法事に招かれた際に事前に知っておきたい7つの一般常識

法事に招かれた際に事前に知っておきたい7つの一般常識

法要とは法事ともいい、故人の冥福を祈り霊を慰める仏教的な儀式です。仏教では、人が亡くなった日を含めて7週間(49日間)は、7日ごとに、あの世で生前の罪状などを裁く審判があるとされ、遺族は故人の霊が無事に極楽浄土に行き成仏するようにと7日ごとに供養します。

そして故人の審判が終わる49日目には、遺族は忌明け(きあけ)として親族や、故人の友人や知人などを招いて法事を行います。

法事は七日目に行われる「初七日」や「四十九日法要」また、一周忌後の「年忌法要」など区切りとなる日に行われます。現在では、葬儀後に初七日の法要を済ませることが多くなってきたため、四十九日は最初の大きな法事ということになります。

法事についての知識や作法を心得ることで、故人と自分との命の繋がり、そして感謝をより実感できると思います。

そこで、法事に招かれた際に事前に知っておきたい7つの一般常識をまとめさせていただきました。お役立ていただければ幸いです。

[ →続きを読む… ]

新郎必読!タキシードを着る時に合わせて準備するべき7つの小物☆

新郎必読!タキシードを着る時に合わせて準備するべき7つの小物☆

幸せで楽しい時間ですが、何かと慌ただしい日々が続くのが結婚式の準備期間ではありませんか。特に新郎の皆さんは、自分より忙しいはずの彼女に頼りっきりになっている、なんて人も多いのではないでしょうか。

そこで、この「新郎必読!タキシードを着る時に合わせて準備するべき7つの小物☆」をぜひ活用して下さい。新婦小物とは違って、新郎の小物はある程度型は決まっています。

選択肢が狭いので、その気になれば自分でも準備できる物も多くあります。また、タキシードを決めたドレスショップで、小物がセットになっている物もありますが、自分なりに探してみて値段やコーディネートなど比較してみるのもありですよね。

そのために、何を準備したら良いのか、どんな物を選べば良いのか、新郎の皆さんのタキシード姿をより素敵にするヒントを紹介します。「僕には無理!」なんて思わずに、まずは最後まで読んでみて下さいね。

[ →続きを読む… ]

納骨にかかる費用の相場を押さえて無駄を省く7つのコツ

納骨にかかる費用の相場を押さえて無駄を省く7つのコツ
日本では、ほとんどの場合、遺体を火葬したあと骨壷に納めます。そしてしばらくの間は仏壇や祭壇などに安置し、その後、お墓や納骨堂などに納めます。これを「納骨」と言います。

現在は、少子高齢化や核家族化、非婚化が進み、。先祖代々の墓を守り続けるのは困難になってきています。お墓参りに行くことができなかったり、費用を安くすませるため、他の人と一緒に埋葬される納骨堂を希望する人も増えています。

従来どおりの、個人のお墓があって納骨する場合でも、共同墓地へ納骨する場合でも、できることなら、少しでも無駄を省き、安く済ませたいものですね。

今回は、納骨にかかる費用の相場を押さえて、無駄を省くコツについてご紹介します。

[ →続きを読む… ]

貰ってうれしい!9つのかわいい色紙デザイン

貰ってうれしい!9つのかわいい色紙デザイン☆
毎年7月頃に、国際 文具・紙製品展 ISOTというのが東京ビッグサイトで開かれるのをご存知ですか?

これはアジア中の文具や紙製品、オフィス用品などが一堂に出展するアジア最大の商談会です。数年前に行われたときにも、オリジナルティあふれる作品が次々と登場し、話題を集めました。

その中に、これからご紹介する斬新な色紙のデザインも登場して会場中を沸かせました。色紙は、シンプルな定番デザインのものが一般的ですが、せっかく渡すのですから、相手が喜んでくれるようなものにしたいですね。

最近は、「え、これが?」と思うようなデザインの色紙も数多く登場しました。きっと、あなたが相手に贈りたいと思うぴったりの色紙が見つかるはずです。

もらった人が「わぁ、かわいい」と思ってくれるような、インパクトのある色紙をご紹介します。

[ →続きを読む… ]

結婚式余興ランキング!おもしろネタ・アイデアベスト10

結婚式余興ランキング!おもしろネタ・アイデアベスト10
学生時代のお友達や会社の同僚など、身近な人が結婚するというのは本当に喜ばしいことですね。そういったときに結婚式の余興を頼まれるというのも、新郎新婦に近しい人ならではの特権です。

しかし、余興を頼まれたものの「どういう余興を披露していいか分からない…」「あがり症で…」「すべるのだけは避けたい」などなど、悩みは尽きないものです。でも、大丈夫です!

結婚式の余興に要求されているのは、会場が大爆笑に包まれるような、芸人さん並みのパフォーマンスではありません。すべらずに、場がほんわかと温まればいいわけです。

TPOをわきまえつつ、適度に盛り上がり、そして何より新郎新婦にお祝いの気持ちが伝わる余興が理想的ですね。

本記事では、結婚式で人気の余興おもしろアイデアを独自のランキング別にご紹介します。結婚式の余興のネタ探しのお困りの方、必見です!

[ →続きを読む… ]