就職活動の黒バック、本当に使いやすいものを選ぶ7つのポイント☆

就職活動の黒バック、本当に使いやすいものを選ぶ7つのポイント☆
ビジネスシーンに欠かせない、鞄。皆さん、どのように選んでいるのでしょうか。就職活動中のスーツや靴、ベルトと相性が良いから黒バッグを選ぶ方も多いでしょう。物を入れられれば、それでいいと言う方もいらっしゃるでしょう。

それでは勿体ない!身だしなみのアイテムの1つがバッグですから、しっかりしたものを選んでみませんか。今日は長く愛用でき、また本当に使いやすい黒バッグを選ぶポイント7つの紹介です。

初めてのビジネスバッグだからこそ、大切に選んで欲しい。特に黒バッグは、就職活動後もビジネスバッグとして愛用できる優秀な鞄ですから、1つ1つご自身の使いやすさを考えて選ぶ事が重要になってきます。

ポイントを絞って紹介していきますので、お考えに合う事を書きだしながら選んで下さいね。



 

就職活動の黒バック、
本当に使いやすいものを選ぶ7つのポイント☆

 

素材ごとのメリット・デメリット


ビジネスバッグの代表的な素材は3つあります。

ナイロン・合皮・本革。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、使いやすい素材を選んでみましょう。

【ナイロン製】 お手入れ:布に薄めた中性洗剤を含ませ、汚れた個所を軽くたたく。

★メリット…軽量。強度が高く、摩擦に強い。ビジネスバッグの主流となっている為、サイズ・種類・デザインも豊富。撥水加工・多ポケット等、機能性も充実。

★デメリット…型崩れしやすい。撥水加工であっても完全防水ではない為、浸水する恐れもある。

【合皮製】 お手入れ:水拭きのみでOK。

★メリット…比較的安い。水に強い。

★デメリット…耐久性がない。劣化が早い。

【革製】 お手入れ…専用クリームを使ったケア。理想は週1回。

★メリット…耐久性が高い。使い込むほどに味がでる。高級感。

★デメリット…重量。高価格。水に弱い(革専用防水スプレーで対処)。手入れが必要。

それぞれの特徴を知った上で、全体の装いに合う黒バッグを選ぶと良いでしょう。

 

目安のサイズを知ろう


履歴書や応募用紙、封筒など。就職活動中の方は持ち運ぶ物も多いですよね。恐らくA4サイズの書類やファイル、封筒(角形2号)を持ち運ぶ場合が多いでしょうから、それを基準に選ぶのが良い方法です。

A4サイズ以外のバッグサイズも目安として紹介しますので、参考にして下さい。

【B5用紙の鞄サイズの目安】…幅280mm~×高さ210mm~

【A4用紙の鞄サイズの目安】…幅330mm~×高さ240mm~

【A4ファイルの鞄サイズの目安】…幅340mm~×270mm~

【角形2号封筒の鞄サイズの目安】…幅370mm~×270mm~

【B4用紙の鞄サイズの目安】…400mm~×300mm~(※15.4インチノートPCも同サイズ)

また、就職後もビジネスバッグとして使用したいと言うお考えでしたら、「自分が何を持ち運ぶか。」をイメージすると選びやすくなります。

 

マチの目安を知ろう


目安のサイズが決まったら、マチに注目です。ご自身がいつも持ち歩く物を書きだして置くのが、まずポイントになります。
更に、一目で中身が認識/収納出来る物が使いやすいバッグと言えます。

・必要最小限の物、書類と筆記用具、財布しか持ち運ばないと言う方は、大体5~7cmのマチ幅が狭い物がオススメです。スッキリとしたバッグですが、当然、収納力はありませんので入れすぎに注意しましょう。

・書類、財布やペン+α(ペットボトルや折り畳み傘)と言うお考えでしたら、マチ幅10cm前後が良いでしょう。一層・二層等、コンパートメントの数は、ご自身の使いやすさで選んで下さい。

・更にPC、タブレットなども入れるスペースが欲しい方は、マチ幅13cm以上の物をオススメします。この幅になるとマチが広がる機能的なビジネスバッグも登場しますので、必要に応じて候補に入れておくと良いでしょう。

 

出し入れのしやすさを確認しよう


リクルート中は書類等の出し入れも頻繁です。内ポケットや外ポケットの配置に注目してみましょう。サッと出せて、スッとしまえるのが理想です。

内ポケットならば出し入れの邪魔にならない場所に配置されているか、もしくは書類を収納できる仕切りが別にあるか。ポケットの数は必要分あるか(多いと定位置が定まらず、少ないと収納できない)等。

