知らないと恥をかく?!場合別にみる、お布施の相場7パターン

知らないと恥をかく?!場合別にみる、お布施の相場7パターン
一般に「お布施」というと葬式や法事の時にお坊さんに渡す謝礼、というふうに理解されていますが本来のお布施には少し違った意味も含まれています。

人々に仏の教えを説く、仏に向かって読経し法文を唱える、人々の恐怖心を取り払う、などもお布施、僧侶などに金品を施すことももちろんお布施です。これらを各個人が可能な範囲で施すことが本来のお布施です。

とは言っても仏教に深く帰依している人はともかく、一般の人にとってお布施と言えば僧侶に金品を渡すことですね。また、お布施を「僧侶の労働に対する報酬」のようなとらえ方をしている人も多いようですが、読経によって「仏法の教え」を拝聴したことへの感謝の気持ちを表すものがお布施なんですね。

さて、冠婚葬祭は人生の一大行事で、結婚式はともかく(?)葬式や法事は一生に一回ずつしかありません。後々の事は遺族に任せるしかないのですが、やはり気になるのは諸々の費用ですね。葬儀費用は見当がつくもののお布施の相場ってどれくらいのものなんでしょうか。僧侶や寺にはなんとなく聞きにくいと感じる人も多く、案外知らないものです。いざというときに特に金額相場などの思い込みで恥をかかないよう予習しておきましょう。

はたして恥をかかないようなお布施の相場とは?

[ 続きを読む… ]

結婚式のご祝儀、いくら包めばいいの?に答えます!7パターンの一般価格

結婚式のご祝儀、いくら包めばいいの?に答えます!7パターンの一般価格

結婚式にお呼ばれしたはいいけれど、いくら包めば良いのかわからない。そんな悩みを周りからよく耳にします。私自身も正直よくわかりませんでしたが、一時期の結婚式ラッシュを乗り切るために、親や友人、同僚に確認したり、インターネットで検索したりしてようやくご祝儀の相場観を覚えたものです。今回はそんな悩みを解決するべく、ご祝儀をいくら包めばいいのかを7パターン紹介します。

[ 続きを読む… ]

誕生日のメッセージで大切な人をめちゃくちゃ感動させる7つの方法

誕生日のメッセージで大切な人をめちゃくちゃ感動させる7つの方法
誕生日のメッセージで、大切な人を感動させたい喜ばせたい!そう思っても、実際に何をすれば?と考えてしまいますよね。女性と男性では喜ぶ誕生日のお祝いのポイントも変わってきます。

女性はたくさんの花束をプレゼントされたり夜景が見えるレストランでディナーを楽しむといったように、ロマンチックな演出を期待しますね。対して男性の場合、ロマンチックな演出よりも「彼女がどれだけ自分の為に頑張ってくれたか」ということを期待しているのではないでしょうか?

自分がこうしてあげたいというよりは、相手の合わせたお祝いの方法を考えてあげることが重要です。ここでは相手を感動させるための7つの誕生日メッセージの伝え方についてご紹介させていただきます。

[ 続きを読む… ]

結婚式の持ち物、「失敗した…!」と思わない為の7つのポイント

結婚式の持ち物、「失敗した…!」と思わない為の7つのポイン
結婚式といえば一生に一度の晴れ舞台、と昔は言ったものですが最近では二度・三度の晴れ舞台を迎える人も多くなってきたようです。とはいえ人生の大切なセレモニーであることは間違いありません。結婚式に呼ばれたらそそうなく式を見守ることが大切ですね。そんな時に大きな忘れ物をしようものなら一生ダメ出しされるかも。

結婚式では服装には気を使う半面、持ち物に対しては注意がおろそかになりがちです。結婚式ではお酒を飲みますし、引き出物を持ったままの移動も大変で、二次会や三次会まで参加しますと帰宅時間も遅くなりがちなので必要最小限の持ち物の方が楽です。

男性であれば持ち物は祝儀袋の他に財布・携帯程度で結婚式に参加することもできますが女性は色々と準備が必要です。

結婚式の持ち物、大体想像つくわ、で済ませて結婚式場で恥をかく前にもう一度再確認してみてはいかがでしょう?

[ 続きを読む… ]

結婚祝いのメッセージで喜ばれる為の7つの方法

結婚祝いのメッセージで喜ばれる為の7つの方法

基本的には、一生に一度の一大イベントである結婚式、自身に関連のある人間の結婚式なら、当然すばらしい式にしたいものですね。

さて、そのようなときに大切なになるのが祝福の言葉。素敵なメッセージカードを添えて、友人や親戚、同僚や先輩に、結婚祝いを贈りたいものですね。今回はその時の参考になるサンプルを集めましたので参考になさってください。当サンプルを使用すれば、お祝いのギフトがよりいっそう映えるメッセージカードが完成することは間違いありませんよ。

[ 続きを読む… ]