お悔みの言葉の基本を押さえ、相手への気遣いを伝える方法

お悔みの言葉の基本を押さえ、相手への気遣いを伝える方法

突然の訃報は、とても悲しくショックを受けるものです。でも、自分以上に故人の遺族や親しかった方にとって、故人の死は辛く悲しい気持ちが覆いかぶさってくるものになります。そんな時に、遺族の方にかけるお悔やみの言葉で、その気持ちがほんの少し軽くなることがあります。

辛い時だからこそ、掛けて欲しい言葉というものがあるのです。とはいっても、辛い時に掛けて欲しい言葉と逆の言葉を言ってしまったら?もしも失礼な言葉を掛けてしまったら?と思うと、なかなか面と向かって遺族の方に声が掛けられなくなってしまいますね。

とはいってもお悔やみの言葉を伝えないことの方がマナー違反になります。お悔やみの言葉は必ず伝えるべきものなので、伝えずにいるのはNGです。気持ちの伝わるお悔やみの言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。



 

お悔みの言葉の基本を押さえ、
相手への気遣いを伝える方法

 

基本的な言い回しのみ伝える


突然の訃報でお通夜や告別式に行った時には、遺族の方にきちんとお悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。どうその気持ちを伝えていいのか分からなくても、基本的な言い回しの言葉でかまわないので、必ず伝えるようにしましょう。

自分の思いや、相手の気持を考えれば考える程、こういう時には言葉がでなくなってしまうものです。お悔やみの言葉は、「基本的な言い回しを必ず伝えるもの」として、まずは伝えることを優先して考えるようにしましょう。

 

冥福という言葉に気をつけて


基本的な言い回しの中に「ご冥福をお祈りします」というものがありますが、「ご冥福」という言葉には注意が必要です。宗教によっては、この言葉を使わない、当てはまらないというものがあります。

冥福の冥には「あの世、地獄」という意味があり、その世界に行っても幸福であることを祈っていますということになります。そう思って考えると、どの宗教であってもちょっと当てはまらない言葉なのかもしれませんね。他のお悔やみの言葉を伝えるようにしましょう。

 

言葉が見つけられない時には


お悔やみの言葉は、基本的な言い回しのもので十分気持ちを伝えられるものではありますが、どうしても自分の気持ちが言葉にならない時もあるかと思います。また、「この度はご愁傷様です」というような普段言い慣れない言葉に違和感を覚えたり、言葉を口に出しにくいこともあるかもしれません。

その場合には、「心中、お察し致します」と遺族の方にお伝えしましょう。この言葉でも十分気持ちは伝わると思いますが、会社関係の故人や遺族には向かないお悔やみの言葉かもしれません。

 

突然亡くなってしまった時には


故人の亡くなった理由は、お葬式の場では聞かないことがマナーです。ですが、「先日まで一緒に働いていた」や、「この前電話で離したばかり」というようなケースでは、親しくしていたことからこのことに触れたお悔やみの言葉を伝えることで、遺族に故人と親しかったことを伝えることも出来ます。

その際には、基本的な言い回しに「この度は本当に急なことで」という言葉を付け加えることで、生前の故人を最近まで知っていてくれた人なのだということが伝わります。

 

長生きされて亡くなった時には


故人が高齢だった場合には、つい「大往生でしたね」や「天寿を全うされてて」という言葉も思いつきますが、お悔やみの言葉としては避けたほうがいいでしょう。どんなに長生きであっても、長寿であったとしても、遺族の悲しみに変わりはありません。

遺族自身がこの言葉を使う分には問題ありませんが、他の人が故人の寿命を勝手にこのように思うことに、気分を害される遺族もいることでしょう。「ご長寿とはいえ残念なことです」というような伝え方にしましょう。

 

遺族の力になると伝える言葉


通夜や告別式では、沢山の人が弔問に訪れ、遺族は大変疲れているものです。そんな悲しみの中にいる上に疲れ果てている遺族を心配している気持ちを伝えることも、大切なお悔やみの言葉になります。

「私でできる事があれば何でも仰ってください」や「お役に立てることがあれば遠慮なく仰ってください」というように、お手伝いを申し出ることも遺族を励ますことに繋がります。実際、バタバタしていて本当に手伝ってほしいことがあることもあります。

 

遺族を励ますことを忘れずに


お悔やみの言葉と同様に大切なことは、遺族を励ましてあげることです。長年連れ添ったご夫婦や、ご家族を亡くされる悲しみは計り知れません。

そんな辛い悲しい気持ちが、ほんの一言でちょっとでも気持ちを添えてお悔やみの言葉を伝えることで軽くなってくれれば・・・という気持ちになります。そんな時は遺族に「お体をお大事になさってください」と労りの気持ちを伝えるようにしましょう。つらい気持ちが少しでも和らぐように言葉を伝えることが大切です。

 

いかがでしょうか。お悔やみの言葉を遺族に伝えることは、故人を偲ぶ気持ちと励ましの気持ちを遺族に伝えることでしたよね。お葬式というデリケートな場面では、遺族の方々の反応も様々です。細心の注意をはらってお悔やみを述べた後は、遺族の状況も慮って、広い心で受け止める準備が必要な場面もあるでしょう。

お通夜や告別式は、故人のために執り行うものですが、実際にその場にいるのは遺族や親族の方々です。お悔やみの言葉は遺族のためにあるものといっても過言ではありませんね。

故人を偲んでくれる人がたくさんいること、遺族を励ましてくれる人がたくさんいると感じることで、故人の生前を思い、遺族の力になってくれるものになるのでしょう。そんな風に思って、お悔やみの言葉は必ず伝えたいものですね。

 

まとめ

お悔みの言葉の基本を押さえ、相手への気遣いを伝える方法

・基本的な言い回しのみ伝える
・冥福という言葉に気をつけて
・言葉が見つけられない時には
・突然亡くなってしまった時には
・長生きされて亡くなった時には
・遺族の力になると伝える言葉
・遺族を励ますことを忘れずに