お悔みの手紙での書き方マナーを完璧にする7つのポイント

お悔みの手紙での書き方マナーを完璧にする7つのポイント

あなたはお悔やみの手紙を出したことはありますか?年齢を重ねるごとに、冠婚葬祭に出席する機会は増えていきます。

弔問に参列出来なかった場合に限らず、後日喪中ハガキなどを通して知った場合でも、日頃親しくしている人ならば、ぜひお悔やみの手紙を送りたいところです。とは言え、さまざまなメッセージの中でも、お悔やみの手紙は最も気遣いが必要な繊細なものですよね。

また、お祝いの席とは違い、訃報は突然訪れます。訃報を受け取ったにもかかわらず、どうしても都合がつかずに、弔問出来ない場面もあるでしょう。そんな時には弔意を遺族の方に伝えるため、お悔やみの手紙を書きましょう。

お悔やみの手紙を書くためには、正しいマナーを知って書く必要があります。マナー違反はあなたの評価を下げるだけではなく、遺族の方を深く傷つけてしまいます。

突然の訃報に慌てないためにも、大人のマナーとしてお悔やみの手紙の書き方は知っておきたいものですね。そこで今回はお悔やみの手紙の書き方や、守るべきマナーを7つのポイントに分けてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

礼儀ある会話とは☆慶事の席での振る舞いタブー集

礼儀ある会話とは☆慶事の席での振る舞いタブー集

結婚式などの慶事では、大人としての礼儀やルールがあります。特に幅広い年齢層が出席し、挙式や食事をしながらの披露宴では、立ち振る舞いにタブーも多いでしょう。普段の生活ではあまり必要性を感じないかもしれませんが、ちょっとした知識を持っているだけで恥をかかずに済むことがあります。

服装やヘアスタイルが完璧でも、肝心の立ち振る舞いがマナーに反していたら台無しです。自分でも気付かないうちに、周りに不快な思いをさせてしまわないよう、最低限のマナーを身につける必要がありますね。

また、礼儀作法は当日のみならず、招待状を受け取った時から様々な心遣いとマナーが見え隠れします。出欠の返信は2、3日以内にはお返しするのも礼儀のひとつですし、黒のペン、できれば筆やインクペンを利用すると、礼儀があり美しい返信になるでしょう。

そこで今回は、ゲストとして恥ずかしくない基本的なマナーと、いまさら人に聞けない慶事の席でのタブーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式の欠席、お断りマナーとひと言添えるメッセージ

結婚式の欠席、お断りマナーとひと言添えるメッセージ

結婚式を欠席するのは、とても申し訳なく思うものですね。何とか調整したいけれど仕事や所要で、どうしてもはずせないこともあるでしょう。そんな時、みなさんはどのようにフォローしているでしょうか?少しの気遣いで新郎新婦の印象も大きく変わります。

まず、招待状が届いた時点で結婚式を欠席することが確定している場合、その旨を新郎新婦に伝えることが大切です。ただし結婚式の欠席がわかっていても、招待状が届いてすぐに返信をするのは失礼にあたります。

結婚式の欠席する旨を伝えた後、ただ欠席に○をつけて返信するのではなく、一言添えて失礼のないように返信するのが大人のマナーです。それでは結婚式の欠席の時の、返信の書き方と一言添えるメッセージの注意点やマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お悔やみ用電報の文例。誠意が伝わる失礼のないメッセージ

お悔やみ用電報の文例。誠意が伝わる失礼のないメッセージ

今回は、お悔やみ電報の文例をお伝えします。お悔やみ電報(弔電)とは故人の訃報をうけた場合、本人の病気やどうしてもやむを得ない状況で通夜・告別式に参列できない場合に送る電報のことです。ただ電報を送るといっても、送り方やタイミングが決まっています。この電報はいわば参列できない自分の代理のような存在ですので、速やかに、ルールやマナーに沿って送らなければなりません。

さらに、悲しみにくれるご遺族へのいたわりや慰めの手紙といってもよいでしょう。誰もが予期せぬ訃報を聞いた場合混乱してしまったり、動揺してしまいますよね。そのような場合少しでもお役に立てれば幸いです。では9つのテンプレートから見ていきましょう。

[ 続きを読む… ]

葬儀香典の金額。失礼のないケース別相場、7つの基礎知識

葬儀香典の金額。失礼のないケース別相場、7つの基礎知識

訃報の知らせは突然やってきます。そういう時、葬儀香典の金額はいくらにしようか迷う場合がありますね。「葬儀香典の金額はいくらにするの?」ってなかなか人にも聞きづらいものです。葬儀香典とは、線香や抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるものです。現金を不祝儀用ののし袋に包んだもののことを言います。訃報の知らせを受けたら、通夜か葬儀のいずれかに香典を持参します。

もし通夜の時に香典を持参した時は、葬儀では記帳のみを行えば良いです。葬儀または通夜のどちらにも参列できない場合や、勤務先など仕事関係者の場合は弔電を打つといいですね。弔電の宛先は喪主もしくは「故○○様ご遺族様」にして、宛先の名前はフルネームにします。弔電は友引でも送って構いません。葬儀香典は別途、現金書留などで送るようにします。

葬儀香典を送るにはいろいろなケースが考えられます。相手の方に失礼のない葬儀香典の金額にしたいですね。それでは葬儀香典の金額で、失礼のないようなケース別の相場について紹介します。

[ 続きを読む… ]