バルーン電報を卒園式に贈ってめちゃめちゃ喜ばれる7つの方法

バルーン電報を卒園式に贈ってめちゃめちゃ喜ばれる7つの方法

卒園式の日、園児の保護者から卒園する園児たちへ、あるいは退官された幼稚園の先生から元教え子達へ電報を送る場合があります。

また、卒園式の会場や園の教室を花で飾るという場合も多くみられます。そのような通常の電報や花にかわって、バルーン電報はいかがでしょうか。

バルーン電報は、お祝いメッセージとバルーンを届けてくれます。ふつうの電報に比べ、さらに華やかに、印象的に届けることができます。

何よりも子ども達はバルーンが大好きです。そのバルーン電報を卒園式に贈って、大切な子ども達の卒園式を、さらに華やかで思い出に残るイベントにしてみてはいかがでしょう。

今日は「バルーン電報を卒園式に贈ってめちゃめちゃ喜ばれる7つの方法」をご紹介します。

[ 続きを読む… ]

梨花の結婚式を参考に…テーブル装花を超素敵にする7つのコツ☆

梨花の結婚式を参考に…テーブル装花を超素敵にする7つのコツ☆

結婚式は、ある程度形式に沿って執り行われるケースがほとんどですよね。自分らしさや自分たちの個性を出せる所って・・・ドレスやタキシード、ヘアメイクなど限られた所になっていました。

でも、モデルの梨花さんが挙げた結婚式で、会場やテーブルの装花がかわいい!と口コミで広がり、最近では梨花さんの装花や会場演出を真似する新郎新婦も多くなっています。

特に装花は、生花だけでなくいろいろな小物を使って、オリジナル感を出せたり、結婚式そのものの雰囲気を演出出来るキーアイテムになりますね。

これいいなぁ、これかわいいなぁ、と雑誌を見て思っていても、さてどこをどうしたら、自分の結婚式にも取り入れられるの?と頭を悩ませる新郎新婦もいらっしゃいますよね。

そんなみなさんに、すぐにでも参考に出来るテーブル装花を超素敵にする7つのコツをお教えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式のスピーチのお礼を失礼なく渡す為の7つのポイント

結婚式のスピーチのお礼を失礼なく渡す為の7つのポイント
新郎新婦がどのような道を歩んでその日を迎えたのか、招待客みんなが感じ取ることができる結婚式のスピーチは、ほとんどすべてのカップルが披露宴に取り入れている演出です。

さて、いざスピーチを知人に依頼するにあたって気になるのが、お礼についてです。貴重な時間を割いてスピーチを考え、暗記し…とかなり手間がかかりますから、その感謝の気持ちを形にしてお渡ししたいもの。

しかし、いざお礼を渡すとなると「結構です」「いやいや、気持ちだけでも」と居酒屋で支払いをするサラリーマンのようになってしまう場合も少なくありません。目上の方にスピーチを依頼すると、ますますその傾向が…。

というわけで、今回は「結婚式のスピーチのお礼を失礼なく渡す為の7つのポイント」をご紹介します。ゲストのことを第一に考えたい、というカップル必見です!

[ 続きを読む… ]

2歳児の育児に悩むママを笑顔に☆しつけを楽にする7つの考え方

2歳児の育児に悩むママを笑顔に☆しつけを楽にする7つの考え方
「魔の2歳児」や「第一次反抗期」そう呼ばれることがあるのが2歳という時期。この時期の我が子に手を焼くご両親も多いことでしょう。

天使だったお子さんが小悪魔に変わり、どうしたら良いか分からなくなるママが多くなるのもこの時期です。

ママとしての試練!!と言ってしまえれば楽なのですが、それでは何の解決にもなりませんし、2歳児を持つママからしてみたら「誰か助けて~!!」と言いたくなる状況でしょう。

そこで今日は、2歳児のしつけを楽にする7つの考え方を紹介します!1歳から3歳までの子供の脳は、スポンジのように吸収していきますから、この時期はとっても大切。

「少しでも楽にどう過ごすか」をキーポイントに考え方のヒントを書いていきます。ぜひ参考にされて下さいね。ママの笑顔で、お子さんもハッピーになる毎日を過ごしましょう!

[ 続きを読む… ]

喪主の挨拶、場面別に使える7つの文例

喪主の挨拶、場面別に使える7つの文例
自分にとって身近な方が亡くなり喪主を務めるということは、人生の中で何度も経験するものではありません。そして、一連の喪主の仕事の中で喪主の方が特に頭を悩ませるのが、喪主の挨拶をどうするかです。

喪主の挨拶は、葬儀に参列いただいたお礼と、生前故人がお世話になったことへの感謝の気持ちをお伝えする重要な意味を持っており、その上で無駄なく簡潔であることが求められます。

とはいえ、葬儀の準備の合間を縫ってそういった挨拶を一から考えることは、とても容易なことではありませんね。

そこで、本記事では喪主の挨拶の文例をご紹介します。喪主の立場や場面に応じて使っていただけるように、7つ用意いたしました。

喪主を務めることになった方は、本記事の文例を参考にしてみてください。本記事が、喪主の方の負担を少しでも減らす一助となれば幸いです。

[ 続きを読む… ]