弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

やむを得ない理由で葬儀に参列出来ない場合に送られるのが弔電です。故人への想い、ご遺族への弔意を表す為に送ります。そんな弔電を頂いた場合に必要となるのが「御礼状」ですね。

接する機会のない弔電のお礼状ですから、どんな文章を記載すれば良いか分からないと言う方も多いでしょう。今日は、そんな場合に備えて「弔電のお礼状の書き方と例文」を紹介します。

亡くなった方の立場に合わせて様々な例文を記載しますから、ご自身に合わせてご使用下さい。聞き慣れない言葉、見慣れない言葉の解説も添えて紹介します。

マナーに沿った内容で、送って頂いた相手に失礼とならないよう配慮していきましょう。故人、またご自身の感謝の気持ちが伝わるお礼状にして下さいね。

[ 続きを読む… ]

【弔問に伺えない時に】お悔み状の書き方と心得7か条

【弔問に伺えない時に】お悔み状の書き方と心得7か条

仕事や遠方、慶事と重なり、どうしても葬儀に参列出来ない場合もありますね。または、あとから訃報を聞いたと言う場合もあるでしょう。そんな時に出すのが「お悔やみ状」です。

近年、携帯やメールの普及により、筆無精になっている方も多いでしょうが、お悔やみ状は、故人への哀悼の意を表す上でも、ご遺族への心遣いを表す上でも出しておきたい手紙になります。普段の手紙とは異なり、書く内容や使う言葉に注意が必要なお悔やみ状。

今日はそんな“お悔やみ状”に焦点を当てて、書き方と心得を7つ紹介していきます。使用するペンや便箋、香典を同封する際の注意点なども記載しますから、今後の為に備えて下さい。

礼節正しいお悔やみ状で、故人への思い、あなたの弔意を表しましょう。

[ 続きを読む… ]

葬儀に参列する服装のマナーで見落としがちなポイント

葬儀に参列する服装のマナーで見落としがちなポイント

急に届く訃報のお知らせ。

悲しみに暮れる間もなく、喪服やネクタイ、靴下やストッキング等、準備が大変になりますね。気持ちが慌てて、何をしたら良いか頭が回らなくなるのが緊急時です。

「あれも準備したし、これも用意した!うん、これで大丈夫!」とは思っても、意外と忘れがちになるポイントが沢山ありますよね。今日はそんな緊急時に備えて、「葬儀の服装、見落としがちなポイント」をおさらいしてみましょう。大人の男性・女性、どちらもマナーを抑えて記載していきますから、今後の参考にして下さい。

特に喪服以外の小物類は、注意が必要なのでチェックして損はありませんよ。マナーに沿った身だしなみで、心穏やかに故人の最後を見送りましょう。

[ 続きを読む… ]

お葬式で使う数珠、意味や効能を解説します

お葬式で使う数珠、意味や効能を解説します

誰かが亡くなった・・・などの訃報は、突然届くものですよね。突然の訃報から慌てて喪服や御香典の準備をする・・・なんてこと、よくあることです。喪服はきちんと用意してあるから大丈夫!っておっしゃる方はいると思います。

でも、喪服の準備と一緒に、きちんと数珠も用意していますか?喪服だけで、数珠を持たずにお通夜や告別式に行ったりしていませんか?喪服を着ることだけでなく、数珠を持つことにもきちんとした意味が実はあるんです。

今まで何度もお通夜や告別式に出てるけど、持っていない人もいるし、別に必要じゃないんじゃない?なんて思っていませんか?きちんとあるその意味を理解せずに「面倒だから」、「持ってないから」で数珠を持たずにいるのはちょっと残念なことですね。

突然の訃報にそなえて、まずは数珠の意味一度きちんと理解してみましょう。お葬式で使う数珠、意味や効能を解説します

[ 続きを読む… ]

お葬式の服装を選ぶ際に知っておきたい7つの常識

お葬式の服装を選ぶ際に知っておきたい7つの常識

どなたかが亡くなったという悲しいお知らせは、思いもよらぬタイミングで届くものですよね。お通夜や葬儀の時には、喪服を着て参列しますが、黒いものを着ればいいという程度に漠然と思っていませんか?

喪服を着るということ、これにはきちんとした意味があるんです。それを理解せずにただ黒い服を着ればいいんでしょ?と喪服を着ていると、さまざまなポイントで失礼な服装になってしまうかもしれません。

想像以上に決まり事が多いものなので、知らず知らずのうちに遺族に不快な思いをさせてしまっていたとしたら、せっかく参列したのに故人を偲ぶつもりが、逆効果になってしまうことも。

そんなことになってしまったら、参列したにも関わらず本末転倒ですよね。そのためにも喪服の服装を選ぶ時に知っておきたい常識をしっかり覚えておきましょう。

[ 続きを読む… ]