結婚式のお祝いの言葉、たった1行でも心に響く15個のメッセージ

結婚式のお祝いの言葉、たった1行でも心に響く15個のメッセージ
結婚式って本当に素敵ですよね。皆がニコニコ笑っているし、涙だって悲しい涙や悔しい涙ではありません。嬉しくてあったかい涙です。

皆さん、色々なお立場で結婚式に参加される事でしょう。大事な娘を嫁に出す両親の立場として、新郎の学生時代の旧友として、会社の同僚として、新郎新婦を見守る兄弟として・・・。

では、せっかくですから、記念すべき日に、新郎新婦の心に残るメッセージを贈ってみませんか?長文でなくても良いのです。、、、とはいえ、どんなお祝いの言葉を贈ってよいのか、迷ってしまうますよね。

そこで、これから15個のお祝いの言葉をご紹介します。どれかが皆さんの心に響くことを願っています。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

結婚式のハンカチ選びで知っておくべき7つのマナー違反

結婚式のハンカチ選びで知っておくべき7つのマナー違反
結婚式は主役である新郎新婦のみならず、参列する皆さんにも色々と守らなければいけないマナーがありますよね?普段は全然気にしないような服装・しぐさ・テーブルマナーなども、気を遣わなければいけません。

今日は、そんな結婚式にまつわるさまざまなルールの中から、「ハンカチ」に関するマナーについてお話ししていきたいと思います。なぜハンカチなの!?って思った皆さんもいるでしょうが、意外と忘れがちだけど目立つアイテムなのです。

一日のうちで何度も何度も使う事と思います。そこで、今回の気になるテーマは「結婚式のハンカチ選びで知っておくべき7つのマナー違反」です!知っておいて損はありませんので、是非とも一緒に見ていきましょう。

[ 続きを読む… ]

法事のお布施を包むとき押さえておきたい7つのマナー

法事のお布施を包むとき押さえておきたい7つのマナー
「お布施」とは、葬儀や法事・法要のお礼として僧侶にお渡しするお金のことです。基本的に、読経をしてもらった際の感謝の気持ちとして、僧侶にお渡しするのです。

金額は、葬儀や法事の大きさ、お寺の規模、お寺との関わりによりますので、明確な相場はなかなか提示するのが難しいです。

今回は、そんなお布施の包み方にスポットをあててお話ししていこうと思います。ただ、渡せばいいというものではありません。守らなければいけないいくつかのマナーがあるのです。

では、「法事のお布施を包むとき押さえておきたい7つのマナー」と題しまして、お話しさせて頂きます。もしもの時に慌てないように、予備知識として頭の中に入れておきましょう!

[ 続きを読む… ]

突然の訃報に!失礼にならないお悔やみ状の書き方9例

突然の訃報に!失礼にならないお悔やみ状の書き方9例
この世の中、突然の訃報に驚くこともあるでしょう。昭和の時代とは違って個人情報だから といって病気であることも危篤であることも知らないままであることも少なくありません。

葬祭は予定の立つものではないので、どうしても抜けられない用事と重なってしまい葬儀に出られないこともあります。また、葬儀を家族葬で済ませてしまっていたりすることもあるでしょう。

葬儀が終わってしばらく経ってようやく 亡くなったことを伝える葉書などが届いて、ずいぶん驚いたりします。

この驚いた気持ち、葬儀に出席できなかったことの詫びなどや、亡き人にお世話になった感謝の気持ちを伝えるべく、お悔やみ状を書くときに失礼にならないように気をつけなければならないことはどんなことでしょうか。

[ 続きを読む… ]

結婚式のスピーチで友人として祝辞を盛り上げる7つのおススメ例文

結婚式のスピーチで友人として祝辞を盛り上げる7つのおススメ例文

結婚式では、いろいろな人がスピーチをしますが、その中でも友人代表は、簡単にいえば盛り上げ役です。盛り上げ役といっても、ゲストを笑わせたり、ワイワイキャーキャーするものではありません。

まず最初のスピーチは、結婚式の来賓であり、やはり堅いスピーチになることが多いのですが、新郎新婦の人柄を友人ならではのエピソードで身近に感じさせられるように話せるのは友人だけだからです。

ここでどんなスピーチをするかによって、その後の結婚式の雰囲気も左右するといっても大げさなことではありません。

盛り上げなくちゃ!と暴露話をしたり、ウケると思ってみんながわからない話をしてしまったり・・・失敗スピーチになってしまうことも。

雰囲気のいいスピーチをするにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?その例文を7つ、お教えします!

[ 続きを読む… ]