乾杯の挨拶で結婚式参列者をがっかりさせない7つのポイント☆

乾杯の挨拶で結婚式参列者をがっかりさせない7つのポイント☆
結婚式の招待状をいただくと、人生の大きな節目の慶び事に立ち会うことが出来てうれしく思いつつも、さあ、予定はどうだったかな、お祝儀を用意しないといけないな、黒のスーツはクリーニングに出してあったかな、などいろいろ考えてしまいますね。

ましてや自分が会社の上司であったり、親戚の長であったりするとなると、スピーチや乾杯の音頭を頼まれることも多々あるでしょう。

主賓の挨拶の程ではないにしても、乾杯の挨拶となるとやはり、会の前半のことですので、注目を集めそうでなんだか構えてしまいますね。

スピーチとはちょっと違う形でもある、乾杯の挨拶をもし頼まれたら、なにか気を付けなければならない点がありそうですね。どのようなことに注意をしなければいけないのでしょうか。



 

乾杯の挨拶で
結婚式参列者をがっかりさせない7つのポイント☆

 

挨拶は手短に済ませましょう


司会者に、「乾杯のご挨拶をお願いします。」と言って紹介されることが多いでしょうから、結婚式の参列者の方々は、乾杯をするためにグラスをもって立ち上がろうとするかもしれません。

乾杯をしようと待ち構えている人を前にしているのですから長々とスピーチを始めてしまうと、グラスを持ったままでいる招待客からは、待ちくたびれてため息が漏れてきそうになります。

乾杯の挨拶を頼まれた時は通常のスピーチとは違う状況ですので、挨拶は手短にしましょう。

 

スピーチは簡略でも自分らしさを盛り込みましょう。


乾杯の挨拶なのでと、簡潔にすることにばかりに注意を巡らせて、あまりに短いスピーチで、すぐに乾杯をするようでは、いったい乾杯の挨拶は誰だったのだろうと、招待客は不思議に思うことでしょう。

スピーチは簡潔にするとはいっても、自分と新郎新婦との関係は明朗に述べて、短めのスピーチをしてから乾杯の音頭につなげましょう。

せっかく、新郎新婦から乾杯の挨拶の依頼を受けたのですからスピーチは時間としては短くてもなるべく印象に残るスピーチをするとよいでしょう。

 

自分らしいスピーチにするためには。


自分の名前と身分、新郎新婦との関係を名乗ったあとには、新郎新婦と自分とだけの誰も知らなかったようなエピソードや昔の微笑ましい出来事などを披露するなどして、その後の乾杯の音頭へと続くとよいでしょう。

招待客から少し笑いが漏れるようなスピーチすると皆から注目されて場も引き締まり、乾杯も盛り上がり、それなりに自分らしさも出すこともでき乾杯の音頭のご指名を受けただけの人物であったなあと、結婚式の思い出とともに皆の記憶に残るでしょう。

 

明るく張りのある声で挨拶しましょう。


お決まりのご挨拶などは省き、少し和やかなになるようなスピーチをすることと、どちらかというと張りのある声でみんなの注目を集めるようにしましょう。乾杯をしなければ皆、食事を始めることが出来ないのです。

きっと、乾杯の前に主賓の挨拶があったことでしょう。招待客はみな、そろそろ目の前の食事にありつきたいなあと心では思っているはずです。威勢の良い声で場を盛り上げるつもりで明るく乾杯の挨拶をしましょう。

 

一言スピーチをどうしてもしたいのならば。


新郎新婦を前にして、結婚式の参列者にどうしても一言、披露したいという時は、司会者に「それでは乾杯の挨拶をお願いします。」と紹介された後に、自分から先に参列者に向かって「ほんの少々、お時間をください。」と断ってから、スピーチを始めましょう。

参列者はグラスを持ち上げるのをやめて机におろし、しばらく話に耳を傾けてくれることでしょう。それでも乾杯前の挨拶には変わりはないので、場の流れを壊さないようにするためにも短時間で切り上げるとよいでしょう。

 

あわてずゆっくり話しましょう。


手短にスピーチをするといっても早口でまくしたてればいいというわけではありません。時間を気にするあまり、早口になってしまうとマイクを通して聞こえる声はずいぶん聴きづらいものです。

矢継ぎ早に急にあわてて「乾杯!」といわれでもしたら参列者はとっさに対応できずグラスの中身がこぼれてしまうこともあるかもしれません。挨拶はあわてずゆっくりと話し、乾杯の前には一呼吸おいてさらにゆっくりと「乾杯!」と発声しましょう。

 

結婚式にふさわしくない言葉を使わないようにご注意を。


乾杯の音頭は、何人かのスピーチの中でも特に注目を浴びるものです。これが終わらないと食事が始まらないからですね。

注目を集めれば集めるだけ失敗は許されないものです。他の人以上に結婚式にふさわしくない言葉、事柄、態度に気を付けなければなりません。

切れる、分かれる、重ねる、冷める、など日常では何気なく使っている特に意味のない意味合いであってもスピーチでは口にすることの内容に十分気を付けましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

結婚式のスピーチは前もって考えるときは気をもむものですが、いざ終わってしまうと、ほっとします。そんなに大げさなことではなかったと思うことでしょう。

特に場が凍るようなひどいことをしない限り、ちょっとの手違いも宴たけなわになるにつれわからなくなるものです。

結婚式が終わるころには、新郎新婦も親戚の方々もほかの参列者の人たちも、いい式だったねと、にこやかに帰路に就いてくれれば、すべて丸くおさまるというものです。

特にたった一人のミスが命取りなんてことはありませんので、多少の準備はするけれで気楽に構えて結婚式に参列することを楽しみましょう。

 

まとめ

乾杯の挨拶で結婚式参列者をがっかりさせない7つのポイント☆

・挨拶は手短に済ませましょう。
・スピーチは簡略でも自分らしさを盛り込みましょう。
・自分らしいスピーチにするためには。
・明るく張りのある声で挨拶しましょう。
・一言スピーチをどうしてもしたいのならば。
・あわてずゆっくり話しましょう。
・結婚式にふさわしくない言葉を使わないようにご注意を。