葬儀マナー、基本の服装。家族で参列する時の基礎知識

葬儀マナー、基本の服装。家族で参列する時の基礎知識
葬儀マナーは多くの作法のなかでも、間違えてはならない繊細なもの。特に赤ちゃんや未就学の幼児を連れて参列しなければいけない…、なんて事態では、両親がテンパってしまうのも、無理はありません。

そもそも、赤ちゃんや未就学児となると、お葬式に一緒に参列しても良いのかどうかさえ、悩むところではないでしょうか。無理をしてでも家族で参列するくらいですから、やはりそれなりの深い関係性であったはず。

家族の顔を故人に見せながらも、キチンとした葬儀マナーで、お葬式を乗り切りたいですよね。

そこで今回は、通夜や告別式に家族で参列する場合、前日までに準備する服装や、当日の葬儀マナーと配慮のポイントをお伝えします。本記事をチェックして、ぜひ、失礼のない適切な判断をしてください。



 

葬儀マナー、基本の服装。
家族で参列する時の基礎知識

 

葬儀前に揃える「ブラックフォーマル」


お葬式に参列する際、最近では遺体の安置所がしっかりとしていることもあり、通夜や葬儀まで数日の時間があることも、多いものです。その合間で慌てて葬儀マナーに沿った服装を準備する方々も増えました。

【 葬儀前に揃えるブラックフォーマルの注意点 】

■ 慌てて「ブラックフォーマル」=喪服、と捉えて探してしまう方々が多いのですが、「ブラックフォーマル」には結婚式の服装も含まれていることを、忘れてはなりません。

生地を丁寧にチェックして、少しでも光沢感を感じたら、そのスーツは避け、控えめなスタイルを選ぶことをおすすめします。

 

女性の葬儀マナー、基本のスタイル


女性の服装の葬儀マナーの基本は「控えめ」。黒いワンピースかアンサンブル、袖丈は夏場でもひじ丈以上の長さを選び、露出を少なくするのが葬儀マナーです。

【 女性の服装、葬儀マナー 】

■ 告別式であればストッキングも黒を選びます。タイツだとカジュアルすぎるので、あくまでもストッキングを選んでください。

そしてつい見逃しやすいのが、靴やバッグと言った小物類ではないでしょうか。黒でも革や合皮は極力避け、布製の光沢のないものを選ぶのが、正解です。

 

男性の葬儀マナー、基本のスタイル


男性の服装も葬儀マナーに則ったものは、光沢や飾りのない、控えめなものが基本です。靴は光沢感がなければ革靴で問題はありませんが、金具やチップの付いたものは避けるべきです。

【 男性の服装、葬儀マナー 】

■ 前述したように「喪服」の黒スーツが最も安心。従来の黒いスーツよりも、より深みのある黒になるはず。ネクタイも光沢のない、深い黒が正解。

さらに結婚指輪以外のアクセサリー類、時計もカジュアルすぎるものや煌びやかなものは外すなど、繊細な配慮があれば安心です。

 

幼児や学生の葬儀マナー


家族でお葬式へ参列する場合、悩ましいのが子どもの服装ではないでしょうか。子どもも学生になり、学生服があれば、わざわざ喪服を用意する必要はありません。

【 幼児や学生の服装、葬儀マナー 】

■ 学生服のない子どもの場合には、基本的には成人の大人と同じ服装マナーが安心です。

・ 未就学の幼児の場合には、黒一色で揃えるのがベストですが、赤ちゃんなど、白と黒のモノトーンで揃えても、葬儀マナー違反にはなりません。

 

葬儀マナーとして、揃えたい小物


葬儀のマナーを意識するなら、小物にまで注意を払いたいものです。お香典を持ち歩くための袱紗(ふくさ)はもちろん、お焼香の時の数珠も揃えられると、葬儀マナーとしても好印象です。

【 持っていく小物類の、葬儀マナー 】

■ 数珠は一人につきひとつを持つもの。家族で行っても、それぞれの物を持つようにするのが、本来の葬儀マナーです。

葬儀会場で家族間で使いまわすような行為は、NGマナーですので、気をつけてくださいね。

 

家族で参列する際の、お母さんの役割


参列する故人との関係性によって判断するものですが、家族全員で参列するほどの仲、と考えた時、女性は葬儀の手伝いを申し出るのが、葬儀マナーでもあり配慮です。

【 葬儀の手伝いをする 】

■ 関係性により、訃報を電話で受けた時、また参列時の受付で…、「お手伝いします。」「何かお手伝いできることがあれば、お申し付けください。」と、ひと言添えるのが本来の作法です。

そのため、女性は黒いエプロンと黒い室内履き、そしてそれらを入れる布製の黒いサブバックまで、日頃から準備できていると安心です。

 

子連れで参列する葬儀マナー


家族で参列する葬儀マナーで、やはり気になるのが赤ちゃんや幼児を同行させるかどうか、ではないでしょうか。

参列者同士での葬儀マナーでは、極力未就学児は預けて行く…とありますが、子どもが預けられないために、深い関係の故人の葬儀に行けないことを鑑みると、葬儀社としては受け入れの姿勢が見受けられます。

【 子連れで参列する、葬儀マナー 】

■ ただし、特に献杯や遺族の挨拶など、誰かが話をしている時、子どもが走り回ったり、泣いたりして邪魔のないよう、最大限の配慮は不可欠です。

泣いたら外に出ても大丈夫ですので、後方の外に出やすい席にスタンバイし、すぐに外へ出て、迷惑を最小限に収めるのが得策です。

 

いかがでしたでしょうか、家族で参列する際、両親は自分達の葬儀マナーはもちろん、子どもの動向にまで繊細は配慮を行き渡らせる必要があり、なかなか緊張する場面ではないでしょうか。

様々なことが予想される家族での参列は、事前に対策出来るところは対策し、少しでも安心して出向きたいところです。

子どもには前日に、葬儀マナーを守るポイントを、葬儀の意味をしっかりと伝え、また、夫婦間でもどのタイミングではどちらが子どもを見る…、など、具体的に当日を想定して話し合うと、少しでも安心出来るはず。

反対に子どものことに気を取られて、自分の服装など、葬儀マナーがおろそかになるケースもあるので、注意してください。本記事を参考にしながら、家族で配慮の行き届いた葬儀マナーで参列しましょう。

 

まとめ

家族で参列する、葬儀マナーの基本

・ブラックフォーマルでも、光沢のないものを選ぶ
・バッグや靴は革を避け、布の小物を選ぶと良い
・スーツもネクタイも、光沢のない深い黒を選ぶ
・幼児や赤ちゃんは、白と黒のモノトーンでも可
・数珠を葬儀場で使い回すのは、マナー違反