弔辞の例文をケース別にご紹介!故人を偲ぶお別れの言葉

弔辞の例文をケース別にご紹介!故人を偲ぶお別れの言葉

人の死を悼む気持ちを表すための、もっとも大切で一般的な言葉である弔辞。もしあなたが弔辞を依頼された時は、一体何を話せば良いのか、どのように話せば良いのかで悩むことも多いのではないでしょうか。

歳を重ね、経験を積んだ年長者の方であるならともかく、始めて弔辞を任されたような人である場合は、ルールもマナーもわからずに戸惑ってしまうこともよくあることでしょう。

この記事では、そんな方たちが直前になって慌てたりすることのないよう、弔辞とはどういうものなのかを、例文を交えて簡潔に説明していきたいと思います。是非この記事で弔辞についての基本的な知識を身につけ、成熟した大人の振る舞いを身につけてください!では見ていきましょう。

[ 続きを読む… ]

香典袋の正しい書き方・金額相場はいくら?7つの基礎知識

香典袋の正しい書き方・金額相場はいくら?7つの基礎知識

皆さんも葬儀に参列する際に香典を供える機会があると思います。香典は死者の霊前等に供える金品です。香典袋に包んでお供えをして、名前などを書かなければいけません。正しい書き方を知らずに間違った書き方でお供えしてしまわないようにするにはどのような常識やマナーが必要なのでしょうか。

また香典を包む際に多くの人がいくら包んだらいいのか悩んでしまいますよね。今回は葬儀で恥をかかないように香典袋の正しい書き方や金額の相場の7つの基礎知識についてお話しします。正しい書き方や金額の相場がわからないという方は是非読んで参考にしてみてくださいね。葬儀でのマナーとして頭に入れておくといいですよ。

[ 続きを読む… ]

納骨式の費用や服装は?納骨にまつわる7つのマナー

納骨式の費用や服装は?納骨にまつわる7つのマナー
なかなか接する機会のない「納骨式」。法事法要のマナーは、触れる機会が少ないからこそ抑えておきたいマナーですよね。あまり想像したくはない出来事ですが、やはり、いざという時の為に備えておきたいものです。

そこで今日は「納骨式にまるわる7つのマナー」についてお伝えします。葬儀から始まり、四十九日の忌明けまでは、色々と忙しく動く必要がありますから、余裕のある時に目を通してみてください。

費用やお布施・謝礼の相場、渡し方や参列者の香典など、気になる金銭面はもちろん、服装等のマナーについてもお話すると共に、忌明け前、忌明け後に行う場合の袋の違い等も記載していきますから、ぜひ今後の参考にして下さい。

大人として、社会人として、常識ある振る舞いで、故人の法要を滞りなく行いましょう。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

突然頼まれた弔辞に困らない為に、基本のマナー教えます!

突然頼まれた弔辞に困らない為に、基本のマナー教えます!

訃報。

突然訪れる悲しい出来事に、胸が引き裂かれる思いをされる方も多いでしょう。まだ心の整理がつかない時に、ご遺族から指名を受けて行うのが弔辞の挨拶です。重責と感じる方もいらっしゃるでしょうが、ぜひ引き受けて、故人との思い出を振り返って下さい。

故人との最後のお別れ、これまでのお礼と共に、ご自身が感じた想いを、弔辞に乗せて話しましょう。今日は「弔辞のマナー」、基本構成順に例文も紹介していきますから、作成時のヒントにして下さい。難しい事はありません。

まずは、故人へ手紙を書くように、話しかけるように記載していけば良いのです。最後に客観的視点で読み返し、伝わりやすい文章、分かりにくい内容でないかチェックすれば大丈夫です。

故人へ対するあなたの気持ちを、あなた自身の言葉で表現して下さいね。

[ 続きを読む… ]

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

弔電のお礼状はどう書いたらいい?文例集と解説

やむを得ない理由で葬儀に参列出来ない場合に送られるのが弔電です。故人への想い、ご遺族への弔意を表す為に送ります。そんな弔電を頂いた場合に必要となるのが「御礼状」ですね。

接する機会のない弔電のお礼状ですから、どんな文章を記載すれば良いか分からないと言う方も多いでしょう。今日は、そんな場合に備えて「弔電のお礼状の書き方と例文」を紹介します。

亡くなった方の立場に合わせて様々な例文を記載しますから、ご自身に合わせてご使用下さい。聞き慣れない言葉、見慣れない言葉の解説も添えて紹介します。

マナーに沿った内容で、送って頂いた相手に失礼とならないよう配慮していきましょう。故人、またご自身の感謝の気持ちが伝わるお礼状にして下さいね。

[ 続きを読む… ]