葬儀香典の金額。失礼のないケース別相場、7つの基礎知識

葬儀香典の金額。失礼のないケース別相場、7つの基礎知識

訃報の知らせは突然やってきます。そういう時、葬儀香典の金額はいくらにしようか迷う場合がありますね。「葬儀香典の金額はいくらにするの?」ってなかなか人にも聞きづらいものです。葬儀香典とは、線香や抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるものです。現金を不祝儀用ののし袋に包んだもののことを言います。訃報の知らせを受けたら、通夜か葬儀のいずれかに香典を持参します。

もし通夜の時に香典を持参した時は、葬儀では記帳のみを行えば良いです。葬儀または通夜のどちらにも参列できない場合や、勤務先など仕事関係者の場合は弔電を打つといいですね。弔電の宛先は喪主もしくは「故○○様ご遺族様」にして、宛先の名前はフルネームにします。弔電は友引でも送って構いません。葬儀香典は別途、現金書留などで送るようにします。

葬儀香典を送るにはいろいろなケースが考えられます。相手の方に失礼のない葬儀香典の金額にしたいですね。それでは葬儀香典の金額で、失礼のないようなケース別の相場について紹介します。

[ 続きを読む… ]

結婚式のご祝儀相場はいくら?相手や立場で違うお祝い金額

結婚式のご祝儀相場はいくら?相手や立場で違うお祝い金額

結婚式に出席するとなると、ご祝儀の相場はいくらくらいなのか気になりますね。ご祝儀の相場は結婚式場の格式や、相手との関係、立場、年齢によっても違います。また地域の慣わしによっても違ってくる場合があります。大切なのはお祝いしたいという気持ちですね。ご祝儀の相場が分からず金額で迷った場合は、同じ結婚式に呼ばれている親しいゲストに聞いてみるのもいいでしょう。

また結婚式のご祝儀の相場は時代によっても変わってきました。昔は偶数は割り切れてしまう為、縁起が悪いと考えられてきました。しかし最近では2=夫婦、ペアと考えて、2万円を包むことも珍しくありません。縁起を担いで偶数を気にされる新郎新婦もいるので、2万円の場合は、1万円札と5千円札2枚を入れて枚数を奇数にしても良いですね。結婚式の招待状をいただいたけれど、当日に予定が入っていて欠席しなくてはならない場合もありますね。

そういう場合のご祝儀の相場も気になります。友人の結婚式の場合、相場はだいたい3万円ですから、料理分を差し引いた1万円前後のお祝いの品を贈れば良いでしょう。それでは新郎新婦との間柄で違ってくる結婚式のご祝儀の相場について説明します。

[ 続きを読む… ]

葬儀香典、いくら包む?わかりやすい不祝儀の基本マナー

葬儀香典、いくら包む?わかりやすい不祝儀の基本マナー

葬儀香典とは相手の霊前に供えるもので現金を不祝儀用の、のし袋に包んだものです。葬儀香典は通夜、告別式の際に持参します。葬儀香典の袋や表書きに記述する内容は、相手の宗教によって変化します。例えば仏教や神教によっても変化します。香の字を使用するのは、線香の代わりに死者の霊前に供えるという意味があるからです。

また典の字を使用するのは、死者の霊前に供える金品という意味があるからです。ところで葬儀香典はいくら包むのが適切か、ご存知でしょうか?相手との関係性、あなたの年齢等によって、いくら包むのかは変化します。ここでは、葬儀香典についていくら包めば良いかについてご紹介します。また、不祝儀の基本マナーについてもお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式の服装マナー☆親族として参加のためのドレスコーデ

結婚式の服装マナー☆親族として参加のためのドレスコーデ

結婚式の服装のマナーに関しては親族として参加する際にはいつも以上に悩んでしまったりしませんか。結婚式にお呼ばれしたとき、女性ならまず最初に考えるのが服装についてではないでしょうか。

和装にしようか、洋装にしようかから始まり、アクセサリーは、バックは、はたまたドレスの色やデザインはと迷ってしまいますよね。特に親族として結婚式に参加する場合の服装は、主役である新郎新婦に恥ずかしい思いをさせるわけにはいきませんし、他のゲストの方々に親族として失礼のないようにしたいもの。

ここでは、結婚式の服装マナーのうち親族として参加する際にしぼり6つのポイントに分けてまとめてみました。読み終わった後で、「結婚式に何を着ていこうかしら・・・面倒だわ・・・」という気持ちが「どんなお洒落をしていこうかしら」と服装選びを楽しめる気持ちになっていただけること間違い無しです。

[ 続きを読む… ]

葬儀の基本的な流れ。もしもの時に知っておきたい基礎知識

葬儀の基本的な流れ。もしもの時に知っておきたい基礎知識

家族や知人の訃報を知ると、悲しみに打ちひしがれとても辛い状況に置かれます。でも辛いながらも人が亡くなると葬儀を行わなければなりません。葬儀には流れがあり、基本的な知識を持っていると、もしもの時に役立ちます。葬儀はそんなに頻繁に行われるものではないので、流れが分からないことも多いですね。葬儀というと一般的に通夜から葬式・告別式のことを思い浮かべるでしょう。

しかし遺族にとっては大切な人が亡くなった時からが葬儀と言えます。最近は病院で最期を迎える方が多く、病院で医師によってご臨終・死亡を告げられます。そこで医師に死亡診断書を書いてもらいます。御遺体は病室から霊安室に移され、病院が搬送を行うのは霊安室までです。この時までに葬儀社を決めておくと良いでしょう。御遺体を病院から自宅などに搬送する時に、死亡診断書の携行が義務付けられています。

亡くなって7日以内に死亡届を出さなければなりませんが、その時にも死亡診断書が必要です。また、保険金や遺族年金の請求にも死亡届が必要になりますので、2通書いてもらうと良いでしょう。このように大切な人が亡くなるといろいろな葬儀の手続き上の流れもあります。また、日本の葬儀は仏式が多いので一般的な葬儀の基本的な流れをお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]