンカチをプレゼント


せっかくのハンカチプレゼント。ブランド物もいいですね。安いハンカチは自分でも買えますがブランド物はなかなか買わないですよね。ハンカチブランドで人気はフェイラーのハンカチです。花柄がかわいくて人気です。

バーバリーも人気でバーバリーのハンカチだと2000円あれば買えますし、年齢に関係なく使っていただけると思います。お母さんの好きなブランドがわかればそのブランドのハンカチを選んであげるといいですね。

 

ハンカチに名前を入れてみよう


贈り物に名前やイニシャルを入れることが多くなってきています。ノーブランドの普通のハンカチもお母さんの名前を入れてあげれば世界で一つのハンカチになります。名前は自分で刺繍をしてもいいですが、最近は名前を入れてくれるお店も増えているので苦手な人はお店に頼みましょう。

イニシャルだったり名前だったり、ハンカチのデザインや年齢に合わせて選ぶといいですよ。自分の名前が入ったハンカチはもったいなくて使えないかもしれませんね。

 

母の日人気プレゼント


ハンカチ以外で人気の母の日のプレゼントをご紹介します。今人気なのはブリザードフラワーです。花を上手に育てられない人にもストレスなく飾ることが出来ます。

あとは花プラス何かをあげている方が多いようです。ハンカチもそうですがバッグやアクセサリーなどの形に残るものや、女の子はみんなが大好きなスイーツが人気です。

 

いかがでしたか。毎年のことなので母の日のプレゼントは悩みますよね。ハンカチは毎日使うものなので何枚あってもいいですし、生地が傷んできたら買い替えたりしなくてはいけないので毎年違うハンカチをプレゼントしていくのもいいですね。

特に働いているお母さんには、毎日持っていくハンカチは助かるプレゼントかもしれません。ハンカチの場合、ついつい自分では安価なものを選びがちではないでしょうか。毎日のハンカチが美しい上品なものだと、使うたびに優雅な気持ちで癒されるでしょう。

ハンカチ以外にもスイーツなどいろいろ種類があるので選ぶのも楽しくなります。
結局は母の日にプレゼントをもらえる、いつもありがとうと言ってもらえる。それだけでも嬉しいのであまり深く考えずにありがとうの気持ちを伝えましょう。

 

まとめ

母の日にハンカチをプレゼントしよう☆選び方の7つのコツ

・お手頃価格のハンカチ
・ハンカチとカーネーション
・ハンカチと手料理をプレゼント
・飾っても可愛いケーキタオル
・ブランドハンカチをプレゼント
・ハンカチに名前を入れてみよう
・母の日人気プレゼント