突然の訃報・・労りの気持ちとお悔やみをメールで伝える7つの方法

突然の訃報・・労りの気持ちとお悔やみをメールで伝える7つの方法突然の訃報を受けたとき、皆さんはどのような受け答えをされるでしょうか?

ただただ驚くばかりでどうしてよいか分からなかった、という経験をお持ちの方も少なくないようです。訃報の知らせを受けた後は弔問に駆け付けたり、通夜や告別式に参列するなど遺族の方と直接対面する場合が多いのですが、距離が離れていて駆け付けられない、事情が合って直接会えない場合もあります。

そのような時にはどのような方法で労りの気持ちやお悔やみの言葉を伝える事が出来るでしょうか。

マナーの上では正式な方法ではありませんが、メールでのお悔やみは親しい間柄の人にとってはすぐに思いを伝える事が出来、相手の心に寄り添える欠かせないツールとなっています。どのように労りの気持ちやお悔やみをメールで伝える事が出来るか学んで、相手の方の心に寄り添えるツールとして活用してみましょう。

[ →続きを読む… ]

家族葬のマナーについて知っておくべき7つのポイント

家族葬のマナーについて知っておくべき7つのポイント家族葬とは家族や家族同然に接してきた人達だけでとりおこなう密葬のことです。大がかりな葬儀を望まない人が遺言で家族葬に、と指定する場合もあります。

大がかりな葬儀の場合、遺族は個人との関係がよくわからない人たちが大勢弔問にやってくるのを嫌うので小規模を望んでいる家族葬には弔問に訪れる側の人にも注意すべく点があるようです。

[ →続きを読む… ]

お葬式の服装で押さえるべき7つのポイント

お葬式の服装で押さえるべき7つのポイント
自身にとって大切な人やその関係者のお葬式、服装のマナーはしっかりと整え、しっかりと故人を偲びたいものですね。…とは言うものの、いざ葬儀に参列するとなると、難しいものですね。「どんな服装が良いのだろうか?」「恥を掻いたらどうしよう?」…などなど、悩みは尽きませんね。

とんでもない服装で葬儀に出席しないためにも、当記事をぜひご参考になさってください。今回は属性別に合わせた、服装の選び方、また購入時のチェック方法までご紹介したいと思います。では、順番に見ていきましょう。

[ →続きを読む… ]

小さなお葬式を執り行う際に気遣うべき7つのこと

小さなお葬式を執り行う際に気遣うべき7つのこと

最近、時代のニーズに合わせた葬儀が話題になっています。それは「小さなお葬式」と呼ばれています。時代の流れとともに、近所付き合いも希薄になり、ご近所へのお声掛けを敬遠される方も少なくありません。高齢化が進み、故人の友人知人の人数も減っているため、静かに故人を送りたいというニーズがあります。

また、介護や医療にお金がかかったのでお葬式は費用を抑えたいという方もいます。通常、葬儀にかかる費用は地域によって差があれといえども、100万円〜200万円はかかってしまいます。小さなお葬式では内容を簡略することで費用を大幅に抑えることができるのです。では、こうした小さなお葬式を執り行うにあたってどのようなことに注意する必要があるのでしょうか。その点をご紹介してまいります。

[ →続きを読む… ]

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の場合の7つのマナーと知識

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の場合の7つのマナーと知識
最近、広まりつつあるのが「家族葬」です。密葬とも呼ばれ、家族や親族、そしてごく親しい友人のみで故人を送るのが特徴です。一般の会葬者への心遣いが必要なく、故人との最後の別れを存分に確保できるため、家族葬を選択する方が増えています。また、故人が高齢で友人・知人が少ない、葬儀予算をあまりかけたくない、故人の遺言でこじんまりと行いたいという希望からも家族葬が選ばれています。流れとしては通常のお葬式となんら変わりません。お通夜⇒葬儀⇒出棺⇒火葬という流れです。この家族葬について、家族葬を執り行う場合、家族葬に参列する場合、家族葬に招待されていない場合、それぞれに気をつけるべきマナーについてご紹介します。

[ →続きを読む… ]