結婚式の二次会で新郎新婦にプレゼントを贈るときの注意点7つ

結婚式の二次会で新郎新婦にプレゼントを贈るときの注意点7つ

友人や同僚の結婚式を挙げる際は、祝儀とは別にプレゼントを贈ることも多いと思います。二人に対するお祝いの気持ちを祝儀だけではなくプレゼントとしても渡す、すばらしいことですね。

貰った二人はプレゼント云々より、その気持ちが嬉しいことでしょう。事前にプレゼントを届ける方法が自然ではありますが、どうしても当日にしか渡せない、どうしても当日に渡したい、そのような場合は二次会時に渡すと良いでしょう。

ただ、祝いの席であることも事実。そこにはまた特別なマナーが存在します。下記7点しっかり理解して、マナー違反にならないよう努めましょう。



 

結婚式の二次会で新郎新婦に
プレゼントを贈るときの注意点7つ

 

新生活のスタートに役立つものがオススメ


何かと揃える物の多い新生活のスタートです。新生活で使用するものは基本的に喜ばれます。購入を検討していたものを貰えると有り難く感じるものです。定番の品としては食器類やタオル、新居を飾るインテリア雑貨などがありますね。

ただ、すでに購入済みのものなど、重複は避けるべきでしょう。そのためにも事前の聞き取りなど、ある程度の配慮はしておきましょう。

 

高級品はアリ


新生活に必要なものとして、食器類やキッチン用品は相応しいですが、高級品もアリです。例えば、高級食器や漆器などの贅沢品(ぜいたくひん)はなかなか自分たちでは購入しないものです。バスローブなども良いですよ。

また、高級品は長く使えるものが多いですし、贈り物としては最適と言えますね。

 

グループ購入もアリ


「予算の都合上、あまり高価な物は贈れないな…」その様な方も大丈夫です。贈答品は皆で予算を出し合って購入しても問題ないのです。

グループならば、少し高価な家電なども贈れるようになりますしね。

他にも、「あまり、高級品を贈っても気を使うだろうし…」と考えている方でも、グループで予算を出し合ったとなれば、相手も大きく気を使うことはないでしょう。何より多くの方から祝福されていることが実感できる、グループでのプレゼントは大変嬉しいものですよ。

 

ペア商品はオススメ


二人おそろいのペア商品は大変オススメですよ。割り切れるものは忌避する文化もありますが、2(ペア)と8(末広がり)は問題ありません。

ペアのワイングラスやカップなどは定番の贈り物ですし、喜ばれる贈り物の代表ですよ。

 

贈ってはいけないものもある


少し先述もしましたが、日本は言霊信仰のある国でもあり、多方面で験を担ぐ習慣があります。よって割り切れる数字や、「切れる」「壊れる」などの言葉を連想させるものは避けるべきです。

具体的には、はさみ、ナイフ、包丁、ガラスなどです。ただ、包丁については未来を切り開くというポジティブな意味もありますし、高級包丁を希望される人もいることから問題ないとされています。他にも食器は割れますが、幸せが増える、と好意的に捉える習慣もあります。

一度、両人に気にするかどうか確認を取るのがベターだと思います。

 

相場を理解する


大体の相場は友人であれば10,000~20,000円程度とされています。親族の場合は20,000~30,000円程度が目安です。

祝儀とプレゼント、両方贈る際は少し祝儀の金額を下げても構いません。これ以上高くなると相手も気を使うでしょうから、注意しておきましょう。

 

適切な渡すタイミングを知る


プレゼントを渡す本当の適切なタイミングは招待状を貰ってから、結婚式の1週間前までです。当日貰っても、荷物が増えるので、両人も気持ちは嬉しいけど、荷物の扱いに困ることが多いのです。

郵送や宅配便で送る際は、大安の日を選ぶといいでしょう。直接渡す場合も、可能ならば大安の日にすると縁起も良く喜ばれます。目上の方の場合は、挙式の前の吉日の午前中に持参するのが正式ですので、失礼がないよう覚えておくといいでしょう。

 

如何でしょうか。

色々と注意すべきことがありますね。ただ、本当に大切なのは気持ちです。人は論理的なようで、実は感情で動く生き物です。本当に大切なのは「こころ」であること頭に入れておいて損はありません。

細かい注意点や守るべきルールはありますが、実際友人や親族からは何を貰っても嬉しいと思いますよ。

なお、やはりプレゼントを贈る日は「事前に贈る」がベストだと言えます。本当にやむえない状況である、もしくは当日に渡す意味が大いにある、この場合以外は避けた方がよさそうです。二次会に渡すのはやむにやまれない事情がある時だけと心得ておきましょう。

 

まとめ

結婚式の二次会で新郎新婦にプレゼントを贈るときの注意点7つ

・新生活のスタートに役立つものがオススメ
・高級品はアリ
・グループ購入もアリ
・ペア商品はオススメ
・贈ってはいけないものもある
・相場を理解する
・適切な渡すタイミングを知る