結婚式のご祝儀、いくら包めばいいの?に答えます!7パターンの一般価格

結婚式のご祝儀、いくら包めばいいの?に答えます!7パターンの一般価格

結婚式にお呼ばれしたはいいけれど、いくら包めば良いのかわからない。そんな悩みを周りからよく耳にします。私自身も正直よくわかりませんでしたが、一時期の結婚式ラッシュを乗り切るために、親や友人、同僚に確認したり、インターネットで検索したりしてようやくご祝儀の相場観を覚えたものです。今回はそんな悩みを解決するべく、ご祝儀をいくら包めばいいのかを7パターン紹介します。

[ →続きを読む… ]

誕生日のメッセージで大切な人をめちゃくちゃ感動させる7つの方法

誕生日のメッセージで大切な人をめちゃくちゃ感動させる7つの方法
誕生日のメッセージで、大切な人を感動させたい喜ばせたい!そう思っても、実際に何をすれば?と考えてしまいますよね。女性と男性では喜ぶ誕生日のお祝いのポイントも変わってきます。

女性はたくさんの花束をプレゼントされたり夜景が見えるレストランでディナーを楽しむといったように、ロマンチックな演出を期待しますね。対して男性の場合、ロマンチックな演出よりも「彼女がどれだけ自分の為に頑張ってくれたか」ということを期待しているのではないでしょうか?

自分がこうしてあげたいというよりは、相手の合わせたお祝いの方法を考えてあげることが重要です。ここでは相手を感動させるための7つの誕生日メッセージの伝え方についてご紹介させていただきます。

[ →続きを読む… ]

結婚式の持ち物、「失敗した…!」と思わない為の7つのポイント

結婚式の持ち物、「失敗した…!」と思わない為の7つのポイン
結婚式といえば一生に一度の晴れ舞台、と昔は言ったものですが最近では二度・三度の晴れ舞台を迎える人も多くなってきたようです。とはいえ人生の大切なセレモニーであることは間違いありません。結婚式に呼ばれたらそそうなく式を見守ることが大切ですね。そんな時に大きな忘れ物をしようものなら一生ダメ出しされるかも。

結婚式では服装には気を使う半面、持ち物に対しては注意がおろそかになりがちです。結婚式ではお酒を飲みますし、引き出物を持ったままの移動も大変で、二次会や三次会まで参加しますと帰宅時間も遅くなりがちなので必要最小限の持ち物の方が楽です。

男性であれば持ち物は祝儀袋の他に財布・携帯程度で結婚式に参加することもできますが女性は色々と準備が必要です。

結婚式の持ち物、大体想像つくわ、で済ませて結婚式場で恥をかく前にもう一度再確認してみてはいかがでしょう?

[ →続きを読む… ]

結婚祝いのメッセージで喜ばれる為の7つの方法

結婚祝いのメッセージで喜ばれる為の7つの方法

基本的には、一生に一度の一大イベントである結婚式、自身に関連のある人間の結婚式なら、当然すばらしい式にしたいものですね。

さて、そのようなときに大切なになるのが祝福の言葉。素敵なメッセージカードを添えて、友人や親戚、同僚や先輩に、結婚祝いを贈りたいものですね。今回はその時の参考になるサンプルを集めましたので参考になさってください。当サンプルを使用すれば、お祝いのギフトがよりいっそう映えるメッセージカードが完成することは間違いありませんよ。

[ →続きを読む… ]

米寿のプレゼントを上手に選ぶための7つのポイント

米寿のプレゼントを上手に選ぶための7つのポイント
米寿を迎えられた方へのプレゼントは何がふさわしいのでしょうか。
還暦だったら赤いちゃんちゃんこが定番なのは誰でも知っていますが、さすがに米寿となるとに身近にそうそうおられるわけではないのでピンとこないのも無理はありません。そもそもどなたが米寿を迎えられたかによってプレゼントも違ったものになるのでしょうか。両親や祖父母か親戚か、兄や姉の場合もあるでしょうし、恩師など身内ではないがお世話になった人の場合もありますね。一体どんなものをプレゼントするのが適切なんでしょうか?

プレゼントの中身を考える前にまず米寿のお祝いの基本を知っておきましょう。
米寿とは数え88歳、またはそれのお祝い、の事です。88は漢字で書くと八十八となりますがこの3つの漢字を組み合わせると「米」という一字になります。「八」は末広がりで縁起の良い数字ですからこれが2つ並ぶ八十八歳というのはまことにめでたいことで、これを祝って寿ぎましょう、というのが米寿のお祝いです。長寿のお祝いは数え60歳の還暦から始まって、古希・喜寿などと続き、100歳で白寿(上寿)などと呼ばれます。
日本人の平均年齢は平成22年度で男性79.6歳、女性86.4歳です。そのなかでの88歳ですからかなりのご高齢のお祝いだと言えます。一説には江戸時代にはすでに米寿の祝宴が開かれていたといいます。平均年齢が現代よりずっと短い時代の88歳ですから、今の感覚で言えば100歳はゆうに超えている感じではないでしょうか。

ことほどさように米寿とはめでたいものなんですね。ともあれ、お祝いするのは専ら身内の方が多いでしょうから親族目線でのお祝いの仕方を中心に考えてみましょう。

[ →続きを読む… ]