上司への年賀状で差を付ける☆若い世代が押さえる基本とは

上司への年賀状で差を付ける☆若い世代が押さえる基本とは
上司への年賀状はひと昔前までは大切な挨拶でしたが、最近では年賀状自体の習慣を止めたり、メールやLINEで済ませる方も増えてきましたよね。しかしそんな時代になったからこそ、個性が光るのが昔ながらの上司への年賀状。

目上の方にとっては年に一度のおめでたい挨拶として、心のこもった上司への年賀状が、とても印象に残った、と言う意見は多いのです。自分が上の立場になった時をイメージすると、複数の部下がいる上司なら、年賀状で印象に差が付くことも理解できるかもしれません。

とは言っても、気の利いた言葉を綴る必要はありません。礼儀を重んじていて、あなたの心が伝わるような上司への年賀状ならば、大丈夫。

丁寧な上司への年賀状で、新年から印象が温かく上司の心に刻まれるなら、やはり嬉しいですよね。そこで今回は、上司への年賀状で押さえておきたい、基本的なマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

上司へ年賀状を送るマナー☆信頼を持たれる7つの基本

上司へ年賀状を送るマナー☆信頼を持たれる7つの基本
上司へ年賀状を送るとなると、失礼ない文章にしあがっているか、気になりますよね。秋に差し掛かるとぐっと仕事も忙しくなり、気が付けばもう年の瀬…。毎年慌てて年賀状の作成をする方は、案外多いのではないでしょうか。

パパッとテンプレートを選び、ダダーとプリンターで印刷!何も考えず年賀状のプリント…。年賀状の賀詞は、どんな言葉を選んだかなんて考えていないまま印刷してしまいますが、その賀詞、上司への年賀状としては、マナー違反になっているかも…。

漢字で書かれていると、なんだかかしこまっているようですが、実は略語もあったりするんです。上司に「ちわー!」とは言わないのは当然のように、略語は使わないはず。上司への年賀状で知らずにそれをしていたとしたら、恐縮ですよね。

そこで今回は、新年の挨拶での上司への年賀状のマナーをお伝えします。急いで上司へ年賀状を書いている時にも、さっと確認できるようにまとめましたので、ぜひ、ご参考ください。

[ 続きを読む… ]