喪主の挨拶文例。お悔やみや通夜のお開き…場面別にご紹介

喪主の挨拶文例。お悔やみや通夜のお開き…場面別にご紹介

物事には常に始まりと終わりがあります。人生もそのうちの一つといえるでしょう。大切な方との別れは突然のことで信じられず、気持ちがついていけないかと存じます。

しかし喪主である場合、大切な方を最後に送り出すための葬儀は執り行なわなければなりません。そしてその際、会葬してくださった方達へのご挨拶も欠かせないものとなります。

本記事では、喪主のお悔やみのお返事や通夜のお開きなどの挨拶文例を場面別にご紹介します。葬儀での挨拶は一度のみではなく、数回行ないます。しかし葬儀の前は何かとするべきことが多く、挨拶を考える余裕もあまりないことでしょう。

その際は、本記事でご紹介する挨拶の文例を活用し、各場面での挨拶に織り交ぜてください。

[ 続きを読む… ]

一回忌法要までの段取りがよくわかる、7つのステップ

一回忌法要までの段取りがよくわかる、7つのステップ

故人が亡くなってからちょうど一年経った同月同日(祥月命日)のことを一周忌といいます。

一周忌が終わると、遺族の喪中期間が終わり、喪があけることになります。

通常、一周忌の法要は、祥月命日の少し前に行うものですが、最近では法要が簡略化されつつあり、亡くなったその日に一周忌の法要まで行ってしまうというケースもあります。

本来は故人が亡くなった初七日から法要を続けるものですが、その度に親族が集まることは難しく、また費用も大きく掛かることから簡略化されることが多くなりましたが、一周忌や初盆といった法要は、簡略化せずに行うことが多いようです。

一周忌は、親しい親族が故人を偲んで集まる大切な法要となります。この一周忌の法要で失敗しないためにも、法要までに必要な段取りやステップを7つお教えしましょう。

[ 続きを読む… ]

法事のお布施っていくら?宗派、地域別の相場まとめ

法事のお布施っていくら?宗派、地域別の相場まとめ
正直、面と向かって聞きづらい、法事のお金問題…。友人や知人と話す話題でもないし、ましてや遠方の親族に相談するのも難しい…。お葬式や一周忌、三回忌などの法事時に、どうしても付き纏うのがお金の悩みですよね。お布施以外にもかかる費用もありますし、どうしたら良いか頭を抱える方も多い事でしょう。

そこで今日は法事のお布施について宗派や地域別の相場を含めて解りやすく紹介します。故人の為とは言え、遺されたご家族の負担になってはいけませんから、一度目を通して参考にされて下さい。

謝礼とは言っても、やはり気になるお布施の相場。周りの皆さんが、どれくらいお包みしているのか、また宗派によって、どれくらいの違いがあるのか、チェックしておきましょう。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

礼服のレンタルはお手頃価格!7つのおすすめ理由

礼服のレンタルはお手頃価格!7つのおすすめ理由

一昔前は、学生生活が終わって就職するときに礼服を買うという人が多かったようですが、現代はどうでしょうか。「冠婚葬祭の機会がないから買わないでいる」「安くないからつい後回しにしてしまっている」という声も多いようです。

それどころか、「礼服って買う必要あるの?」なんて声さえ聞こえてきています。なぜそのような意見があるのか…それは、レンタル礼服のサービスが一般的になってきたことにあるようです。実は、レンタル礼服には礼服を買ってしまうと得られないたくさんのメリットがあります。

もちろんどちらもそれぞれのメリット・デメリットはありますが、今回はレンタル礼服をおススメする7つのわけをご紹介していきたいと思います。

[ 続きを読む… ]

法事の香典にまつわるマナー、7つの見落としがちな点

法事の香典にまつわるマナー、7つの見落としがちな点

法事の際には、親族や故人に近しい人達が集まるもの。

不特定多数のご縁の方が集まる葬儀とは違って、身内が集まるのが法事といっても過言ではないでしょう。沢山の方が集まる葬儀では、小さなミスがあっても人の目に止まりにくいもの。

でも、それが親しい間柄の人たちが集まる法事だったら・・・小さなミスやマナー違反も目立ってしまいがちになります。「この人だけには見られたくなかったのに!」なんていうタイミングで失敗をしてしまうことがあったら、今後のお付き合いにも影響してしまいそうですね。

特に香典に関する失敗はお金ということもあり、トラブルの原因にすらなってしまう可能性があります。

せめて香典だけでもきちんとしなければと思ってはいても、いったい何をどうすればいいのかオロオロしてしまう人も多いことでしょう。
そんなみなさんのために、法事の時に見落としがちな、香典のマナーをお教えしましょう。

[ 続きを読む… ]