結婚祝いの言葉で感動!親友に真心を伝えるメッセージ

結婚祝いの言葉で感動!親友に真心を伝えるメッセージ
結婚祝いの言葉を親友に贈る時には、無難なお祝いではなく、心に響くようなメッセージにしたいですよね。しかし、誰よりも親友の結婚を喜ばしいことだと思っているのに、その気持ちを上手く言葉で表現できなくて「もどかしい」という事はよくあります。

結婚祝いの言葉で、親友に喜んでもらう表現にするには、重要なポイントがあります。それは、親友ならではの近い距離感です。友達が「こんなに自分の結婚を喜んでくれているんだ」「家族や自分のことのように喜んでくれている」と、感じられるかどうかがカギになってきます。

そこで今回は、相手がただの友人や同僚、知人ではない、本当に仲がいい親友に贈るのにふさわしい、真心が伝わる結婚祝いの言葉のメッセージ例を6つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔みの言葉の基本を押さえ、相手への気遣いを伝える方法

お悔みの言葉の基本を押さえ、相手への気遣いを伝える方法

突然の訃報は、とても悲しくショックを受けるものです。でも、自分以上に故人の遺族や親しかった方にとって、故人の死は辛く悲しい気持ちが覆いかぶさってくるものになります。そんな時に、遺族の方にかけるお悔やみの言葉で、その気持ちがほんの少し軽くなることがあります。

辛い時だからこそ、掛けて欲しい言葉というものがあるのです。とはいっても、辛い時に掛けて欲しい言葉と逆の言葉を言ってしまったら?もしも失礼な言葉を掛けてしまったら?と思うと、なかなか面と向かって遺族の方に声が掛けられなくなってしまいますね。

とはいってもお悔やみの言葉を伝えないことの方がマナー違反になります。お悔やみの言葉は必ず伝えるべきものなので、伝えずにいるのはNGです。気持ちの伝わるお悔やみの言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉で相手を労る。気持ちが伝わる7つの例文

お悔やみの言葉で相手を労る。気持ちが伝わる7つの例文

どんなに元気な方でも、人はいつかその人生を終える日がやってきます。そしてその日は、ある日突然やってきます。周りの方が突然いなくなってしまう悲しみは、耐え難いものですよね。お悔やみの言葉は、ご家族の気持ちを配慮した上で、適切な言葉を選ぶべきといえるでしょう。

その言葉は、長くても短くてもいけません。また、お悔やみの言葉で使用するべきではない言葉ももちろんあります。そしてご自身と故人の関係、亡くなられた方の年齢や理由によってもお悔やみの言葉は異なります。そのようなこと全てをふまえて、故人のご家族を労わる言葉を選びましょう。

本記事では、なかなか難しいお悔やみの言葉で、相手の心情を察して労わる言葉をいくつか例文にしてみました。悲しみを感じつつも、いざご家族を目の前にすると、どのような言葉が適切なのか悩んでしまうという方は、本記事をぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]