明治神宮で結婚式!ゲストに優しいおススメプラン☆

明治神宮で結婚式!ゲストに優しいおススメプラン☆

明治神宮の結婚式が最近注目されています。結婚式と言えば、ウエディングドレスが主流ですが、近年「和の結婚式」である神前式に憧れる女性も増えているのです。明治神宮の結婚式で、親族へ向けて厳かな神前式を行い、友人や知人へ向けてカジュアルな会場で披露宴を催すと言った、「二部制」を採用するカップルも増えつつあります。

また明治神宮の結婚式は、もともと親や親族に人気があります。結婚式は新郎新婦の意向だけでなく、両家の意向も大きいです。和の神前式を望む家は案外多いでしょう。

一方で親族を呼ぶ時、立地条件や交通の利便性も考えますが、この点でも明治神宮の結婚式はとても便利な立地条件にあります。

利便性が良く緑も多い日本庭園と、親や親族が喜ぶ和の明治神宮の結婚式。さらにゲストにも優しい明治神宮の結婚式は、隠れたおススメの式場です。そんな明治神宮の結婚式で、ぜひおススメしたいプランをいくつかご提案します。

[ 続きを読む… ]

名刺交換マナーを押さえて印象アップ☆その7つのポイント

名刺交換マナーを押さえて印象アップ☆その7つのポイント

その名刺交換マナー、チェックしたことはありますか?基本的には、名刺をお互いに交換するだけのもの。でも日本では名刺交換マナーは、ビジネスマナーの根幹とも言えるほど、奥が深い意味合いがあります。

知らぬ間にあなたの名刺交換マナーを、相手先でスキルチェックをされているかもしれません。と言うことは、あなたの名刺交換マナーひとつで、自分自身だけではなく、あなたの後ろに見える会社まで評価されてしまうのです。

「今までずっとやってきているから大丈夫!」と思う人も多いでしょう。けれども、ちょっと待って。その名刺交換マナーは本当に合っていますか?

そこで今回は、正しい名刺交換マナーの基礎知識を、7つのポイントに分けてご説明します。今までの名刺交換とその常識を、この機会に一度チェックしてみましょう。

[ 続きを読む… ]

披露宴の服装選び☆ゲストの立場別で抑える基本マナー

披露宴の服装選び☆ゲストの立場別で抑える基本マナー

披露宴の服装マナーは、ゲストと新郎新婦の関係性で違ってきます。結婚式の招待状をもらう時は、やはり嬉しいもの。ただまだお呼ばれになれていない女性にとって、頭を悩ます問題が、お祝儀の金額ともうひとつ。フォーマルな冠婚葬祭のひとつである、結婚式の披露宴の服装マナーです。

披露宴は華やかにお祝いをする場。披露宴の服装もお洒落して参加するべきだとは分かっていても、実際には何を着ていったら良いのか迷いませんか?

披露宴の服装は、ドレスアップをしつつシッカリとドレスコードを守らなければなりません。披露宴の服装選びに失敗すると、自分だけ浮いたまま参加し続けなければならないと、不安になる女性も少なくないでしょう。

そこで今回は、披露宴の服装選びで知っておきたい、フォーマルな席でのドレスコードを、6つの立場別にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

披露宴の服装☆ワンポイントで華やかな7つのアイテム

披露宴の服装☆ワンポイントで華やかな7つのアイテム

披露宴の服装はフォーマルでも華やかに着こなす、女性にとってはセンスの光るシーンです。男性と比べて女性は同じ披露宴の服装でも、ワンピースやパンプスまで、多くのオシャレを楽しむことができます。

一方でオシャレの幅が広い分、細かなマナーを守っているつもりが、思わぬマナー違反を引き起こしてしまうことも。そのため披露宴の服装なら、どんな披露宴会場でもドレスコードに反しない、ワンポイントの華やかアイテムを取り入れると便利でしょう。

マナー違反をしないようにと、披露宴の服装を無難な黒で全身を統一してしまう女性もいます。しかし結婚式と言う祝いの場では、お葬式を連想させる全身黒も、避けたいコーディネートなのです。

このように、披露宴の服装を考える上で一番大切なことは、上品であること、そして華やかであること。簡単そうで、そのバランスが難しいのではないでしょうか。そこで今回は、披露宴の服装で華をそえるために取り入れたい、7つのおススメのアイテムをご提案します。

[ 続きを読む… ]

喪服の男性のマナー☆最低限抑えるべき7つのポイント

喪服の男性のマナー☆最低限抑えるべき7つのポイント

喪服を男性が着る時の、正しいマナーは知っていますか?冠婚葬祭のフォーマルな場面では、普段以上にマナーが重要視されます。けれども女性に比べると喪服の男性はシンプルなせいか、意外と喪服を男性が着る時の基本的なマナーや礼儀を知らない方が多いのです。

一方で喪服を男性が着る機会は、会社関係も含めたお通夜やお葬式などに出席する機会とともに、社会人になると増えてきます。ここで心得ておきたい事は、結婚式などのおめでたい席とは違い、お葬式のような訃報は突然やってくる点です。

だからといって、悲しみの癒えない遺族もいるお葬式。お悔やみの場でのマナー違反は、極力避けなければなりません。喪服は男性ならば日頃からきちんと準備し、恥ずかしくない服装で故人を見送ること。喪服を男性が着る時の、大人としてのたしなみです。

そこで今回は「知らなかった!」では許されない、喪服でのマナー違反を避けるために、喪服の男性が最低限おさえておくべき7つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]