外ポケットならば、入れた物が落ちない作りになっているか、派手な色の金具は使われていないか。また、ファスナーの滑りは良いか、ホコリが入りにくい作りになっているか等。

黒のリクルートバッグは就職活動後も使用出来るビジネスバッグですから、細部まで確認する事が、長く愛用する為のポイントです。

ご自身が何をどこに収納するか、また実用的な作りになっているかを1つ1つチェックしながら選ぶと使いやすいバッグになるでしょう。

 

持ち運びに向いているものをチョイス


型崩れしづらい特徴を持っているのが、自立型・自分で床にたつバッグです。素材は特に問いませんが、ある程度強度があり、中身をしっかりと守ってくれる物が良いでしょう。

提出書類や会社説明資料が寄れたりせず、床に置いた状態でも出し入れ出来ますし、面接時にはスッキリとした佇まいで居てくれる優秀バッグです。

但し、大切な書類はファイルに入れておきましょう。バッグにいくら強度があっても、出し入れの際に折れ曲がってしまう事もありますから、きちんと保管して下さいね。

意外と知られていませんが、外から中の書類の文字が見えないクリアファイルもあります。情報漏えいを気にする企業も増えていますから、保管するファイルにも気を配っておくと更に良い印象を与えられるでしょう。

自立型バッグはビジネスの基本。床に置いて両手で名刺交換が出来るのがスマートな社会人です。種類も色々ありますから、出し入れのしやすさを考えて選んで下さい。

 

型崩れの心配がないかチェックしよう


型崩れしづらい特徴を持っているのが、自立型・自分で床にたつバッグです。素材は特に問いませんが、ある程度強度があり、中身をしっかりと守ってくれる物が良いでしょう。

提出書類や会社説明資料が寄れたりせず、床に置いた状態でも出し入れ出来ますし、面接時にはスッキリとした佇まいで居てくれる優秀バッグです。

但し、大切な書類はファイルに入れておきましょう。バッグにいくら強度があっても、出し入れの際に折れ曲がってしまう事もありますから、きちんと保管して下さいね。

意外と知られていませんが、外から中の書類の文字が見えないクリアファイルもあります。情報漏えいを気にする企業も増えていますから、保管するファイルにも気を配っておくと更に良い印象を与えられるでしょう。

自立型バッグはビジネスの基本。床に置いて両手で名刺交換が出来るのがスマートな社会人です。種類も色々ありますから、出し入れのしやすさを考えて選んで下さい。

 

ブリーフケースがオススメ


ビジネスバッグには4つの種類があります。アタッシュケース、ブリーフケース、ボストンバッグ、ダレスバッグ。全て自立型バッグです。

その中でブリーフケースをオススメする理由は、機能性が高いからです。強度の面で言えば、アタッシュケース。収納力で言えば、ボストンバッグ。品格で言えば、ダレスバッグ。それぞれ好みの分かれる所でしょうが、機能面はブリーフケースが断トツです。

素材や持ち運びのしやすさ、バッグ内の仕切り、外面の収納など、ビジネスには欠かせない多くの利点を兼ね揃えた物がブリーフケースとなります。

ブリーフケースを選ぶポイントとして、これまでのポイントプラス、フチが本革加工された物、撥水加工・撥水仕様の物を選ぶと長く愛用出来るビジネスバッグになるでしょう。

 

いかがでしたか。

バッグ選びは社会人への第一歩。そう言っても過言ではありませんね。自分対相手がキーポイントになります。

就職活動中はもちろん、就職後のご自身もイメージしながら、何を入れ、どう持ち運び、誰と会うか。を念頭に必要だと感じるポイントを書き出してみてください。

自然然と使いやすく、必要な黒バッグが絞られてくるはずです!社会人としてスマートに、周りへの気遣いや取引相手への心遣いが感じられるアイテム選びをして下さい。

末永く愛用出来る黒バッグと出会えますように。

 

まとめ

就職活動の黒バック、本当に使いやすいものを選ぶ7つのポイント☆

・素材ごとのメリット・デメリット
・目安のサイズを知ろう
・マチの目安を知ろう
・出し入れのしやすさを確認しよう
・持ち運びに向いているものをチョイス
・型崩れの心配がないかチェックしよう
・ブリーフケースがオススメ