結婚式のサプライズ☆一生忘れられない!面白エピソード

結婚式のサプライズ☆一生忘れられない!面白エピソード

結婚式の披露宴でのサプライズは一生に一度のことですから、ゲストも喜んでくれるような楽しいものにしたいですね。結婚式にサプライズを演出すると、ゲストもワクワクして、披露宴に出席して良かったという思いになります。結婚式を挙げた新郎新婦もサプライズがあると、後で心に残って、一生の思い出になりますね。

あなたも結婚式にはありきたりの演出ではなく、個性的なサプライズ演出を行ってみませんか。他の結婚式とは違うあなたらしさを出して、周りの人をワクワクさせたいですよね。最近はサプライズ的な演出が流行っていて、結婚式に自分たちの個性を出している人も多くいます。

ちょっとした一工夫で、ゲストが楽しいと思うようなサプライズ演出ができるんですよ。結婚式のサプライズ演出をすると、ゲストも披露宴の間に飽きることがなく、笑顔に溢れた披露宴になります。やはり新郎新婦もゲストも楽しく、思い出に残る結婚式にしたいですよね。それでは結婚式のサプライズで一生忘れられない面白エピソードをお伝えします。



 

結婚式のサプライズ☆
一生忘れられない!面白エピソード

 

オープニングムービーを上映しよう


結婚式のサプライズとして、新郎新婦入場の前にオープニングムービーを上演するというものがあります。新郎新婦の小さい頃の写真や、出会った頃の写真を組み合わせてムービーにすると良いですね。ムービーは業者に頼んで本格的な物を作るのも良いですが、フリーソフトで自分たちで作る方法もあります。

ゲストにしても新郎新婦のことをより理解することができて、楽しんで新郎新婦入場を待てますね。オープニングムービーから、新郎新婦の披露宴を楽しんでほしい気持ちがゲストに伝わります。

 

ファーストバイトに工夫をしてみよう


今や定番となっているファーストバイトですが、普通はケーキを食べさせる時はスプーンかフォークを使います。新郎からのファーストバイトは「一生食べるものに困らせない」という意味があります。新婦からのファーストバイトは「一生おいしい料理を食べさせてあげる」という意味で微笑ましいですね。

結婚式のサプライズとして、新郎にケーキを食べさせる時にしゃもじを使うという方法があります。招待客も驚いて笑いが起きるし、新郎にもサプライズ演出としてドキドキ感がありますね。スプーンやフォークで食べさせるのではないので、ユーモアがあって印象に残る結婚式になります。

 

楽器演奏をしてみよう


結婚式のサプライズとして、新婦がフルートを演奏して聴かせたというエピソードがあります。新婦は新郎の前でフルートの演奏をしたことがなくて、驚いてほしかったからだそうです。また、両親にも見てほしかったので、新婦がフルートの練習をしておいたそうですよ。

ウェディングドレスで着飾った新婦がフルートや他の得意な楽器を演奏すると、とても華やかで素敵な結婚式のサプライズですね。ゲストも新婦にこんな趣味があったんだと感心して、心に残る結婚式になります。もちろん新郎が楽器を演奏するのもかっこいいですね。

 

隠し芸的な演出をしてみよう


新郎新婦がお色直しの後に再入場することがよくあります。その時に新郎が先に入って来て手品をみんなの前で披露して、最後に新婦を出すというサプライズをしたカップルがいます。結婚式のサプライズとしてはかなりゲストが驚き、喜ばれるでしょう。サプライズとしては難易度が高くて、練習も大変かもしれません。

でもその分、上手にできると結婚式のサプライズとしてかなり盛り上がります。後でゲストの皆さんに、種明かししてほしいと言われるかもしれませんね。

 

ケーキカットを工夫してみよう


結婚式ではケーキカットは定番の演出ですね。ケーキカットの代わりに鯛の塩釜開きをした新郎新婦がいます。結婚式のサプライズとしては意外性があって、印象に残りやすいですね。和装の披露宴で行ったので、雰囲気が鯛の塩釜開きによく合っていた様子です。鯛はその後食事に出すことができます。

ゲストも幸せをお裾分けしてもらったような気持ちになり、楽しい結婚式のサプライズですね。和風の結婚式を考えている人にはお勧めしたいアイディアです。

 

折鶴シャワーをしてみよう


教会で結婚式を挙げる場合、新郎新婦が出てくる時にお米をシャワーのように降らせるライスシャワーをすることがあります。「実りある生活が送れるように」とか「食べることに困らないように」などの意味があります。ライスシャワーの他に、花びらを巻いてフラワーシャワーをすることもあります。

結婚式のサプライズとして折鶴をライスシャワーのように振りかけるというものがあります。色とりどりの折鶴を巻くととても華やかで日本的な感じになり、心に残る結婚式になります。ゲストも参加できる結婚式のサプライズですね。

 

テーブルを回る時に工夫しよう


新郎新婦がテーブルを回る時に、よくキャンドルサービスをしますね。結婚式のサプライズとして、キャンドルサービスの代わりに一人一人にプチギフトを配るというのが喜ばれます。新郎新婦はいつも高砂に座っていて、ゲストの方から近づくタイミングを探すのは難しいものです。

新郎新婦の方からテーブルの方に来てくれると、近くで見られるし一緒に写真を撮ったりできて好評です。プチギフトを配るという結婚式のサプライズは、新婦のドレスやネイルも近くで見られるのでゲストに喜ばれます。

 

いかがでしたでしょうか。

結婚式のサプライズで一生忘れられない面白エピソードをお伝えしました。ゲストの側の気持ちになると、面白いサプライズが考えられるでしょう。結婚式は一生に一度のことなので、心を込めて楽しいサプライズを考えると良いですね。

他にも席札に新郎新婦からのメッセージを書いたり、新郎新婦が小物を手作りしてあるとゲストは感動するようです。結婚式の前は準備に忙しいですが、それでも手作りしてくれたというところにゲストは感激します。また、オープニングムービーも手作りするとなると大変ですが、作ったこと自体が新郎新婦の思い出になります。

結婚式のサプライズは考え始めるところから楽しい思い出になりそうですね。びっくりさせる演出もインパクトが強いですが、それよりも新郎新婦の人柄が出ているサプライズの方が好印象になります。結婚式のサプライズの参考にしてみて下さい。

 

まとめ

結婚式のサプライズで一生忘れられない面白エピソードは

・新郎新婦入場の前にオープニングムービーを上映しましょう
・新郎にしゃもじを使ってファーストバイトをしてみましょう
・新郎か新婦が楽器演奏をして、ゲストに聴いてもらいましょう
・お色直し後の再入場の時に、新郎が手品を披露してみましょう
・ケーキカットの代わりに、鯛の塩釜開きをしてみましょう
・ライスシャワーの代わりに、折鶴シャワーをしてみましょう
・テーブルを回って、ゲスト一人一人にプチギフトを配りましょう