供花を飾る前に。喪主が知っておくべきマナーの基本

供花を飾る前に。喪主が知っておくべきマナーの基本

供花という言葉を初めて聞くという人は多いのではないでしょうか。特に、身内や近しい人が亡くなったという経験がない人は、聞き慣れない言葉かもしれません。けれども供花は故人への真心を示す大切なものです。

供花は葬儀やお通夜の時に、故人の供養のために会場に供えられている花の事で、輪っかの形かごプランターにいけられている形式のものもあり、葬儀に参列できない人や、故人と近しい関係だった人から贈られてきます。しかし、いざ自分が喪主になった時、この供花をどのように飾ればいいか分からない、という人が案外多いのです。

もちろん葬儀屋さんにお任せできる部分もありますが、故人と供花の送り主の関係性を熟知しているのは喪主ですから、供花を飾る時に気をつけるべきマナーを知っておくべきです。

そこで今回は、供花の飾り方に関する基本のマナーを6つ解説します。

[ 続きを読む… ]

プレゼントを彼女に贈る☆女子力の高いおすすめブランド

プレゼントを彼女に贈る☆女子力の高いおすすめブランド

プレゼントを彼女に贈るときに困るのが、男性は女子の好みがわからないということですよね。流行っているからいいと思って買ったプレゼントが、彼女の好みとは全く異なっていたら悲劇です。

彼女には喜んで貰えないばかりか「自分がどういう女性かを、まったく理解していない」と思われてしまうかもしれません。それでは、プレゼントを彼女に贈る時に外さないコツとはなんなのでしょうか。

重要なのは、プレゼントのブランド選びです。ブランド言っても、高級ブランドであればいいというわけではありません。女性に喜ばれるブランドは、女子力の高いブランドなのです。

そこで、デイリーで気軽にあげられるお手頃ブランドから、ここぞという時におすすめのブランドまで、プレゼントを彼女に贈るのに外さないブランドアイテムを6つ解説します。

[ 続きを読む… ]

プレゼントに彼女も感動!スペシャル感満載の7つの品々

プレゼントに彼女も感動!スペシャル感満載の7つの品々

プレゼントを彼女に贈った時に、「嬉しい」とか「ありがとう」など、感謝の気持ちを表す言葉を言われることはよくあるかもしれません。けれども、思わず涙がでるほど彼女が感動してしまった、というケースは少ないのではないでしょうか。

その理由は、誕生日やクリスマス、ホワイトデーなどにはプレゼントを彼女にあげるのが一般的になっているため、いざ、プレゼントをもらっても、サプライズ感や感動にまでは至りにくいためです。しかし、ちょっとした工夫を凝らすだけで彼女を感動させる事は十分に可能です。

そこで今回は、思わずもらったプレゼントに彼女が感動してしまうような、スペシャル感満載の品々や、彼女を感動させるようなプレゼントを渡し方を7つ、解説します。

[ 続きを読む… ]

退職の挨拶タイミング☆転職時に意識したい7つの礼儀

退職の挨拶タイミング☆転職時に意識したい7つの礼儀

転職活動が晴れて実ったら、今度は今の職場に退職願を出し、理由を告げていろいろな人に退職の挨拶をしなけらばなりません。

サッと次の場所へ移ることができればこんなに楽なことはありませんが、やはりここは「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、自分にとっても職場にとってもダメージのないように退職の挨拶をすることが、社会人としての大切な心得となります。

そこで今回は順を追って、転職のために退職の挨拶をする際に意識をしておきたい、7つの礼儀について取り上げます。

退職の挨拶をすると、中にはニコニコと優しく送り出してくれる人だけでなく「どうして辞めるんだ!?」と声を荒げる人もいるかもしれません。あるいはあなたが辞めることを悲しみ、泣いて引き留める人もいるかもしれません。

しかしあくまでもビジネス上の礼儀を意識し、どんな人にも心を込めて退職の挨拶をしたいところ。ぜひ本記事を参考に、円満退社を目指しましょう。

[ 続きを読む… ]

退職の挨拶☆送別会や朝礼、7つのシーン別文例集

退職の挨拶☆送別会や朝礼、7つのシーン別文例集
退職の挨拶は、案外どのようにしたら良いのかと迷う方は多いですよね。2~3人の小さな職場でしたら、ひとりひとりに礼を尽くした退職の挨拶も可能です。けれども、例えばオフィスのフロア全体の朝礼などで退職の挨拶をするケースはどうでしょう。

このような場合には、前もって準備をしていないとなかなか的確な言葉が出てこないもの。さらに取引先やお客様への挨拶文も、文章の組み立て方が難しく感じられます。

そこで今回は、そんな折に役立ちそうな7つのシーン別の文例をご提案します。ポイントから先にお伝えしますと「職場の人々への感謝と、今後の発展を願う言葉」「今後に向けての自分の決意」を盛り込んでおけば、多くの場合は上手く心が伝わります。

「この職場での最後の仕事」と思って、今回の記事を参考に心のこもった挨拶を心がけてください。

[ 続きを読む… ]