スタンド花の選び方☆シーンに合った5種類のお祝い花

スタンド花の選び方☆シーンに合った5種類のお祝い花

スタンド花は相手の方におめでとうの気持ちをこめて贈るお祝いの花です。親しい友人がお店を開店する日、ぜひ贈ってあげたいですよね。また会社の祝賀パーティの会場前やコンサートホールのロビーなどにもたくさんのスタンド花が並んでいますが、いざ自分で贈るとなると慣れないことなので色々な疑問が湧いてきます。

もちろん、予算のことやお届けする日時、スタンドの大きさなど基本的なことは花屋さんに行けば解決しますが相手にお祝いの気持ちをちゃんと伝えたいのなら、ある程度のこだわりが必要です。そこで今回は色々なシーンに合わせたスタンド花の選び方をご紹介しましょう。大切な人の晴れの日に、あなたのおめでとうの気持ちが伝わりますように。



 

スタンド花の選び方☆
シーンに合った5種類のお祝い花

 

お店の開店祝いに「おめでとう!」の気持ちをこめて


sutandohana01

おめでとうの気持ちは当然ですが、新規開店の雰囲気を盛り上げ宣伝効果バツグンなのが店頭に並んだスタンド花です。新しいお店の前にたくさん花が並んでいるとつい中を覗きたくなりますよね。ですからスタンド花を外に置くなら、なるべく赤や黄色など目立つ配色が効果的です。

それと大切なのは季節感。夏はひまわり、秋は人気の秋あじさいなどと季節に合った花を指定しましょう。値段の相場は最低10000円ですが、花をより豪華に見せるなら15000円から20000円が妥当です。

参考画像:スタンド花(ひまわり)
出展:勝ち花ドットコム

 

開店祝いの店内に置くスタンド花


sutandohana02

レストランやブティックなどの開店祝いの際に店内に飾るスタンド花。選び方の最大のポイントは花がお店の雰囲気に合っているかということです。例えば日本食レストランのロビーの花がパステルカラーじゃいけませんよね。ここは日本情緒を感じさせるような花を贈るべきです。できれば、オープン前に店内を見学して雰囲気や広さを確認しておきましょう。それと、数日間飾ることを考えれば胡蝶蘭や菊などの花持ちがいい花を選んだ方がいいかも知れませんね。

参考画像:スタンド花(和風菊)
出展:勝ち花ドットコム

 

小さなスペースに対応できるスタンディングアレンジ


sutandohana03

小さいお店の開店祝いや支店の事務所開きに喜ばれるとってもかわいいスタンディングアレンジの花ギフト。一般のスタンド花は店の前の通りに置くので比較的場所をとりますが、サイズの小さいスタンドを使用するので小さいお店の店内や事務所内にも設置することができます。

また美しさを長持ちさせたいならブリザーブドフラワーがオススメです。生花に特殊な加工を施すことで、色鮮やかな美しさを長期間保つことができます。ただブリザーブドフラワーを希望する場合は納品までの時間が若干掛かりますので、開店日に合わせたプレゼントの場合は注意が必要です。

参考画像:スタンディングアレンジ
出展:A-Ki Flower Je店長のつぶやき

 

会社の祝賀パーティは胡蝶蘭が定番


sutandohana04

祝賀会場の外には、胡蝶蘭を絡めたスタンド花が目立ち、会場内にも床置きのスタンドを使った胡蝶蘭のアレンジメント。とにかく会社関係の祝賀の会は胡蝶蘭が定番です。その理由ははっきり解りませんが、どうやら、胡蝶蘭の優雅な花姿と花もちもよさがその原因のようで、ちょっと前までは白い胡蝶蘭が主流でしたが、最近はピンクや紫も加わってさらに胡蝶蘭ブームは続きそうです。

予算は先方の会社との関係にもよりますが、胡蝶蘭が入ったスタンド花となると最低でも30000円から50000円ぐらいは必要です。

参考画像:胡蝶蘭アレンジメント
出展:フラワーショップ アベール

 

個性が大切!公演祝いのスタンド花


sutandohana05

歌手やアイドルのコンサート会場、ロビーや楽屋につながる廊下には、華やかに飾られた個性的なスタンド花がいっぱい!当然ファンから出演者への応援の気持ちなのですが、やっぱり見てもらわないと面白くありません。

もしも気に入ってもらえば、持って帰ってくれるかも知れなし、ひょっとしたら写真に撮って自分のブログにアップしてくれるかも知れません。ですからスタンド花を注文する時も、お花屋さん任せにしないで、どんどん自分の希望を伝えて個性的なスタンド花を贈ってください。

参考画像:公演祝いのスタンド花
出展:フラワーショップ アイビー

 

いかがでしたでしょうか。

ご覧いただきましたように、スタンド花を贈るタイミングは開店祝いや開業祝い、会社の祝賀パーティなど、たくさんあるお祝い事の中でも大きなイベントに限られるようですね。贈り手側にとっては、おめでとうというお祝いの言葉と、がんばってくださいという激励の気持ち。

贈られた側は、ありがとうという感謝の気持ちに加え、スタンド花の数が多ければ多いほど嬉しくなって、「これからやるぞ!」という気合も入るわけです。ですから、スタンド花を贈る時は自己満足だけではなく、イベントの目的や会場の広さも考えながら選ぶ必要があります。とは言っても頭の中だけでは具体的なイメージがなかなか浮かびませんので、とりあえず花屋さんを訪ねてみてください。

たくさんの花達を眺めていると自分なりの素敵なアイデアが浮かんでくると思いますよ。スタンド花を贈る機会はそうめったにありません。じっくり選んで心のこもったスタンド花を贈ってくださいね。

 

まとめ

スタンド花の選び方☆シーンに合った5種類のお祝い花

・お店の開店祝いに「おめでとう!」の気持ちをこめて
・開店祝いの店内に置くスタンド花
・個性が大切!公演祝いのスタンド花
・会社の祝賀パーティは胡蝶蘭が定番
・個性が大切!公演祝いのスタンド花