葬儀屋への就職活動で、給料に見合った会社を選ぶ7つのポイント

葬儀屋への就職活動で、給料に見合った会社を選ぶ7つのポイント
新卒採用を目指して就職活動中の皆さん、転職をお考えの皆さんに、今おすすめの業界があります!それは「葬儀業界」です。

高齢化社会がどんどん進んでいるので、葬儀の需要も増えていくはずですし、何よりあまりよいイメージを持たれない事が多いので、穴場の業界なんです。

ただ、デスクワーク系のお仕事や公務員、営業マンなどの他業種と比較して、圧倒的に違うのは「死の世界」と向き合うことです。

同じように医師や看護師も死と向き合っていますが、そこには生があります。けれど葬儀業界は、死の世界のみ…ですから、葬儀業界の方が「仕事ぶりと給料が見合っていないじゃないか!」と辞めていく人の数も多いんです。

就職してから皆さんがそうならないためにも、今回はこんなテーマにしてみました。ズバリ「葬儀屋への就職活動で、給料に見合った会社を選ぶ7つのポイント」です。慎重に探していきましょうね!

[ 続きを読む… ]

喪服で着物を着るときに知らないとマズイ7つの一般常識

喪服で着物を着るときに知らないとマズイ7つの一般常識
思いがけないときにやってくる悲しみの儀式。急に必要になるものですから、いざというときに慌てないようにしたいものですよね。

喪服の装いは、「喪主、家族、友人などの立場」や「通夜、告別式、法事などの場面」によっても装い(格)が異なるので注意が必要です。

大半の人が喪服というと洋装を思い描いてブラックフォーマルを着用すると思います。喪服で和装を着ようと考えてみても決まり事が多くて大変そう、どんな服装が正しいのか分からないと思い、なかなか着用しようと勇気が出ないものです。

でも、着物の着用時に必要な物が分かれば、第一歩を踏み出せるのではないでしょうか。そして、たとえ着用しないにせよ一般常識として知っておく事が大人のマナーです。

そこで今回は、喪服で着物を着るときに知らないとマズイ7つの一般常識について解説します。

[ 続きを読む… ]

【喪服マナー・女性編】一式揃えておきたい7つの基本用品

【喪服マナー・女性編】一式揃えておきたい7つの基本用品

女性にとって、喪服時に必要な物って、結構気になる所ですよね。でも、普段使用する物でもないですし、周りと話す内容でもないですし…なかなか知る機会のない喪服時の用品ですが、あなたは全てお持ちでしょうか。また、お持ちの用品はマナーに沿った物でしょうか。

今日は、初めて喪服を購入する方、また今後の為に購入をお考えの方に、ぜひ読んで頂きたい内容です。法事法要の際に、一式揃えておくと便利な基本用品を7つ紹介します。突然の出来事に、慌てて購入する事も多い弔事時の用品ですが、この7つを持っておけば安心です。

あったら便利な用品、選ぶ時のポイント等を、喪服マナーに沿って紹介していきます。意外と多い弔事の席でのマナー、知らない内にマナー違反を犯していた!なんて事にならないよう、注意しながら選んでいきましょう。

[ 続きを読む… ]

喪服の上に着るコート選び、知っておきたい7つの服装マナー

喪服の上に着るコート選び、知っておきたい7つの服装マナー
葬儀が冬場に行われる場合は、喪服の上に着用するコートも必要になりますよね。本来であればコートはフォーマルウエアのくくりには含まれないのですが、やはりお悔やみの場にふさわしいコートを選びたいはず。

室内ではコートを着用することはありませんが、あまりに寒いときは出棺のときにコートを着る場合も。そんなときに、一人だけマナーを逸脱したコートを着てしまうと割る目立ちしてしまい、参列者によくない印象を与えてしまうことになりかねません。そういったことも考えると、喪服の上に着られるコートを1着持っておくことをお勧めします。

そこで今日は、喪服の上に着るコートを選ぶ際に知っておきたい、7つの服装マナーをご紹介します。喪服は揃えたけどコートはまだ、という方は、本記事をコート選びの参考にしてみてくださいね。

[ 続きを読む… ]

意外に見落としがちな喪服女性の足元マナー、7つの常識

意外に見落としがちな喪服女性の足元マナー、7つの常識
弔事で喪服を着ることは、年を重ねるごとに多くなるものですよね。弔事は前もって予定できるものではありませんが、そんな急な弔事でも慌てないように、出来る準備をきちんとしている方も多いことでしょう。

でも、そんなしっかりしていると思っている準備でも、抜けてしまいがちなのが足元のマナーなのです。喪服やバッグにしっかり気を使っていても、足元のマナーがすっかり抜けてしまっていては、全体的にもマナー違反になってしまいかねません。

やってあたりまえの喪服の準備はしっかりしておきたいですが、忘れがちな部分こそ、しっかりとどうするべきか考えておけるのが、マナー美人と言えますよね。

大事なお悔やみの席のマナーは、こんな小さな所で差がでてしまうものなのです。そこで今日は。そんな忘れてしまいがちな足元のマナーのポイントについてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]