【お悔み状のマナー】偲ぶ思いを伝えるために必要なこと

【お悔み状のマナー】偲ぶ思いを伝えるために必要なこと

訃報は、本当に突然に飛び込んでくるものですよね。

予め予定がわかっている法事や慶事とはちがって、仕事がどうしても都合がつかなかったり、旅行中であったり、故人とのお通夜や葬儀にどうしても列席できない・・・ということも、多くありますね。

そんな時には、自分の弔意を表すために「お悔やみ状」という書状を書いて、遺族にお悔やみの気持ちを伝えます。
でも、お悔やみ状を書くのにもマナーがあるって知っていますか?

ただただ気持ちを一方的に伝えるだけでなく、遺族の気持ちを考え、慰めるためにはいったいどういうお悔やみ状を書いたらいいのでしょう。

故人が亡くなり辛い思いをしている遺族を嫌な気持ちにさせたり、更に悲しい気持ちにさせてしまっては、お悔やみ状を送っても本末転倒になってしまいます。

そんなことにならないための、お悔やみ状を書くときのマナーをお教えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式の親族の服装チェック☆気になるポイントを紹介

結婚式の親族の服装チェック☆気になるポイントを紹介

結婚式で親族の服装って気になりませんか?実は新郎新婦との関係性によって正しい結婚式の親族の服装というものがあるのです。

両親はもちろん新郎新婦の兄弟姉妹、親戚までそれぞれの立場で、マナーに沿ったファッションで望めれば、親族からの株も上がるでしょう。

新郎新婦との関係性だけではなく、出席する人の年齢や既婚・未婚などの状況によっても、ファッションマナーは少しずつ変わってきます。おしゃれでありながら、マナーを守った節度ある服装で出席したいものですよね。

今回紹介するのは親族の服装チェックポイントです。主役は言うまでもなく新郎新婦ですが、周りからは親族の服装ももちろん見られています。いざという時、身内の結婚式で恥をかかないために、きちんと覚えておきましょう。

[ 続きを読む… ]

結婚式での乾杯、挨拶で使える☆7つの基本例文

結婚式での乾杯、挨拶で使える☆7つの基本例文

結婚式の乾杯の挨拶、頼まれましたか?上司や同僚、ご友人という立場で、何を話そうかお悩みではないですか?

今日は「結婚式の乾杯の挨拶、7つの基本例文」のご紹介です。挨拶順に例文を紹介していきますから、作成時のヒントにして下さい。組み合わせて作れば、何通りもの挨拶が出来上がりますよ。

ご自身の持つ新郎新婦との思い出を加えれば、あなたのオリジナル挨拶の出来上がりです!立場や年齢に合わせて、話しやすい内容の挨拶を作ってくださいね。あまり短いとお祝いの気持ちが感じられず、また長いと場の雰囲気が崩れてしまいますから、1分程度に纏めて挨拶にしましょう。

スマートで簡潔、ゲスト全員も一緒に乾杯出来る、そんな素敵な挨拶に仕上げて下さい。

[ 続きを読む… ]

結婚式の余興で、皆で楽しめるものとは

結婚式の余興で、皆で楽しめるものとは

結婚式の余興をお願いされたら何がおすすめなのでしょうか?どんなことをすれば良いのかととても悩みます。結婚式の余興というのは新郎新婦に一番喜んでもらえるものを選びたいものです。

どちらにしろ、新郎新婦に余興を頼まれるという事は、あなた自身が人望があり、しっかりとこなす度量があると認められているから。もしも余興を頼まれたなら、自分のキャラクターを上手に生かすと盛り上げやすくなります。例えば、友人・知人が多くリーダーシップが取れるタイプならば、大勢で挑むと怖くないでしょう。

とは言え、余興といえど役割としては大切です。その場の雰囲気をいかに盛り上げられるかが余興の良し悪しにかかっています。今回は、そんな余興で大成功をした体験談をご紹介しましょう!

[ 続きを読む… ]

ハーフアップで結婚式に参加しよう☆お薦め7つのアレンジ

ハーフアップで結婚式に参加しよう☆お薦め7つのアレンジ

女性に大人気のまとめ髪、ハーフアップですが、可愛らしいハーフアップもいろいろなアレンジを加えれば結婚式にもピッタリのヘアスタイルになりますね。

首もとをすっきり見せて、トップにボリュームを持たせる基本スタイルは、背を高く、顔も小顔に見せてくれる効果があるんです。

着るドレスに合わせて大人っぽくも、ガーリーにもすることが出来るので、万能のヘアスタイルといえるでしょう!でも、そんな大人気のハーフアップスタイルも、いったいどんなアレンジをしたら華やかで結婚式に向いているものにアレンジが出来るのか・・・悩んでしまいますね。

結婚式に列席している年配の方や同世代の友人にも「かわいい!」と思ってもらえる愛されハーフアップスタイルには、どのようなアレンジをしたらいいのでしょう。

そのオススメのアレンジを7つご紹介します!

[ 続きを読む… ]