お悔やみの言葉、葬儀で受付を頼まれた時に使える例文7つ

お悔やみの言葉、葬儀で受付を頼まれた時に使える例文7つ

親族や知人が亡くなった場合、葬儀の受付係を頼まれることがあります。具体的に、どのように受付業務を行ったらいいのかをイメージできる人は少ないでしょう。

不特定多数の方をお迎えする葬儀の受付は、結婚式などの受付とは全く異なる意味合いのものです。また、弔問客よりお悔やみの言葉を頂くことも少なくありません。

自分と故人がたとえ遠い関係であったとしても、受付など葬儀のスタッフを引き受けた以上は遺族として行動することが求められます。言葉づかい、服装など、すべて自分が遺族の一員であると思って準備をすることが大切です。

本記事では、葬儀の受付を頼まれたときに使える例文を7つご紹介しています。受付で行うことは決まっているため、7つの例文をしっかり覚えていれば受付業務をきっちりこなすことができるでしょう。

[ →続きを読む… ]

礼服を凛と着こなして素敵な女性に見せる為の7つのコツ

礼服を凛と着こなして素敵な女性に見せる為の7つのコツ

礼服といってもいろいろな種類があり、日本人がいわゆる「礼服」というのはブラックフォーマルのことです。

この礼服をひとつ持っていれば、慶事や弔事のさまざまなイベントに使うことが出来るので、まずは最初に揃えたいですね!

ブラックフォーマルという色や素材が限られるものを着るのですから、あなたが凛とした女性に見えるためにはいろいろな事に気をつけるべきです。

同じような服を着るからこそ、それ以外の部分で大きな差が出てしまうことになるんです。礼服で集まる機会にだけ会う人には、その時の着こなしや服装であなたの印象が決まってしまうといっても過言ではありません。

凛としているステキな女性という印象を持ってもらうのは実はそんなに難しいことではないんです。そのために、気をつけたい着こなしのコツを7つお教えします!

[ →続きを読む… ]

お通夜に香典を持参する時に気をつけたい7つのマナー

お通夜に香典を持参する時に気をつけたい7つのマナー

社会人になると、思いがけなく訃報を聞くことがありますよね。お通夜やお葬式なんて、子供のころの遠い親せき以来、という方も多いはず。

幼いころなら家族にくっついていればよかったけれど、今となってはそういうわけにもいきません。故人を悼む気持ちとともに、急な出来事に困ってしまうこともたくさん。

実際にお通夜に香典を持参する時には、どのようにふるまうべきなんでしょうか。お悔やみはいつ、誰に、どんな言葉で伝えるのが正しいの?また、服装は? 何に気をつければいいの? お香典の金額は?

こうした事柄は、なかなか他人には聞きづらいもの。とはいえ、場合が場合だけに、「知らなかったから」ではすまされないこともあります。

そういった、大切なのに聞けない、お通夜に香典を持参する時に気をつけたい7つのマナーをまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

[ →続きを読む… ]

喪主挨拶の数ある文例に共通する7つの必須事項

喪主挨拶の数ある文例に共通する7つの必須事項葬儀・告別式の締め括りで行われるのが喪主(あるいは親族代表)の御挨拶です。御挨拶では、遺族を代表して、葬儀に参列頂いた皆さまへ感謝の気持ちをお伝えすることになります。

挨拶に関しては、特に決まりはありませんが、少なくとも「葬儀に参列頂いたことへの御礼」と「生前の故人に対する厚誼への御礼」を、話す内容に織り交ぜることが必要です。

しかしながら、喪主という立場では、 深い悲しみのなかで気持ちを組み立ててあいさつの内容を考えるというのは難しいものです。このような時に、いざという時に役立つような喪主挨拶の文例があると助かりますね。

今回は、喪主挨拶の文例の中でも、基本的なものをご紹介します。

[ →続きを読む… ]

曹洞宗の葬儀に参列するときに知っておきたい7つの常識

曹洞宗の葬儀に参列するときに知っておきたい7つの常識
現在日本には、同じ仏教でありながら多くの寺院、教義が存在しており、その中にそれぞれの宗派の違いがあります。

最澄が日本で最初に『日本天台宗』を開いてから、その後、平安時代から鎌倉時代にかけて、次々と新しい宗派が打ち立てられました。

天台宗、真言宗、曹洞宗など、全部で13の宗派があります。その中で、曹洞宗(そうとうしゅう)の葬儀の特徴は、授戒(戒を授け仏弟子になっていただくこと)を行い、引導を授ける(仏世界に入らしむこと)ということにあります。

葬儀の中で用いられるお経や、回向などは、ほとんどが日本語口語体ですので、聞いていると、どのような儀式を行っているかがある程度分かるようになってることが特徴として挙げられます。

宗派によって葬儀に参列する際のマナーが違いますが、それぞれの宗派の作法を学ぶ機会は、まずないといえるでしょう。今回は、曹洞宗の葬儀に参列するときに知っておきたい7つの常識についてご紹介します。

[ →続きを読む… ]