お布施の相場を知らずに失敗した7つの恥ずかしい話

お布施の相場を知らずに失敗した7つの恥ずかしい話
お布施とは、仏教における意味においては、他人に施すことを表します。しかしほとんどの方がお布施と言われれば、お坊さんやお寺さんに渡す謝礼と思うでしょう。そしてその金額については明確な決まりがありません。

これは実は結婚式のご祝儀と同じで、要は気持ちなんですよね。しかしご祝儀も相場というものが決まっていて、ほとんどの方が同じ金額を包みます。

同じようにお布施にも相場というものが決まっています。その相場を知らずに恥ずかしい思いをしてしまった…そんな事例を紹介いたしましょう。

[ →続きを読む… ]

ゲストに感謝の気持ちが伝わる、喪主の挨拶7つのポイント

ゲストに感謝の気持ちが伝わる、喪主の挨拶7つのポイント
大好きな人が亡くなってしまったときでも、喪主はその悲しみに暮れてばかりはいられません。故人がこの世に生を受けている間にお世話になった全ての方、葬儀に参列してくれた方々に、故人に変わってお礼の言葉を述べるという大事な任務があります。

でも、喪主って人生のうちでそう何度もやるものではありませんので、どう立ち振る舞ってよいのか?どんな言葉で挨拶をしたらよいのか?迷ってしまう方も多いでしょう。

多くの喪主の方が悩まれるのが、喪主の挨拶だと思います。インターネットで調べて考える方が多いと思いますが、やはり理想はご自分の言葉で、参列してくださった皆様にお伝えしたいですよね~。そこで、今回は喪主の方に是非見て頂きたい内容となっております。題して「ゲストに感謝の気持ちが伝わる、喪主の挨拶7つのポイント」です!

[ →続きを読む… ]

直葬について知っておくべきメリットとデメリット7つ

直葬について知っておくべきメリットとデメリット7つ現代の日本では核家族化が進み、周囲との人間関係も希薄になりつつあります。家族が亡くなった時に考えなくてはならないお葬式ですが、こうした社会的背景から「直葬」を選ぶ人が増加しています。

直葬とは、通夜や告別式などの宗教的儀式を行わず火葬のみで済ませる葬儀形態のことです。

では直葬を選ぶ際、どのような点に注意すればよいのでしょうか?検討する上で知っておきたいメリットとデメリットをまとめてみました。

[ →続きを読む… ]

喪主の挨拶をする際に注意する7つのマナー

喪主の挨拶をする際に注意する7つのマナー
考えたくはないけれど、決して逃れることはできない家族の死。深い悲しみの中にありながらも、故人をあたたかく送り出してあげるのが家族の使命です。

通夜と葬儀を取り仕切るために、まず決めるのは誰が喪主を務めるかということ。もしあなたが務めることになったらどうしますか?

急なことだけにゆっくりと準備を進めている暇はありません。今回は、喪主の挨拶をすることになった際に注意したい7つのマナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

心労でいっぱいの時にも、弔電へのお礼で最低限必須の7つのこと

心労でいっぱいの時にも、弔電へのお礼で最低限必須の7つのこと

家族との別れは誰にとっても辛いものです。しかし、ただただ、悲しみに暮れているわけにもいかないのも事実。悲しみを抱えながらも葬儀の手配など、やるべきことはたくさんあります。

そして、葬儀を終えて、ほっとしたのもつかの間、まだやるべきことがあります。葬儀を終えたからと、まだ安心してはいけません。そう、弔電のお礼です。心労で一杯なことは重々承知です。しかし、最低限のマナーですので必ず押さえるようにしましょう。最低限必須の事を7つにまとめましたのでご参考になさってください。

[ →続きを読む… ]