法事回忌

法事でのマナー

法事挨拶に盛り込むべき5つの要素。回忌別のポイントとは

法事での挨拶は一般的には施主が行うことになります。この法事は初七日にはじまり、それ以降四十九日、一周忌(四十九日と一周忌の間に百箇日が入ることもあります)、三回忌、七回忌…と続きますが、はじめは故人を亡くした悲しみが強くても、月日が経つにつれて誰の心も癒やされていくものです。当然施主が法事で行う挨拶についても時の流...
法事でのマナー

法事回忌をわかりやすく解説します!年忌法要の7つの知識

家族が亡くなった場合、日本では9割の方が仏式の葬儀を行います。仏教では、亡くなってから四十九日までの間は七日ごとに追善供養があり、四十九日目に忌明けとして、親族や友人知人も参列して法要を行います。 その後、節目となる年の命日と同じ日に、一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要を行って、故人の霊を弔います。昔は...
法事でのマナー

法事回忌の法要、何回忌までつとめるべきかよくわかる仏事

告別式、初七日、四十九日、一周忌、三周忌までは知っていても、その先の法事については良く知らないという方も多いのではないでしょうか。そもそも、法事回忌の法要とは何を指すのか、また初七日とは亡くなった日から何日目を指すのか、四十九日と七七日(なななのか)は違うのか等々、改めて考えてみるとよくわからなかったりしますね。 ...
タイトルとURLをコピーしました