寒がりさんの結婚式の服装、冬でも暖かでお洒落にキマル7つの方法

寒がりさんの結婚式の服装、冬でも暖かでお洒落にキマル7つの方法結婚式は晴れの舞台。招待されたのなら、祝福の想いを込めておしゃれして、華やいだ気持ちで出席したいですね。

オシャレなドレスは意外と薄着なものが多いです。季節の暑い時、寒い時、天候の悪い時などいろいろな条件が起こり得るでしょう。天候については雨具を羽織っていき、靴も現地で履き替えるとしても、季節の暑さ寒さは初めから対策ができるというものです。

これからの寒い季節の結婚式の出席はどのように対策を講じたらよいでしょうか。

[ 続きを読む… ]

のし袋の書き方、世間知らずでは済まされない!マナー違反7つ

のし袋の書き方、世間知らずでは済まされない!マナー違反7つのし袋とは慶事などのお祝いを包む袋のことで、簡略化された印刷のものが出回っていますが、元来、のしとは アワビをほして伸ばして乾燥した貴重なもので古来から縁起物として神社に奉納されたり、結納品として束ね熨斗(のし)が用いられたりしてきました。
縁起物の「のし」をつけたのし袋。袋を結く水引とともに、印刷物から細工ものまでいろいろありますが、おめでたいときに使うものだけあって、使用上注意する点があります。

[ 続きを読む… ]

結婚式の招待状、宛名書きで注意する7つのこと

結婚式の招待状、宛名書きで注意する7つのこと結婚式をプロデュースする。なんとも嬉しい楽しい気分です。できれば少しでも多く自分たちの結婚式を手作りしたいですね。

プロに頼めばそれはそつなくできることでしょう。しかし、ちょっと不格好であっても自分たちらしさが現れていたらそれはそれでいい結婚式になるのではないでしょうか。例えばひとつだけでも。ブーケを手作りするとか、ウェディングケーキを作るとか、出席していただいた人にクッキーを焼いて手渡ししたり、最後にひとりひとりにお礼状をかいて渡したりなど。

比較的に当日に負担のかからない招待状の宛名書きをして発送してみるのはいかがですか?

[ 続きを読む… ]

新郎の貴方が結婚式の余興を誰かに頼む時に注意する7つのこと

新郎の貴方が結婚式の余興を誰かに頼む時に注意する7つのこと結婚式を盛り上げるのに欠かせないのが友人による余興です。結婚式に参加すると、どの余興も工夫を凝らしていて新郎新婦、来賓を楽しませてくれます。

そんな楽しく盛り上がる余興を友人らに依頼する場合に気持ちよく引き受けてもらえるようお願いするにはどうすればよいのでしょうか。新郎が結婚式の余興をお願いする場合に注意することを7つご紹介したいと思います。

[ 続きを読む… ]

上司へのプレゼント、こうすると喜ばれる!7つのシチュエーション

上司へのプレゼント、こうすると喜ばれる!7つのシチュエーション

日ごろ、公私共にお世話になっている上司には、チャンスがあれば感謝の意を表したいものですね。ただ、なかなかタイミングを計るのは難しいものです。突然、何もない日に渡しても、貰った方も困ります。そこで、今回は各シチュエーション別に分けてご説明したいと思います。どれも贈り物をするには絶妙の機会を選択していますので、ご参考になることは間違いありません。

これを極めればあなたの評価もうなぎ昇り…ではなく、日ごろの感謝を上司にしっかり伝えることができますよ。
では、順にみていきましょう。

[ 続きを読む… ]